不倫

奥さんと仲がいいのに不倫する男の心理!妻と彼女を同時に愛する既婚男性が本心で思っている事

奥さんと仲がいいのに不倫する既婚男性って、少なくありません。

夫婦仲がいいのに、どうして他の女性とも恋愛関係を持とうとするのでしょうか。
そんな男性心理をよく知っておいて損はありません。

また、既婚男性が夫婦円満を必死にアピールしていても、本当に夫婦仲がいいのか、実際のところは誰にも分かりませんよね。

ただ、既婚男性の行動や言動から、本当の夫婦仲はある程度見抜くことができるので、参考にしてください。

さらに、実際に奥さんと家族として仲はいいけど、奥さんをもう女性として見ることはできず、恋愛感情のようなものは一切ない、という男性もいます。

そういう男性にとっては、不倫相手は恋愛相手としては本命と言えるでしょう。

もし、あなたが彼の実際の夫婦関係を正しく見極めることができれば、あなたと彼の今後の関係を確実に変えていくことができるでしょう。

奥さんと仲がいいのに他の女性と不倫恋愛する男の心理とは

奥さんを一人の女性として見ていない

奥さんと仲がいいと言っても、その「仲がいい」の種類は様々ですよね。

友だちのように、話していて楽しいという仲の良さもあれば、お互いに子供の両親として、同志のような繋がりという場合もあるでしょう。

お互いに家族のメンバーの一人として、協力し合い、うまく連携がとれていて、子供もすくすく育っていれば、十分夫婦仲がいいと言えるという人もいるでしょう。

ですが、そんな奥さんのことを、もう女性として見ていなければ、それは恋愛という観点から見れば、うまく行っている夫婦とは言えないのではないでしょうか。

そして、そんな夫婦関係に満足できず、それでも誰かと恋愛したいと思うから、既婚男性も不倫に走るのだと言えます。

これは既婚女性側にも言えることでしょう。
もはや夫を男として見れなくなったり、自分が夫とセックスしたくなくなったり、あるいは夫からセックスを拒絶されてセックスレスになってしまうと、家庭の外で恋愛を求めるても仕方ないですよね…。

もちろん、人によって、自分の中の恋愛の重要度って違うので、家庭が円満なら、恋愛感情はなくなっても構わない、と割り切れる人もいるでしょう。

でも、子供のときからいつも誰か好きな人がいて、恋愛のときだけに感じる特別なドキドキ感が忘れられないと思っている人も沢山いますよね。

ベストなのは、それを妻や夫と結婚後も持続できることでしょう。ですが、人間そう上手くはいきませんよね…。

ですから、奥さんのことをもう一人の女性として愛する気持ちになれないと、どんなに家族としての繋がりの部分がうまく行っていていたとしても、家庭の外に恋人を持ちたいと思うものなのです。

奥さん以外の女性とのセックスがやめられない

セックスが好きでたまらないという男性もいます。

そういう人は、奥さんとも定期的にセックスをしますが、それだけでは満足できません…。

もともと人一倍性欲が強いのもあるでしょう。しかし、一人の女性だけでなく、他の女性ともセックスがしたいという好奇心が強いという面もあります。

こういうタイプの男性は、不倫恋愛を楽しむというより、セックスだけがしたいので、セフレのような女性が沢山いたりするのです。しばらく前に騒がれた芸人さんのようなタイプでしょう。

また、奥さん以外の女性とのセックスでは、アブノーマルなものや、女性をモノのように扱ったりすることもあります。

ですから、セックス目的の不倫をしようとする男性と付き合うと、女性が疲弊してしまうことも多いのです。

そして、自分の方は相手の男性に本気で恋をしていても、彼からは恋愛対象として見られておらず、ただのセフレ扱いをされているのに、それに気づかず彼に振り回されてしまうことも…。

そういう相手とのセックスは、彼の都合で呼び出されて、短時間でセックスだけしてさよならする、というパターンになりがち。

いつも会うのはホテルで、周囲にバレないようなハラハラしたデートをしたり、食事をしながら楽しい会話をしたことがないなら、セフレとして扱われていると疑ってもいいでしょう。

