不倫

W不倫の連絡頻度が愛情度とはならない理由と既婚男性からの返信率と連絡回数を格段に増やすコツ

W不倫でお互いに連絡を上手く取り合えず、悩む女性は少なくありません。

お互いに既婚者で家庭を持っているため、相手の立場も理解しているからこそ、相手にわがままを言えない辛さってありますよね。

しかし、こちらでは、連絡頻度が愛情度とはならない理由平均的な連絡回数やバランス既婚男性からの返信率UPの為のテクニックやコツを徹底紹介いたしますのでぜひ参考にし、不倫恋愛を少しでも幸せなものにしていきましょう。

W不倫恋愛での平均的な連絡回数と会う頻度のバランスは?

スマホを通した連絡は週に数回でもOK

ダブル不倫では、お互いに家庭があり、その上仕事もしているとなると、そうしょっちゅう会うことは難しいものです。

でも、相手のことを好きでたまらないので、常に連絡は取り合いたいと思うのが自然ですよね。

ただ、普通のカップルとは違い、ダブル不倫では、おおっぴらに連絡を取り合うこともできませんから、お互いにタイミングを見計らって行わなくてはいけない、不自由さがあります。

こちらから連絡をするときも、相手からメッセージが送られてくるときも、タイミング悪く家にいて、さらに近くに夫や妻がいたら、なかなかの緊張ものですよね…。

ごまかすのが上手ければいいのですが、メッセージの送信元が不倫相手となると、ドキドキしてつい普段とは違う振る舞いをしてしまうこともあります。

そういう微妙なパートナーの変化を見逃さない人もいますから、不倫バレすることに繋がることもあるのです。

そんなことを考えていると、気楽に思い付きで連絡をすることもできず、あれこれ相手の状況を想像してからメッセージを送信する人も多いのではないでしょうか。

ただ、不倫が始まったばかりの頃は、毎日でもスマホを通じて繋がっていたいと思い、パートナーの目を盗んでメッセージのやりとりをしょっちゅうしていたカップルもいるでしょう。

それが、二人の関係がある程度落ち着いてくれば、相手の気持ちに対しての自信もできてくるので、そこまで無理して毎日連絡を取り合うこともないと思えるようになってくるのです。

特に男性側が、そういう意識になっていくでしょう。元々、男性の方が、LINEなどでのメッセージのやりとりを楽しむというより、必要にかられて使っていることが多いです。

ですから、彼からの連絡が、だんだんと週に数回、最低でも週に一回という感じで減ってくると、そんな男性の変化を、つれなく感じる女性もいるのではないでしょうか。

ただ、それが即彼の愛情があなたから離れたという意味ではありません。
そもそも、不倫が始まったころのマメさの方が、彼にとっては特別なことだったと考えた方がいいのです。

あなたの気持ちを自分に向けさせようと、必死に頑張っていたのだ、思った方がいいでしょう。

最低でも月に一度は会っておきたい

では、ダブル不倫で実際に二人が会うのに最適な頻度って、どれくらいなのでしょうか。

不倫が始まったばかりでお互いに対する気持ちが最高潮に盛り上がっているときは、毎日でも会いたいものですし、仕事や家庭の忙しさを何とかやりくりして、週に数回会っていたという不倫カップルもいるでしょう。

しかし、やはり、そんな日々をずっと続けられるはずもありませんよね…。

女性側も仕事をしながら家庭のこと、子育てなどをこなしていれば、不倫に割く時間をどうねん出すればいいか、頭が痛いということも多いはずです。

そうなってくると、数日に一回とか、毎週必ず会うというのは、時間的にキツいですよね。

それでも愛する彼には定期的に会いたいという気持ちが募ると、やはり最低でも月に1度は必ず会う、というルールを決めているカップルもいるでしょう。

もちろん、月に一度なんて少なすぎる!と感じる人も多いでしょう。しかし、二人の仕事や家庭の状況によっては、それが精いっぱいということもあります。

しかし、さすがに、ダブル不倫の関係で、月に一度すら会えなくなってくると、自然と関係が終わってしまう可能性も高くなってきます。

普通の恋人同士でも、遠距離恋愛でもないかぎり、一か月以上恋人に会えない・会わないというのは、すでに恋人とは言えない状態に近いですよね…。それなら別れを選ぶという人もいるでしょう。

