不倫

旦那の子供じゃない事がバレた時の結末と浮気してできた子だと夫が気付くタイミングや出来事

不倫相手の男性との間の子供を夫との子供して育ててきた場合、夫の子供ではないことがバレた時、最悪の結末を迎えてしまうこともあります。

夫が「自分の子供じゃないかもしれない」と疑いを抱く瞬間やその思いが確信に変わるタイミングまでを徹底紹介します。

旦那が自分との血の繋がりがない事を疑い始めた時に取る行動を女性は見逃さないようにしましょう。

不倫相手との子供だとバレる前にあなたが事前に準備を行い、一番大切な子供たちを守りましょう。

旦那が「自分の子供じゃないかもしれない」と子どもに疑いを抱く瞬間と理由

顔が似ていない

生まれたての赤ちゃんは、ほとんど目を開きませんし、顔立ちもまだ変化していくもの。

ですから、出産直後に、夫が「この子は自分に似ていないから、俺の子ではないのではないか?」と疑いを持つことは、あまりないでしょう。

しかし、赤ちゃんが幼児へと成長していくうちに、顔立ちははっきりしていきます。

その顔が、全く自分と系統が違っていて似ておらず、さらに奥さんであるあなたとも似ていなかったら、夫は何を思うでしょうか…。

愛情深い、少しお人よしな男性なら、顔なんて全く似てなくても、自分の子供だと信じて育てていくかもしれませんよね。実際、似てない顔の親子も沢山います。

ですが、男の人って、自分がおなかの中で育て、痛みを感じたり苦しい思いをして産んでいる張本人ではありませんから、顔が似ていることだけが「自分の子供なんだな」という実感に繋がる大切な要素なのです。

それなのに、顔が全く似ておらず、顔の系統がそもそも違い、奥さんにも似ていなかったら、不安になっても仕方ありませんよね。

例えば、自分は目が細く、それほど彫りも深くないのに、子供は目鼻立ちのくっきりしたイケメンや美少女だったとしましょう。それが奥さんにだけ似ているのなら問題ありません。

しかし、奥さんにも似ていないし、親戚にも同じような系統の顔の人がいないとなれば、夫が騒がなくても、夫の親や兄弟が何か言い出すかもしれませんよね…。

ただ、こればかりは、子供がどんな顔で生まれてくるかは運命のいたずらの部分もありますから、どうすることもできません。

ただ、不倫相手によく似て生まれてくる可能性は非常に高いですよね。本当に血が繋がった父親なんですから。

全く血が繋がっていないのに、偶然どことなく夫に似ていたりすることもないわけではありませんが、それはただのラッキーなだけですよね。

血液型など、他のきっかけで夫に真実がバレてしまうこともあるのです。

そういう意味では、男性の方は、奥さんが産んだ子供が、絶対に自分の子供だと言い切れない部分があるのは、母親との大きな違いだと思います。

その分、似ていない子供に対してちょっとした瞬間に疑惑を抱いてしまうことは大いにあり得ます。

夫を甘く見て、簡単に騙せると思っていても、夫が子供のふとした表情に違和感を感じることもあるでしょう。人間って、そういう違和感にはこだわりますから、結局真実がバレてしまうことも多いのです。

夫に、赤ちゃんを触らせないようにしてしまう

母親は、出産直後は出産の痛みから解放され、リラックスしている反面、自分が子供を世話していくプレッシャーも感じているものです。何かと気が立っている状態と言っていいでしょう。

そして、夫がたとえ子供の実の父親だったとしても、子育てが大変なときに色々と頼まれたり、話しかけられると、「ちょっとウザいな」とか、「自分のことくらい自分でやってよ」なんて、思うこともあるものです。