浮気性

浮気性の男性も、どんなに奥さんと仲が良くても、いつも他の女に目が行って、不倫をせずにはいられません。それは一種の病気なのかもしれませんね…。

とにかく女好きで、自分はそれほどいい男という訳でもないのに、目についた女性に片っ端から声をかけまくるので、常に浮気相手がいたりするので驚きです。

そんな夫なら、別れたいと思うのが当たり前ですよね。

ですが、奥さんの方も、何度も浮気されても夫婦関係を続けているのは、経済的な理由もあるでしょうし、子供が成人するまで我慢しようと思っている人も沢山います。

こういう場合は、本当の意味では夫婦仲がいいわけではなく、奥さんの我慢によって成り立っている関係なのです。

ただ、夫だけが、奥さんに浮気を気づかれていないと思っていたり、奥さんは自分に惚れているから、不倫がバレても離婚なんてあり得ないと軽く考えていて、夫婦仲が良いと周りには吹聴していることがあります。

熟年離婚などで妻から愛想をつかされる男性って、こういうタイプが多いと言えるでしょう。男性側がよほどお金持ちで、奥さんも浮気を割り切っている場合は別ですが…。

色々な夫婦関係がありますよね。

恋愛が生きがいだから

セックスというよりも、そこに至るまでの恋愛のドキドキ感が好きでたまらないというい既婚男性もいます。

こういうタイプの男性の目的は、セックスだけではありません。

ドライブをしたり、デートしたり、温泉に泊りに行ったりなど、普通の恋愛っぽいことも大好きなのです。恋愛が一番の趣味とでも言えばいいのでしょうか。

例えば、職場の部下や同僚を、「この子、タイプだな~」とか「かわいいな…」と思ってしまうと、その女性を振り向かせるプロセスに夢中になるのです。

本当に奥さんと円満な既婚男性なら、「かわいいな」と心の中で思っても、実際に恋愛関係になろうとはしませんよね。

でも、恋愛しているときの気分の高揚感が大好きなので、一種の中毒になり、恋をするのがやめられないのです。

ただ、こういうタイプは、気分の高揚が続く数か月間は相手の女性に夢中ですが、冷めるのも早く、一つの不倫が終わると、普通に奥さんの元に帰っていきます。

そして、奥さんのことは別に嫌いじゃないけれど、奥さんとの間には、もう恋愛のときめきやドキドキ感を感じることができないので、他の女性との恋愛ゲームを楽しみたいと思っているのです。

ですから、たとえ不倫関係になったとしても、時間が経って恋愛のドキドキ感が減っていくと、他のターゲットに乗り換えることも多いでしょう。

女性にもこういうタイプっていますよね。
恋多き女と呼ばれる人たちも、ドキドキ感だけを恋愛に求めるので、関係が落ち着いてくると、急に男性に別れを切り出し、相手を驚かせるのです。

恋愛以外に趣味を見つけてもらわないと、振り回される方はたまったものではありませんよね…。

夫婦仲は確かなの?夫婦円満をアピールする既婚男性の特徴

周りにいい夫・父親と思われたいだけ

やたらと自分の家は夫婦円満だと口にしたり、奥さんをほめたたえたりする既婚男性って、逆に怪しいですよね…。

今は「イクメン」が評価される時代ですから、自分も周りからそう思われたくて、いい夫、いい父親アピールする男性も増えてきました。

特に、周囲にも知らせているSNSアカウントなどで、良きパパぶりをアピールしている男性って、自分に酔っているだけで、奥さんはそれほどありがたいと思っていないのでは?と思わせられることも多々あります。