ただ、お互いが年に数回しか会えない関係に納得して付き合いが続いているなら、それが自分たちのスタンスだと考えてもいいのではないでしょうか。

隔週で会えるとよりベター

毎週は厳しいかもしれませんが、もっと二人の不倫関係を親密なものにしたいなら、隔週でも会える時間を作れるといいですよね。

やはりひと月に一度しか会えないというのも間が空きすぎていますし、それではお互いを近くに感じることができません。

こちらはダブル不倫をしていると思っていても、彼にとっては月一のセフレとして扱われている可能性もありますよね。男性にとっては、月一で会うセフレを何人も作れば、日をずらして色々な女性とセックスを楽しめますし、満足できるからです。

しかし、女性はそんなセフレの一人として扱われるのはたまったものではありませんよね。なので、彼の方の本気度を見るためにも、最低でも月に数回は会っておきたいところでしょう。

もし、彼が仕事が忙しいわけでもないのに、月に数回程度会うのを嫌がるようなら、ただのセフレとして扱われていないか、気を付けた方がいいでしょう。
結婚して家庭を持っていれば、一週間ってアッと言う間ですよね。
毎週会うのは忙しくてムリだとしても、隔週であれば、多少の余裕があり、不倫恋愛をする恋人同士としても、まだ耐えられる範囲と言えるでしょう。

連絡頻度が愛情度とは比例しない男女別の考え方や行動から分かる本当の理由

マメな人だから愛情が深いとは言えない

連絡がマメだからと言って、その男性の愛情が深いとは言い切れませんよね。
逆に、遊び人で女性慣れしているオトコほど、連絡が超マメだったりするものじゃないでしょうか。

女性は常に言葉を欠けてくれる人に魅かれやすいので、マメな遊び人に引っかかってしまうこともとても多いです。

なので、連絡頻度を愛情の深さと考えていると、どうしようもない口先だけの男に騙されることもあるので、そこのところは注意しましょう。

ただ、どんなにめんどくさがりの男性でも、不倫関係になる前の、恋愛が一番盛り上がっている時は、いつもよりも連絡頻度は高めになる傾向があります。

それだけ彼の方もあなたの気を引きたいと思っているということですし、普段なら言えないような甘いセリフも頑張って伝えてこようとするでしょう。

ただ、多くの男性にとって、LINEなどのメッセージツールは、基本的には連絡事項を伝えるためのツール。

恋愛初期の盛り上がっている時期が過ぎ、二人の関係が落ち着いてくると、彼も元々の自分のペースでの連絡頻度に戻ってきますし、内容も甘い愛の囁きというより、次にいつどこで会うかなど、事務的なものに変化してくるでしょう。

それは、結婚してからあなたが夫に感じる変化と同じようなものです。

最初は夫だって、あなたに夢中で、自分の方を向いてもらうために必死でメールやLINEや電話で口説いてきたのではないでしょうか。

しかし、結婚してしまうと、あたかも釣った魚にエサをやらないという態度で、安心しきって、愛の言葉を囁くなんてしなくなりますよね。

不倫相手の男性も、だんだんとあなたに慣れてくると甘えも生まれてきますし、もともと女性ほどLINEのやりとりを頻繁にするのが得意ではない男性も多いので、初期の頃と比べれば連絡頻度が落ちてくるのが普通のことなのです。

ですから、「あの頃は一日に何回でも愛に溢れるLINEをくれたのに…」と悲しく思う必要はありません。

きちんと基本的なコミュニケーションが取れていて、定期的に会い、会った時にはお互いの愛情を確かめ会えているなら、彼の連絡頻度が少ないから愛が冷めたのだ、などとは考えなくていいでしょう。