それくらい、赤ちゃんに集中していますし、そのお世話でいっぱいいっぱいな状態とも言えるでしょう。

ですから、夫が子供の父親ではない場合は、夫は赤ちゃんにとっては父親でもなんでもない他人の男と本能的に思ってしまうわけです。

なので、どうしても赤ちゃんを過度に夫から守るような行動を取ってしまってもおかしくないでしょう。

例えば、夫が赤ちゃんを抱いていると、さっと奪いとってしまうとか、自分が赤ちゃんに授乳させているところを見られたくないとか…。

夫との子供もいる場合は、特にそのときの雰囲気との違いが出てしまい、夫は戸惑うこともあるでしょう。

自分の子供だと思っている夫からしてみれば、自分を子供から遠ざけるような妻の行動があれば、不可解に映りますよね…。

「なんで妻は、俺の子供でもあるのに、赤ちゃんを抱かせてくれないのだろう」

夫がそう思っても不思議はありません。ただ、女性も本能的な部分で赤ちゃんを守ってしまうので仕方がないのです。

しかし、夫の子供として産み育てていく覚悟をしたのなら、自分の気持ちを押し殺してでも、夫と赤ちゃんの触れ合いを優先していくしかありません。

それに、赤ちゃんのときに夫が触れ合う時間を制限されると、その子が育っていく過程で夫の方は愛着を感じられないということもありえます。

夫の庇護の元に育てていかなればならないのですから、夫の愛を沢山受けさせてあげる必要があります。

ですから、夫との子供以上に、スキンシップを大切にしてもらうべきなのです。そうすれば、自分の子供ではないかも、という疑いは抱かれずに済むのです。

全ては自分が蒔いた種です。赤ちゃんが産まれたすぐは大変ですが、夫に疑われるような態度、行動はやめましょう。

身体的特徴の違い

夫もあなたもそれほど背が高くないし、双方の両親やきょうだいにもそんな人はいないのに、子供がすらっとした体型に育って行ったら夫はどう思うでしょう。

まだ幼児のころはあまり気にならないかもしれませんが、体の成長期を迎え、ぐんぐん背が伸び、他のきょうだいと違って一人だけモデルのようにスタイルがよかったら目立ちますよね。

もちろん逆のパターンも同じです。他のきょうだいや夫もあなたもすらっとしているのに、一人だけがっしりとした体格だったら…。

あなたの方は、「これは不倫相手の彼に似たんだわ」とぴんとくるかもしれませんが、夫からしてみれば、「うちの家系にはこんなスタイルの人間はいないんだけどな…」と思うでしょう。

それくらい、体型に血の繋がりがはっきり出てしまうこともありますよね。顔が似ていなくても、体の特徴がよく似ている親子ってよくいます。

ですから、子供が成長したとき、夫が疑いを持ち始めることはあるのです。もううまく騙せたとこちらが思っていても、子供が大きくなって油断したころが一番危ない場合もあります。

夫が最も「俺の子供じゃない」と確信を持つタイミングや出来事

血液型が違う

事故や病気などで子供が手術したり、入院することになったりすると、血液型って必ず調べられますよね。

それまでは夫もそれほど気にせずに、なんとかごまかしていたとしても、不測の事態が起これば、子供の父親として、いやでも知ってしまうでしょう。

もちろん、不倫相手の彼と夫の血液型が同じならばそこで夫が気づくことはありませんが、もし子供の血液型が、夫との間の子供としては生まれない型の場合は、あなたも言い逃れはできません。

というか、不倫相手の彼と夫の血液型が違うなら、不倫相手の子供を夫の子供として産もうとするのはそもそも無理があるのです。
その辺りもきちんと考えた上で、不倫相手の子供を望むべきなのではないでしょうか。

また、子供だってある程度成長すれば、自分の血液型を知りたがるものです。

何かのきっかけで自分の血液型が分かれば、両親の血液型を知りたがって、色々調べたりするでしょう。そのとき、父親と母親の血液型から自分の血液型は生まれないと知ってしまったら…。

一番怖いのは、夫より先に、子供が真実を知ってしまうことではないでしょうか。
大人である夫と違い、子供はまだいろいろなことを知りませんし、経験がない分、ショックを受けた時にはもろい存在です。

その子のことを思うなら、血液型に食い違いがでるような組み合わせなのに夫との子供として育てようなどと安易に考えるのはやめましょう。

あなたにとって一番大切なのは子供のはずです。子供を悲しませることはやめましょう。

子供の性格

顔や体などの外見だけでなく、子供の性格がはっきりしてきたとき、自分とあまりに違う性格だと、ふっと「この子、俺に全然似てないな…」と感じる男性もいます。

外見はあまり気にならないけど、性格に関してはとても気になる人も中にはいるのです。

例えば、自分はすごく大人しい性格なのに、子どもはすごく社交的で、はきはきしていて活発だとか、逆に自分はすごく積極的で明るいのに、子どもは内にこもる性格で、すごく人見知りだとか…。