ある意味、リア充をアピールしたい女性と同じ心理状態なのでしょう。何よりも、自分が周囲からどう思われているかが一番気になるタイプ。

そして、周囲からの「いいね!」という評価が何よりも重要なので、過剰な夫婦円満アピールをしている可能性が高いです。

SNSでやたらと写真付きで自分のイクメンぶりをアピールしたりするタイプの実際の夫婦関係は、少し疑いの目を持ってみてもいいかもしれません。

単に自己満足な育児や家事をしているだけで、奥さんからは冷めた目で見られていることも多いものですから…。

本当に円満ならそれほどアピールしない

本当に奥さんと仲が良く、不倫なんて全く考えていないような既婚男性は、あえて夫婦の円満ぷりをアピールしたりしません。

自分が心から満ち足りていれば、あえて他の人に分かってもらわなくていい、という感覚ってありますよね。人にアピールしたくなるのは、自分でもどことなく不安があるから。

誰かに認めてもらっていないと、自信が持てない気持ちって誰しもありますよね。

ですから、本当に夫婦円満な家庭の既婚男性は、あまり奥さんの話を積極的に出さないことも多いです。

奥さんに対するグチも言わない代わりに、大げさに奥さんを褒めることもしません。

話の流れで、誰かに聞かれれば、少し謙遜して妻のことを話す既婚男性の方が、家庭や夫婦関係がうまく行っていると考えた方がいいでしょう。

逆に言うと、夫婦円満をアピールしたり、やたらと奥さん自慢する男性って、例えるなら、外でベタベタ体をくっつけながら、いちゃついているカップルに似ているのではないでしょうか。

そんなにいちゃつきたいなら、どこか部屋の中で、二人きりの時にやればいいはずですよね。

それが、周りに見せつけるように、狭い電車の中や、人の目がある街中で体をくっつけて、ヒソヒソ笑っているカップルって、周囲からは冷めた目で見られていることが多いものです。それに、そういうカップルに限って、別れるのも早かったりします。

そんな風に、誰かにアピールすることで、「自分たちはこんなに仲がいいんだ」と、自に言い聞かせようとしている部分があるのです。

もちろん、奥さんとうまくいっていないから、奥さんの話を全くしないという男性もいます。でも、夫婦仲が悪いと、飲み会などで、ときどきポロっとグチや恨みつらみが出てしまうので、そこら辺をよく見極めてください。

マウントを取って満足したいだけ

「結婚っていいもんだぞー。お前も早く結婚したら?」って言ってくる既婚男性って、その人がそれなりに年齢がいっていようが若かろうが、うざくないですか?

結婚している方が偉いなんてことは絶対にないのに、既婚者って独身の人に「早く結婚したら?」と言いたがる人もいますよね。

それまでさんざん女遊びをして女を泣かせてきた男ほど、そういうことを言いたがるので、周囲は辟易しているのに、気づかないのは本人だけなので滑稽と言えば滑稽なのですが。

実際は、結婚って酸いも甘いもあるもの…。それを十分に分かっている人は、むやみに結婚を人に薦めたりしません。

ただ、結婚していることでマウントを取りたくて、「結婚はいいぞー」とか、奥さんとの円満ぶりをアピールしてくる既婚男性もいるのです。

実際のところは、奥さんに不満があったり、うまく行っていないのに、「結婚しているオレってすごいでしょ」というアピールしてくる男性って、本当に厄介なタイプ。誰も聞いていないのに、そういうことを言ってくる男には近寄らない方が身のためです。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

実は奥さんとの関係が終わっている男性が不倫相手の女性にだけ求めること

優しく自分の全てを受け入れて欲しい

結婚生活がうまく行っていなかったら、毎日楽しくありませんよね。仕事が終わって家に帰るのも憂鬱でしょう。

だから、奥さんとうまくいっていない男性は、必要もないのにだらだら残業をして会社に残っていることが多いです。さらに、朝出社したときの方が、楽しそうで、いきいきしていたりすることもあります。

子供が小さかったり、色々事情があって離婚までは考えられないけど、この結婚は間違っていたのかなーとふと考えることもあるでしょう。

そんな男性が不倫をする気持ちも理解できます。
家にいても安らげなければ、家の外に癒しを求めてしまうのも無理はありません。

ですから、不倫相手の女性には自分の全てを優しく受け入れてもらえればそれで充分と感じる男性も多いでしょう。ギスギスした夫婦関係で傷ついた心は、それだけで癒されるのです。

もちろん、夫婦関係がうまく行かないのは、奥さんの性格が悪かったなど、はっきり奥さんだけのせいと言えるケースが多いわけではありません。

たまたま、暮らしてみて初めて相性の悪さが分かったり、相手にばかり色々と求めすぎていた、など、夫にも妻にもそれぞれ責任があることなのです。

なので、家庭がうまく行かないことを奥さんのせいばかりにするような男性とは、あまりお近づきにならない方がいいでしょう。自分は悪くない、と言い張る男性って、自分の事を客観視できていないのです。