ただ、全く連絡が取れなくなったときは、彼に何かあって連絡が取れなくなったり、彼が別れようとしていることもあります。

「連絡頻度が落ちてきたな…」というよりも、連絡が全くつかなくなったときは、気を付けた方がいいでしょう。

女性は言葉を欲しがる

女性って、もちろん全ての女性とは言えませんが、男性からの言葉を求める人が多いですよね。

なので、口下手でおとなしいイケメンより、それほど外見はよくなくても口がうまい男性にコロっと行くことも多いですよね。

確かに、楽しい会話ができることは恋愛を長続きさせる秘訣でもあります。
ただ、喋っていて楽しいということと、女を口説くのがうまい口の軽さは似て非なるもの。

普段はとっつきにくく無口そうに見えていても会話をすると楽しい男性っていますよね。そういう男性とは長く付き合えることが多いです。

一方、女性を口説き慣れている男というのは、自分の言葉に全く責任を持っていませんから、軽々しく「かわいい」「綺麗」という褒め言葉を使って近づいてきますし、相手の気持ちが自分に向くまで、しつこく付きまとってきます。

しかし、女性って、困ったことに、しつこく口説かれると、よほど嫌いなタイプの男でない限り、情にほだされることも多いのです。

「こんなに一生懸命好きだと言ってくれているのに、断るのは悪いな…」という変な罪悪感を持ってしまいがち…。そして、遊び人の男はそういう女性心理も読んでいて、そこにつけこんでいます。

ですが、相手の女性を口説き落とし、体の関係を持った途端、その女性に対する興味を失い、別のターゲットに移っていくこともしばしばあります。

体を重ね、相手の男に夢中になったころに捨てられた女性は深く傷つきますよね。
相手の男が言ったセリフがどれだけ軽いものだったか、その時に知ることになるのです。

ですから、男性からの言葉を求めすぎるのは危険。
言葉が多い男性ほど、そこに真実があるのかどうか、きちんと見極めた方がいいでしょう。

甘い言葉を沢山かけてくれるから、相手の男性は自分のことを本気で愛しているなどとは、絶対に思わないようにしましょう。

女性に言葉をかけるのに慣れていなくても、一旦親しくなれば話していてとても楽しいと思える男性は沢山います。

そして、そういう男性は女性を言葉で騙そうと思っていない分、気持ちを行動で見せてくれるので、自分への愛が真実かもよく分かるでしょう。

ですから、口先だけの浮気男には軽くだまされないよう、本当に気を付けましょう。

男性はただ単に連絡が面倒と考える人も多い

男性の中には、スマホでいちいち、小さな文字を打って、細かいことまで相手に伝えるのがめんどくさいと考えている人も多いです。

女性の友人の中にも、そういうタイプっていませんか?
こちらが連絡しても、「OK」とか「了解」など、短い返事ばかりの人。それは、あなたのことをどうとも思っていないからというよりも、彼女がそういう性格だからですよね。

女友達からのそっけない返事には、「まあそういうタイプだから仕方ないな」と思えるのに、不倫相手の男性から同じことをされると、「自分に対して愛情がないからだ!」と思ってしまうのは、ちょっと男性がかわいそうですよね。

元々、男性の大きな手には、スマホって小さいもの。

スマホが普及する前の小さい携帯電話の頃なんて、もっと悲惨でした。男性は大きな指でボタンをちまちま操作していたものです。

男性たちにとっても、「スマホでちまちまメッセージを打っている姿って、あまりカッコよくないだろうな」と思っているところもあるでしょう。

なので、そもそもがめんどくさがりの男性にとって、小さい画面でメッセージのやり取りをすること自体、そこまで楽しいわけではないのです。

ただ、不倫が始まる前の恋愛感情がピークの頃は、そんなめんどくささよりも、自分の気持ちがあなたに伝わって欲しいという一心で、頑張って連絡を取っていたのです。

ですから、不倫関係がだんだんと安定してきたときに、その安心感から女性に対しての連絡の頻度が落ちるのはある意味仕方ないこと。女性側も広い心で許してあげることも必要ではないでしょうか。

既婚者男性からlineが来なくなる真相は?頻度や内容が極端に変わる意味&彼が会いたくなるラインテク

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「もっと彼と連絡を取り合いたい」と願う女性が実践している連絡回数を格段に増やすコツ

彼が都合のいい時間を事前に聞いておく

連絡頻度が愛情の深さとイコールでないにせよ、もっと彼との連絡を増やしたいと願う女性もいるのではないでしょうか。

ただ、ダブル不倫の性質上、いつでもどこでもすぐに連絡を取り合えるわけではありません。男性側にしてみれば、横に妻が寝ている寝室で、LINE画面を開いたスマホをずっといじっているわけにもいきませんよね。