それが奥さんに似ているのなら、まだ納得もできるでしょう。
ですが、自分の性格では考えられないような行動や態度を示す子供だとしたら、「本当に俺の子供なの?」という疑いが浮かんでも仕方ないでしょう。

もちろん、実の親子でも、全く性格が違っていたりすることもありますよね。
ですが、考え方のくせだったり、趣味嗜好だったり、どこか自分に似ている部分を見つけられることも多いのが親子だったりします。

しかし、本当に赤の他人の男性との子供なら、そもそも夫とその子に性格上の共通点がないのが当たり前なのです。

ただ、一緒に長く暮らしていく上で、父親に影響されることもありますから、二人の性格の相性がよければ、夫も子供も何の疑い持たない可能性もあります。

一方で、何か父親にしか分からない微妙なきっかけで、「この子は、自分の血を全く引いていないのではないか?」という疑念を抱かせることは十分考えられるのです。

夫の実子がいる場合は特に、その兄弟や姉妹との違いが際立ちますから、夫が疑いを持つ可能性は高いでしょう。

反抗期

幼児時代のイヤイヤ期ではなく、思春期の反抗期がきっかけで、「自分の子供じゃないのでは?」と疑うようになる男性もいるでしょう。

実の親子だとしても、思春期の反抗期には手を焼くものです。

そこで親が対応を間違えると、のちのちまで残る確執となり、大人になっても引きずることもあるのです。それくらい、反抗期は難しい時期だと言えるでしょう。

例えば、女の子なら、中学・高校にもなると、父親になんとなく嫌悪感を持ったりしますよね。何か月も父親と口を利かなくなった経験がある人もいるのではないでしょうか。

ただ、それも、娘が自分の子供という確信があれば(顔や背格好が似ていたり、性格が似ている)、父親の方も大きな心で許せるのでしょう。

しかし、自分に似たところを感じられない子供に赤の他人のような態度で反抗されたり、無視されれば、「本当にこの子は赤の他人なのではないか?」と思うようになっても仕方ありません。

実際に赤の他人なのですから、母親としても何も言えませんよね。

さらに、夫との間の子供の反抗期には仕方ないかなと思えたことも、真実を知っているあなたからすれば、ハラハラしてしまうことも多いでしょう。

その微妙な対応の違いが、さらなる疑いを夫の中に植え付けることもあります。母親であるあなたにとっても、乗り切るのが難しい時期と言えます。

ただ、子供が一番多感な時に、父親が実の親ではないと知ってしまうことだけは避けたいですよね。下手をすれば、子供の心が壊れてしまう恐れもあります。

子供の方にしてみても、小さい頃から父親に対してなんとなく親しみがわかず、自分だけ他のきょうだいとはなんとなく違うな、と感じていることもあるかもしれませんよね。

そんな風にもともと父親を遠い存在に感じていたとしたら、反抗期になって余計にその気持ちが強まることもあるのです。

子供の立場からしてみれば、いつも鏡に映る自分の顔に、どことなく似たところがある父親なら、なんだかんだ言っても血のつながりを感じて、父親だと信じられるよりどころにもなるでしょう。

しかし、自分だけ他の兄弟と違う顔をしているとか、父親とは全く似たところがなければ、はっきり言葉にできなくても、どこか不安定なものを抱えて生きているのかもしれません。

子供の心に、そんな風に負担を与えてしまったとしたら、それは、不倫相手の子供を夫の子供として産んだ母親であるあなたの責任でしょう。一番かわいそうなのは、そんな運命を背負わされた子供なのです。

しっかり子供と向き合いましょう。あなたにとって、子供は大切な存在なはずです。
他の何を失ったとしても、子供を守って下さい。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