今後、付き合いを続けていっても、彼のそういう頑固さに悩まされることになる可能性が高いです。

愚痴などネガティブなことは聞きたくない

家庭生活を続けていると、家事や育児、はたまた仕事に忙しい奥さんが、夫にグチを言いたくなるのも分かります。

子育ても家事もやろうと思えばいくらでもやることはあります。そこに、仕事までしていれば、なおさら毎日ヘトヘトですよね…。

うまく行っている夫婦なら、夫が家事や育児を積極的に手伝ったり、奥さんのガス抜きのためだと思えば、奥さんのグチも黙って聞いてあげて、奥さんがイライラを爆発させることも少ないでしょう。

ただ、男性が一生懸命、家事や育児を手伝っても「それじゃダメ!何もできないのね!」なんて言われて、手伝う気をなくしてしまう男性もいるのです。

そうなれば、今度は「うちの夫は何もやってくれない!」と別の段階のネガティブな感情を奥さんからぶつけられてしまうという、夫婦の悪循環が起こります。

もちろん、最初から家事や育児を手伝ったり関わったりせず、奥さんの負担だけを増やしている男性はどうかと思います。奥さんが怒りを爆発させて当然と言えるでしょう。

ただ、自分も一生懸命家のことを手伝うようにしていても、奥さんからの愚痴やネガティブ発言をぶつけられると、いい加減男性の方も参ってしまうもの。

そんな奥さんに嫌気がさしている場合は、不倫相手の女性からは、イヤな話は聞きたくないですよね。

もちろん、女性側が、二人の不倫関係の今後について悩むのは当然で、その不安な気持ちを男性に愚痴りたい気持ちは分かります。

でも、家に帰れば奥さんのストレスのはけ口になっていて、不倫相手の女性と会っていてもネガティブな話しか聞かされなければ、男性は辛いですよね。

そこは、男性のずるさだとは思いますが、奥さんとうまく行っていないときは、ただ不倫相手の女性とは楽しい時間を過ごしたいと思っているもの。

不倫相手の女性の笑顔を見て癒されたいですし、一緒にいて心安らぐ時間を過ごしたいと思っているのです。それがなければ、不倫している意味はないと思う男性も多いでしょう。

不倫相手から、奥さんのように感情をぶつけられるようになったら、もう終わりだと思っている男性も少なくありません。

もちろん、あなたも、いつも彼の前でニコニコできるわけではありませんよね。ですから、気持ちが滅入ったり、彼に感情をぶつけそうだな、という不安定な気分のときは、彼と会わないようにするなどの工夫も必要でしょう。

本当に奥さんとうまくいっていないなら、あなたが彼と楽しい時間を過ごすことで、あなたとの将来のことも真剣に考えてくれるようになるかもしれません。

そういう意味でも、彼の前ではいつも明るさを忘れず、楽しいひとときを過ごせるように努力しましょう。

女性としての美とセクシーさ

不倫関係から、性的に魅かれ合う部分を取り除くことはできませんよね。

もし、奥さんを女性として見られなくなったという男性が不倫をしている場合、どうしても、不倫相手の女性には、美しさやセクシーさを求めずにはいられません。

そもそも、奥さんを女として見られない理由の一つに、奥さんの体型が崩れてきたり、年を取ってきた、というものがあるのです。

それって本当に男性のわがままだと思いますよね。自分もハゲたり、加齢と共に太ったりしているのに、自分のことは棚に上げて、不倫相手には若くて綺麗な女性を求める男の人って本当に多いです。

ただ、外見がさえない既婚男性が、若くて綺麗な女性に相手にされることはまずありません。相手にするとしたら、相手のステータスが高かったり、財力がある場合でしょう。

しかし、お金を持っている男は、女をすぐにコロコロ変えるところがあるので、そんな相手と付き合うと、自分の一番美しい時期を既婚男性に浪費されることになってしまいます。