そんなことをしているところを見れば、妻なら女のカンですぐに「何か怪しい」と気づくでしょう。ですから、彼の都合のいいタイミングを事前に聞いておくことは大切でしょう。

それに、彼が返事をしやすい時にあなたからの連絡が来れば、「グッドタイミングだな」と彼もいい気分になり、すぐに返信しようという気も起こりやすいですよね。

さらに、あなたが彼の都合を考えて送ってくれたという気遣いも感じられます。
自分の状況をきちんと考えてくれるあなたに対する愛おしさが増すでしょう。

逆に、家族で食事をしているときに何度もしつこく連絡が入ったり、彼が家で家族といる時間を確実に狙ったようにLINEを送られると、不倫がバレるかもしれないと焦るでしょう。

そういうことが続くと、そのうち彼はあなたからの連絡を迷惑と感じてしまうでしょう。

何事にもタイミングってとても大切ですよね。
特に不倫での連絡のタイミングは、間違えると相手の気持ちを一気に冷めさせることにもなりかねません。

逆に、相手が自分のことをよく思いやってくれているから、いつもタイミングがよく連絡をくれるんだなと感じれば、その相手との縁をさらに深めたいと思うものなのです。

ですから、明らかに相手の都合が悪いと分かっている時に連絡をするのはやめた方がいいでしょう。

彼が連絡をくれたときはつれない返事をしないこと

せっかく彼から連絡が来たのに、忙しいからと言って、適当な返事をしてしまうのも、彼からの連絡を遠ざけてしまいます。

LINEには既読という便利な機能があるのですから、バタバタしていて丁寧な言葉が書けないのであれば、自分が余裕を持って返信できるときまで彼からのメッセージを既読にしないこと。

そうすれば、彼もあなたが忙しいんだな、と気づけますし、すぐに返事が来なくても仕方ないと思えるでしょう。

忙しいときに、無理して返事をすると、どうしても雑な対応になってしまいますよね。

男性って、ちょっとしたことですぐに傷つく生き物ですから、こちらが一度でも雑な返しをしてしまうと、自分からあなたに連絡をするのをさらに億劫に感じ、もう積極的に連絡したくないなとさえ思ってしまいます。

ですから、彼からの連絡に対して返事をするときは、自分の気持ちや時間に余裕があるときにするようにしましょう。

もし、彼が返事が遅いのを気にするタイプであれば、今は時間の余裕が無いということを一言書き添えて、また後で連絡すると返信しておくのがいいでしょう。

時間や余裕がない中、その場しのぎで思いつくままに返信をするのはやめた方がいいのです。

あなたに連絡をしても、いつも嫌な気持ちにならないと分かれば、彼からの連絡も自然と増えていくでしょう。

だらだらしたやりとりはNG

女性同士のLINEって、どちらからどう終わればいいのか分からなくなるくらい、次々と新しい話題に移り、やりとりが止まらないこともありますよね。

しかし、よほどおしゃべり好きな、女友達のような男性でもない限り、だらだらとした果てもないやりとりは苦手です。

男性の場合、要件を伝えたらもうそれで終わりにしてもいいくらい、LINE上でだべるようなことは好まないタイプが多いでしょう。

女性は寂しいからとか暇だからということで、友達とやりとりを延々と続けることもありますが、男性はそんなことに費やす暇があったら、趣味に時間を使ったり、なにか具体的な目的を持って外に出かけたいと思うもの。

なので、こちらの気持ちのままに、用事もないのに彼に連絡をするのはやめた方がいいでしょう。

彼の方も、あなたとのLINEに付き合っていると、時間がいくらあっても足りないと感じてしまうと、自分から連絡するのを躊躇してしまいます。

もちろん、彼のタイプにもよりますが、彼がいつも要件を伝えたらさっとやりとりを終わらせたい様子なら、あなたもそれに合わせるようにしてみましょう。

自分が寂しいから、彼とのやりとりをずっと続けていたいからという理由で、特に急ぎでもない別の話題をふり、彼とのやりとりを長引かせようとするのはやめましょう。

LINEのやりとりで、あなたが自分のリズムに合わせてくれているのが分かれば、たとえ、内容は次に会う約束のような事務的なものだったとしても、彼からの連絡の回数は増えるはずです。

女友達と恋人である不倫相手は違います。LINEは便利なツールですが、男性が相手の時は、使い方に気を付けた方がいいでしょう。

不倫相手と連絡をやめることで既婚男性が女性に対して取る行動&既婚者とのLINEや電話の必要性

一方的な連絡が既婚男性の恋愛感情をかき消している既婚女性の嫌われ行動とは?