旦那は自分の子供じゃないかもしれないと疑い始めた時に起こす行動パターン

妻と子供に冷たくなる

父親として何年も育児をし、成長を見守ってきた子供が、自分と血が繋がっていないのではないか、と気づいた時の男性のショックは相当なものでしょう。

それは、例えていうなら、夫には結婚前から体の関係を持っている女性がいたのに、素知らぬ顔であなたと結婚し、その後もずっと付き合いを続けていたことを10年以上経ってから知ってしまう気持ち、に近いかもしれません。

自分はずっと結婚相手からあざむかれていたと知った時、人の心ってどんな風に変化してもおかしくありませんよね。

それまでどんなに優しい人間だったとしても、復讐心に燃える冷酷な人間になってしまうこともあるのです。そうなってもその人を責めることはできません。

もし、夫が真実に気づき始めたら、受けたショックが激しい憎しみとなってあなたに向くのは当然のこと。

それだけのことをしたという覚悟はあなたにもあるはずです。

さらに、夫の人格によっては、実の子供ではないその子に対しても、憎悪の感情が向けられることもあるでしょう。子供に罪はないにもかかわらず…。

愛情深い男性なら、実の子としてずっと育ててきた子供を憎めないということもあると思います。しかし、そんなお人よしの男性ばかりではないのです。

その子供を赤ちゃんのときから育ててきて自分が感じてきた違和感の正体に気づき、愕然として当然なのです。

そして、「もしかして…」と疑いを持ち始めれば、よほどの役者でもないかぎり、家庭内で夫がそれまでと同じようにふるまうことは難しくなるでしょう。

急にあなたに対してよそよそしくなったり、ずっと同じ部屋で寝ていたのに、別の部屋で寝るようになるなど、行動になって現れるでしょう。

あなたに対する不信感と嫌悪感は相当なはずです。

夫の性格が直情型の場合は、いてもたってもいられなくなり、酒に酔ったときなどに「○○は俺の子供じゃないだろう!」と口にしてしまうこともあるでしょう。ひどい場合は、あなたに暴力をふるうことにもなるでしょう…。

該当の子供に対しても、急に冷たい口調になったり、無視に近いことをするようになるかもしれません。自分の実子とは明らかに差別した対応をするようになることもあるでしょう。

もし、実子ではないと気づいても、今までと同じように接することができるとしたら、それはただ、あなたの夫が立派な人格者だと言うだけです。普通は許せないと思って当然ですよね。

あなただって、夫にずっと隠れて愛人がいたら許せないはずです。夫をあざむき、他人の子供を自分の子供だと信じ込ませて育てさせたと言うことは、それと同じことだという自覚を持ちましょう。

ですから、夫が急によそよそしくなったり、不倫相手との子供だけ無視したりじゃけんに扱うようになったときは、「秘密がバレたかもしれない」と考えてもいいでしょう。

その際、自分の気持ちにばかり目を向けず、該当の子供のケアを怠らないようにしましょう。その子にとっては、父親と思っている人からのひどいしうちは、一生の傷になりかねません。

不倫の証拠集め

夫が子供が実の子ではないと勘づいても、ぐっとこらえて表には出さず、いつもと同じような顔をしていることもあります。さらに、いつも以上にあなたや子供に優しい態度や口ぶりで接することもあります。

それは敵に回すと一番怖いタイプの男性と言えるでしょう。

気づいていても何も言わないのは、あなたの不倫の証拠と、その子供が自分の実の子ではない証拠を水面下で集めているからだと思います。

そんなときは、人っていつも以上に相手に優しくしたりして、ごまかそうとするものです。

何の理由もなく、夫があなたや子供に優しくなり、さらにそこに心がこもっていないように思えるなら、夫が何かに気づいたのかもしれません。

もし、夫があなたと不倫相手に対して法的に復讐してやると思っていたら、まずはあなたと彼の不倫の事実の証拠を集めるでしょう。

あなたが今も子供の父親である不倫相手の男性と付き合っているなら、既に夫に証拠を握られている可能性もあります。今の時代、お金に糸目をつけなければ、探偵などを雇って不倫の証拠を集めるのは簡単なこと。