見極め力必須!奥さんとの仲はいいけど恋愛感情がなく家族としての情だけを抱く男性の言動

「妻には感謝している」発言

恋愛感情がなくなっていても、奥さんとの仲がいいということは、家庭がうまく行っていることでしょう。

そういう男性は、よく「感謝」という言葉を使います。「妻は家のことや子供のことをよくやってくれて感謝している」という感じです。

妻を家族の情ではなく、一人の女性として愛しているなら、「感謝」という言葉はあまり出ませんよね。感謝というのは、どこか、相手を遠くに感じているときに出る言葉。

もし、まだ奥さんを一人の女性として恋愛感情があるなら、「好きだ」とか「愛している」という直接的な表現をしなくても、「うちの奥さんってすごく可愛くてさ…」とか「笑顔に癒されるんだよな」というような、のろけっぽい言葉が出てくるものです。

ただ、うまく行っていないどころか、家族は仲がいいし、家庭も居心地がいいので、奥さんにはそんな環境を作ってくれて「感謝している」という表現になるのです。

奥さんにしても、もちろん感謝されないより、される方が嬉しいものですが、男性が本気で恋愛モードになっている相手には、もっと直接的で、激しい愛の言葉が出てくるもの。

感謝と恋愛感情は、イコールではありません。

子供が中心の話ばかり

家族として妻とうまく行っている男性の話には、子供が登場することが多いです。

夫婦間に男女の恋愛感情がなくても、子供という二人の血を分けた存在がいるので、共通の話題もありますし、家族として仲よく暮らしているのです。子はかすがいとはよく言ったものですよね。

ですから、彼の話の中心にいるのは、いつも奥さんではなく、子供。
「うちの子がどうこう」とは言うのに、「うちの奥さんがどうこう」とは言わないものです。

もちろん、家庭が子供が中心に回っていることは、ある意味幸せなことですよね。ですから、彼は幸せな家庭生活を送っているのは間違いありません。

ただ、奥さんとラブラブの状態なのかは話は別。
本当に今でも二人の間に恋愛感情があれば、家族の話をするのなら、たまには奥さんとのエピソードも話に出てくるものです。

男と女としての触れ合いがない

セックスをしているからといって夫婦仲がいいとは言えませんが、お互いを異性として激しく求めあう気持ちがどちらかに欠けていると、セックスレスになります。

男性側の拒否が原因でセックスレスになっている夫婦は、もう奥さんを女性として見れないからでしょう。家族として関係が近くなりすぎると、その気になれない男性もいます。

もちろん、奥さんの方に拒否されてセックスレスになっている場合もあります。

ただ、セックスレスなだけで、奥さんとの関係は友達のように仲が良いという夫婦も沢山います。

しかし、男性側の拒否からセックスレスになっている場合は、奥さんの方は夫婦円満だと感じておらず、不満を募らせていることも…。

そういうケースでは、男性が一方的に家族仲はいいし、夫婦もうまくいっていると思っているのです。
セックスレスに本当は傷ついているのに我慢を重ねていた奥さんが、夫が外に女を作り、不倫してセックスしていたことを知れば、奥さんが即離婚を考えることもあるでしょう。

そういうときの女性の怒りは怖いものがありますから、不倫相手の女性も気を付けた方がいいでしょう。一番悪いのは、奥さんをないがしろにして、自分の性欲だけを外で満たしている夫だとは思いますが…。

既婚男性を不倫恋愛だけに夢中にさせ奥さんよりも確実に愛されるための極秘テクニック

セクシーでいる努力

家庭にいる奥さんは、いつも夫の前で完璧な姿でいることはできませんよね。

誰だって、生活を共にしていれば、よそゆきの顔ばかりしていられません。家にいればほぼすっぴんという女性は多いですし、服だって家事でよごれてもいいものだったり、うごきやすいスエットだということもありますよね。

ただ、男性ってわがままなところがありますから、奥さんのすっぴんの顔を見て幻滅したり、くたびれた部屋着姿を見て「もう女として終わってる」などと考えがち…。

たまにひと時を過ごす不倫相手の女性が、奥さんよりも、ずっとセクシーで美しかったら、そちらに夢中になるのは当然と言えるでしょう。

なので、当然ですが、彼と会うときは気合を入れて、美しくメイクし、ファッションもセクシーさを意識しましょう。それだけで、彼にとっては「こんな綺麗な人が自分の不倫相手なんだ」と嬉しくなってくるもの。

一方、あなたの部屋に彼が来るようなパターンでは、もし、奥さんよりもリラックスしている姿をさらけ出してしまうと、これでは不倫をしている意味がないと、彼の心が離れていくことにも繋がります。

あなたの部屋で彼がくつろぐことがあっても、彼がいる間はあなたがくつろぐことはできないということを忘れずに。

彼と一緒にいるときは、いつも素敵な女性としてふるまう必要があります。これって、結構疲れることですよね。ただ、旅行にでも行かない限り、逢瀬は短いものでしょうから、その間は気合で乗り越えましょう。

これが結婚生活となると、奥さんはどんな瞬間も女でいる、ということは不可能ですが、不倫関係であれば、彼と一緒にいる間だけ完璧な女でいることはできるでしょう。

彼があなたを、「抱きたい」と思うような女性として求めているのであれば、常に体型をキープし、あなたの部屋にいるときも、ダボダボしたジャージなどで彼を出迎えるのはやめましょう。

奥さんにはできないような、セクシーでい続ける努力が必要なのです。

彼だけのものでないことを分からせる行動

奥さんは法律的には彼だけのもの。ですが、あなたは違います。

妻という存在には、男性はどこか安心しています。「自分の妻は絶対に不倫なんてしない」と、自分は不倫をしていても、男性って思うものなのです。

そして、釣った魚にエサはやらないと言う言葉どおり、自分のものだと安心している女性に対しては、気をつかいませんし、顔色をうかがったり、優しい甘い言葉をかけるのもやめてしまう男性は多いのです。

ですから、不倫相手の彼のことがどんなに好きでも、あなたが完全に彼のとりこになっているという振る舞いをしてはダメ。

逆に、自分はいつでもその気になれば彼と別れて他の男に行ける、という態度をとっていましょう。

そうすれば、彼はあなたを自分だけのものにしておこうと、あなたに心をくだきますし、奥さんのように釣った魚として扱われることはありません。

もし、あなたが彼に夢中だという態度をとり、彼が言うがままにスケジュールを合わせたり、性的な要求ものんでいると、そのうち彼はあなたは雑に扱っても自分についてくる女という認識になり、セフレのような扱いをされることになるでしょう。

全ての男性がそうだとは言いませんが、中にはわがままな人もいます。こちらが相手の言うままに振舞ってしまうと、いい気になって、相手を見下すようになるのです。

なので、ある程度は、手綱を緩めたり締めたりして、彼の気持ちを上手にコントロールできるようになりましょう。

会うたびにセックスをしない

会えばお互いを求めあい、セックスしてしまうのは不倫関係では避けられようがないことと思っている人も多いでしょう。

いつもそばにいられない分、合えば肌と肌を合わせたくなるのは人間のさがと言えます。

しかし、いつもいつも同じパターンでは、そのうちマンネリ化していくでしょう。マンネリ化すれば、奥さんも不倫相手も大差がなくなってしまいます。

いつも恋愛のドキドキ感をキープしていたい男性だとしたら、二人の関係がパターン化した時点で、別の不倫相手を探そうとするでしょう。

ですから、毎回会うとイチャイチャが始まって、セックスをして、満足すればさよならをして別れる、というパターンに陥っているなら、たまにはセックス抜きで会う新鮮さを取り入れましょう。

もちろん、不倫がバレては元も子もありませんから、知人に見られないように二人きりで外を歩くのはリスクもあります。

ただ、今の時期はマスクをして歩いていても目立ちませんから、帽子をかぶったり、伊達メガネをしたり、逆にコンタクトをしてメガネを外すなど、外見の印象を変えて、二人で学生同士のようなデートをするだけの日を作ってみましょう。

レンタカーを借りて海を見に行くのもいいでしょう。車での移動なら、人に見られるリスクもぐんと低くなります。もちろん、それでも多少の変装は必要でしょう。

ベッドの上以外の、お互いの新しい魅力に気づくことができますし、より次に会うときに肌を重ね合うのが待ち遠しくなります。

そういう工夫をすることで、彼の気持ちをさらにぐいっと引き付けることができるでしょう。

夫婦関係のように、お互いの存在に慣れ過ぎて、飽きてしまうと、不倫には致命的。法律で堅く守られている関係ではないので、相手に飽きれば簡単に別れることもできてしまいます。