もし、不倫相手の彼とはもう何年も前に別れていていたとしても、安心はできません。

その子が自分の子供ではない以上、自分以外の男とあなたの間に関係があったことは紛れもない事実なのですから。

例えば、そのころ使っていたスマホやガラケーなど、まだ手元に残っていないでしょうか。どうせガラクタと思っていても、捨てられずに持っている人って多いですよね。

その中に、彼とのやりとりが残っていないでしょうか。メールや写真など、消せずにいる女性も多いのではないかと思います。

そして、あなたが気づいていない間に、夫がそれを業者に調べてもらい、相手の男が誰なのか探っているということもあります。

激しい憎悪を隠しながら、それを原動力にして冷静にあなたを追い詰めようとする男性もいるのです。

既に別れた相手なら、不倫の証拠を残しておくのはとてもリスクがあるのでやめた方がいいでしょう。

DNA検査

DNA検査も、今では数万円でできます。その気になればいつでも親子鑑定を頼むことができるのです。

DNA検査のために必要なものも、使っていた歯ブラシや、ブラシについている毛根付きの髪の毛など、一緒に暮らす家族なら怪しまれずに手に入れられるものです。

DNA鑑定されれば、もう言い逃れはできません。夫と子供の間に血縁関係はないのですから、結果を見れば一目瞭然でしょう。

今はネットで調べれば、簡単に鑑定していくれるところを見つけられますから、夫が本気で疑いを持ち始めたら、もうこちらの打つ手はないと言えるでしょう。

家から出ていく男性もいる

潔癖なタイプの男性なら、妻が不倫の末に産んだ子供を自分がずっと育ててきたという現実に耐えきれず、家を出ることもあるでしょう。

子供のことは憎み切れないため、顔を見るのが辛いという気持ちもあると思います。

でも、一番辛いのは夫ですよね。信じてきた妻に裏切られていたのですから…。

家族にあたり散らして暴力をふるったり、該当の子供に冷たくすることもせず、自分がそこから離れることで気持ちの整理をしようするなんて、優しい男性だと言えるでしょう。

その優しさを利用し、騙してきたことを反省した方がいいのではないでしょうか。
あなたが本気で謝って許しを乞うことも必要でしょう。

旦那の子供じゃない事が夫にバレた時に訪れる最悪の結末

刃傷沙汰

夫が傷つき、離婚を迫るだけならまだマシです。

中には心のバランスを崩し、不安定な精神状態になる男性もいるかもしれません。
そんなとき、人間って何をするか分からないものです。
男の人には、女性や子供では力ではかないませんから、怖いですよね…。

ただ、今まで自分の家族を大切に思っていた男性ほど、妻から裏切られたと知った時のショックは並大抵のものではないはずです。本当に最悪の場合、あなたやその子供を殺して自分も死のうなどと思い詰めることもありえます。

そして、怖いのは、もし仮に何か起き、警察沙汰になるようなことになっても、事実が分かってしまえば、周囲はあなたに同情してくれないでしょう。

それどころか、ネットなどに顔をさらされ、『不倫をした挙句、その相手との子供を夫に育てさせていた悪女』などと好き勝手言われるのは、あなたの方かもしれません。

そうなれば、他の子供の将来にも影響がありますよね。

もちろん、不倫相手との子供も、夫と同じくショックを受けるに違いありません。あなたのことを憎むようなことになるかもしれません。

不倫相手の子供を夫の子供と偽って育てることはそれくらいの悲劇をもたらすものなのです。

ただ、何事も命あってこそ、です。

もし、夫が真実を知って激しく落ち込み、夫から今までとは違う、尋常でない雰囲気を感じるなら、あなたが悪かったとかそういうことは置いておいて、まず子供と自分を守る行動を起こしましょう。

真実を知ったのに、急に夫が優しくなるのも、危険なサインかもしれません。
夫の笑顔にぞくっとしたものを感じるのであれば、その勘は正しいです。
自分と子供の身を守ることを最優先にしましょう。