そうならないためにも、色々とお互いの新しい面を見せ合えるように、新しいチャレンジをしてみましょう。

キス

キスって、実は、奥さんとの差をつけるとても強力なツールなのです。
欧米のように、日本人にはキスをする習慣ってないですよね。(もちろん、キスしているという夫婦もいるでしょうが)

恋人同士のころや、新婚までは熱烈なキスを交わしていたとしても、今では家族としての照れもあるし、そんな盛り上がる気持ちがなくなってしまい、キスなんて夫婦で何年もしていないということもよくあります。

たとえセックスは定期的にしている夫婦だったとしても、ディープキスすらしないまま、挿入して射精するのが目的の、色っぽさのかけらもない味気ない行為だったりします。

不倫エッチと奥さんとのセックスを既婚男性が違うものだと考える心理&不倫Hの究極テク

一方、不倫相手は奥さんとは違い、熱いキスを交わすことができる貴重な相手。

キスって恋愛している気分をセックスよりも盛り上げる行為なので、キスにはじゅうぶん心をこめてみてください。

「妻とはこんなキスはできないな…」と彼の心に刻み付けるように。あなたの想いは、きっと彼の心に届くはずです。

キスには、それくらい強い力があります。

夫婦と恋人は男性にとって別物

奥さんと仲が良くても不倫する男性の心理って、結局は男性特有のわがままのような気もしますよね。

奥さんを女として見られなくなったとか、そもそも奥さんに飽きた、などなど、自分のことは棚に置いた考えが多くて呆れます。

職場などだけで顔を合わせる女性は、一緒に暮らしている奥さんとは違って、全てを知らない分、ミステリアスな部分があって当然ですし、いつも小ぎれいにメイクも服装も整っているので、美しく見えるもの。

一方、奥さんは全てをさらけ出しているのですから、外で会う女性よりもおばさんっぽく感じたり、女性として輝いていないと見えるのは仕方のないことですよね。

そういう意味では、やはり結婚と恋愛は別なのです。

もちろん、世の中には、結婚してもずーっとラブラブで恋愛っぽく生活している夫婦もいます。でも大抵の場合は、相手の色々な面を許し合い、忍耐も必要なのが結婚生活というものなのです。

ですから余計、恋愛というもの自体が大好きな男性にとっては、結婚は物足りないものですし、外に不倫恋愛を求めるのです。

そう考えれば、奥さんとの関係がうまく行っていても、恋愛感情とは別物なので、不倫をしたくなる男心が見えてきます。

ただ、いくら不倫相手と恋愛で盛り上がっても、家庭がうまく行っている男性には離婚しようという考えはありません。不倫相手の女性が「離婚して」などと言ってきたら、面倒くさくなって逃げていくことも十分考えられるのです。

ですから、いくら恋愛要素が欠けている夫婦でも、彼の家庭が本当に円満で、彼がそれに満足している場合は、あなたがいくら待っても彼は離婚しないでしょう。

奥さんに対して、「家庭を守ってくれて感謝している」なんて言ってしまう男性は、もし不倫相手のあなたが離婚して欲しいと言いだしたら、大事な家庭を守るために、急に冷たくなるなど、豹変するかもしれません。

ですから、「奥さんとの間には恋愛感情がない」、と彼が常日頃言っていたとしても、それは「奥さんが嫌いだから離婚したい」という意味ではないということを理解しておきましょう。

彼の今の気持ちとしては、「奥さんとは恋愛できないけれど、自分にはあなたという不倫相手がいるから、今の状態でじゅうぶん満足している」というところでしょう。

もし、彼にとって二番手のままが辛いのであれば、すっぱり彼のことを諦めるのも一つの道でしょう。

彼に費やした時間や自分の気持ちが無駄だったように思えて辛いかもしれませんが、この経験を通して男を見る目は確実に養われたはずです。

それを信じて、新しい恋に向かうのも、とても素敵なこと。
彼の気持ちがどうこうよりも、あなたが彼を愛した気持ちは決して無駄ではありません。人を愛せる人の方が、結局はいつも強く、美しい存在なのです。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.