夫が暴れる

実子ではない子供を育てさせられたと思い、プライドを傷つけられ、自暴自棄になり、酒浸りになったりして、家族に暴力をふるうようになってしまう男性もいるでしょう。

皆が聖人君子ではありません。

どんなに優しく大らかな男性だと思っていても、耐えきれない現実を突きつけられた時、今までの彼からは想像もできないような行動を取ることもあるのです。

夫が酒浸りになり、家族に当たり散らしたり、ひどい場合は暴力をふるってきても、あなたは自分のせいだと思って我慢してしまうかもしれません。

確かに、あなたがやったことは、夫に対するひどい裏切り行為ですし、責められるのは仕方ないことですが、子供たちには何の責任もありません。

夫が家族に暴力をふるったり暴言を吐けば、一番傷つくのは誰でもなく子供たちでしょう。

きちんと子供たちと一緒に非難する場所を探し、子供たちを連れて逃げて下さい。お金がなければ、公的な機関に相談してもいいでしょう。原因は何であれ、DVはDVなのですから、シェルターなどを紹介してもらえます。

元はと言えば身から出た錆かもしれませんが、子供を守るためにはそんな過去のことは今は関係ありません。母親として、きちんと責任ある行動を取りましょう。

家族の心がバラバラになる

夫に秘密がバレてしまえば、家族にバレるのも時間の問題でしょう。
ここまでの大きい秘密を夫婦間だけで抱えることなんて不可能ですよね。

子供たちは親のことをよく見ていますから、何かとんでもないことがおきたのだということは気づくはずです。

ですから、当然、真実が分かってショックを受けるのは夫だけではありません。

自分はずっと父親だと思っていた人の子供ではなく、母親の不倫相手の子供だと知ったその当人や、兄弟姉妹たちの動揺はとてつもないものでしょう。

母親のことを憎み始める子供もいるかもしれません。

そんな風に、家族の心はバラバラになっていくでしょう。
特に、母親のあなたが全ての原因ですから、あなたのことをもう母親と思えなくなる子供がいてもおかしくないのです。

そのことは、自分がこの先、どんなにひどいことをしてしまったのか、子どもに相手にされなくなってから気づくことなのかもしれません。

幸せな家族でも、バレれば一瞬で崩れ去るような秘密ってありますよね。
夫の子供と偽って不倫相手の子供を産んで育ててきたことは、間違いなくそんな秘密にあたるのではないでしょうか。

旦那に不倫相手との子供だとバレた時のために既婚女性が事前にやっておくべき準備とは?

経済的に自立すること

不倫相手との子供だったと夫にバレた後、夫の顔色をびくびくうかがいながら生活するのは大変ですよね。

もちろん、やったことは全て自分が悪いと思っていたとしても、女性ってどこかあっけらかんと開き直ってしまうところがあるもの。

そもそも、そういうタイプの女性でなければ、不倫相手の子供を夫の子供として産むという大胆なことはできないのではないでしょうか。

ですから、そこまで大胆なことをやってのけられるのですから、さっぱり夫と別れて、自分の手で子供を育てていくという選択もできるはずです。

その上で何より大切なのは経済的に自立すること。夫に経済的に依存していなければ、のびのびと子育てをしながら生活することができるのです。

なので、不倫相手との子供を出産すると決めたのなら、同時にいつ夫にバレて離婚することになってもいいように、出産後、落ち着いたら仕事探しもした方がいいでしょう。

今仕事をしている人は、何があってもやめないようにした方がいいでしょう。

不倫相手の彼に夢中になって子供を産みたいと思ったのは自分なのです。その責任を最後まで取りましょう。そのためにも、夫から自由になることを検討してみてはいかがでしょうか。

子供たちに愛していると伝え続けること

夫にバレる時は、子供たちにもいずれは真実が分かる日が来るでしょう。夫が話してしまう可能性もあります。

その時、一番気を付けたいのは、子供たちの心のケアです。

不倫相手との間の子供はもちろんですが、他にも、夫との間の子供もいるのなら、その全員がショックを受けるでしょう。

もちろん、彼らはあなたという母親が同じきょうだいに違いはありませんから、一番ショックを受けるのは不倫相手との子供であることは間違いありません。

ただ、このご時世ですから、母親が不倫をしていて、父親を騙して出産したという事実は、子供の心を混乱させるでしょう。不倫というのは、今の時代、絶対悪のような捉え方をされてしまっていますから…。

もちろん、不倫相手の男性の子供が欲しいと思ったその背後にある事情はそれぞれですし、それなら仕方ないよね、と思えるシチュエーションもあるかもしれません。

でも、まだ恋愛経験もほとんどない子供たちに、そんなあなたの気持ちを理解するのは不可能でしょう。

このことをきっかけに、母親のことを嫌悪するようになってしまうかもしれないのです。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか。
それは、何があったとしても、あなたが母親として子供たち全てを愛しているということを、普段から伝えておくことでしょう。

日本人は親子でも言葉で愛を伝えるのは苦手な人が多いかもしれません。
家族内でハグやキスをする習慣がありませんし、愛しているなんて言葉も、なかなか家族に言いませんよね。

しかし、結局普段から言葉でも愛情を示すことによって、子供の一人が夫ではない男性の子供と分かっても、「母親から愛されているのだ」という根本のところは揺らぎません。

心の中心に愛されている自信があれば、真実を知ってショックを受けたとしても、いずれ時がそれを癒してくれれば、母親への愛情は変わらないのです。

まずは母親として子供の心を守ることが一番大切なのです。

お金を貯めておく

真実がバレ、夫が荒れて家族がギスギスしてしまうことになれば、一番悪影響を受けるのは子供たち。あなたには母親として子供を守る責任があります。

夫としばらく顔を合わせなくても生活できるくらいの貯蓄はしておきましょう。あなたに頼れる親やきょうだいがいても、理由が理由だけに家に迎え入れてくれるかは微妙です。

もちろん、それこそ血が繋がっている親ですから、本当にあなたが困っていれば助けてくれるはずです。それはきょうだいも同じでしょう。それくらい、血縁というものは重いのですから、夫が傷つくのも分かりますよね。

頼れる友人がいても、事情を知れば軽蔑して縁を切られることもあるでしょう。
やはり、あなたのやったことが色々な人を傷つけてしまうことなので、今までどんなに仲が良かった人でも、手を差し伸べてくれるとは限りません。

ですから、まずはある程度へそくりをしておきましょう。夫名義の口座ではなく、あなたの口座にお金を貯めてください。たんす貯金でもかまいません。何をするにもお金が必要です。

夫の気持ちがおさまる可能性は低いですし、そうなれば離婚することは避けられません。もちろん、夫の方が被害者ですから、慰謝料などはもらえないでしょうし、該当の子供の養育費も出ないでしょう。

また、子どもたちの中でも、夫の実子は夫が親権を要求してくることも考えられます。離婚の原因が原因だけに、そうなればあなたになすすべはありません…。

ですから、最低でも、不倫相手との子どもとあなたがしばらく暮らしていけるだけのお金は作っておきましょう。

バレた時はとにかくまず夫に謝りましょう

夫に、子どもの一人が不倫相手との子供だということがバレたら、とにかくまずは謝罪した方がいいでしょう。

例えば、夫が不倫した仕返しにあなたが不倫したとかいう理由があれば、夫の方にも問題はありますが、そうではない場合、全面的に悪いのは夫をあざむいてきたあなたなのです。

そもそも、不倫に走った理由はなんだったのでしょう。ほんの出来心でしょうか?それとも昔どうしようもなく好きだった男性に再会して盛り上がったのでしょうか?

そして、思いがけなく彼との子供を妊娠してしまい、おろす気になれず、夫との子供にして産んだのでしょうか?

いずれにせよ、夫は我が子ではない子供を我が子として育ててきたという事実を知れば、ショックで胸が引き裂かれそうになるでしょう。

女性だって、可愛がって育ててきた子供が、大きくなってから、産院で取り違えられた子供だと分かれば、ショックで気が狂いそうになりますよね。

男性だって、そんな気持ちになるのは間違いありません。愛情深い男性なら、そのまま自分の子供として黙って育ててくれる人もいるかもしれませんが、そこまで強い人ばかりではありません。

ショックのあまり、心が壊れて、あなたを恨み、心中しようとする男性だっていないとは言い切れません。

もう不倫相手とはとっくに別れていて、今はそのことを深く反省しているなら、きちんと心から夫に謝ってみるのもいいのではないでしょうか。そしてせめて、子どもが成人するまでは夫の子供として育ててほしいと頼んでみるのもいいのではないでしょうか?

その分、あなたは今まで以上に夫に尽くす必要があります。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.