奥さんがいるときをあえて狙って連絡する

奥さんや子供と一緒に家にいる時間をあえて狙って連絡をするのは絶対にNGです。

時には激しい嫉妬心にかられ、彼を困らせてやりたい、奥さんに自分の存在を匂わせたいと思う女性もいるでしょう。

しかし、あなたも既婚者なら、それがどれだけ危険な行為で、相手の男性の気持ちを萎えさせるかは理解できるのではないでしょうか。

彼の家庭を壊そうとした時点で、あなたはもう彼の恋人ではなく、迷惑なストーカーと認識されることになるのです。

逆でも嫌ですよね?

あなたが夫と一緒に家にいるとき、不倫相手の男性からLINEや電話がバンバン来たら、ぞっとするでしょう。家の住所を知られていたら、そのうち直接家までやってくるのではないか、と生きた心地がしませんよね。

不倫が大人の恋愛だと言われるのは、気持ちや感情のままに行動すると、すぐに周囲に関係がバレ、泥沼化するからです。

そうしないように、自分の感情をうまくコントロールできるのは、大人であればこそ。
それができないなら、不倫をしてはいけないのです。

特にダブル不倫では、バレて泥沼化したときに、巻き込まれて傷つく人が多いので、慎重な行動ができる、理性的なタイプでないと、長く関係を続けることはできません。

ですから、いくら彼が奥さんとうまく行っているのが辛くて寂しい気持ちに襲われても、彼が困るような時にLINEを送ったり、電話をかけるのはやめてください。それは二人の別れを速めてしまうだけです。

もし、嫉妬心を押さえられないときは、彼のことを考えるのはやめて、他のことに目を向けましょう。外に出るとか、体を動かすなどして、気分を変えることです。

悲劇のヒロインにならず、辛いのは自分だけではないと、広い目で世の中を見回すことも大切です。

彼が忙しい時に愛の言葉を求める

彼が仕事や家の事情でとても忙しくしているときは、不倫相手の女性に割ける時間も限られてくるでしょう。

そんなとき、つい「自分は彼にとって二番手、三番手の存在なんだな…」といじけてしまう人もいるでしょう。

しかし、不倫恋愛は、それに耐えることで成り立っています。

もし、愛が一番大切だからと、不倫相手を仕事や家庭よりも優先していたら、すぐに彼は社会的な立場を失い、家庭も崩壊しますよね。あなたも既婚者なら、それがどういうことか分かるでしょう。

愛しているという気持ちだけで生きられるのは、何も責任を背負っていない人だけ。
家庭を持ち仕事をしている男性や女性は、そこまで無責任には生きられませんよね。

特に子供がいれば、親としての子供に対する責任があります。親が自分の感情のままに家庭を顧みなければ、一番とばっちりを受けるのは子供なのです。

恋愛とは違う種類の愛ですが、子供への愛は何物にも代えがたいですよね。親なら、子供の心を守りたいと思うのが当たり前なのです。ですから、子供より不倫恋愛を優先させるような身勝手な行動は、誰も取れないのです。

なので、彼が忙しいときは、なかなか会えなかったり、連絡も途絶えがちになることを耐えなければなりません。

そんなときに彼にしつこく連絡をして、「会いたい」とか「連絡をマメにして」などとLINEを送っていると、最悪の場合、関係をバッサリ切られることになるでしょう。

そうならないためにも、相手の状況を考慮して、引くところは引くこと。

愛する人に会えない日々が続くのは確かに辛いことですが、本当に愛していれば、相手を困らせたくないという気持ちがまず湧くのではないでしょうか。

もし、自分をかまってほしい、自分に愛を注いでほしいとだけ求めるなら、それは相手の男性を利用しているだけです。

愛は、相手の幸せを最優先に考えることですよね。自分の心を満たすために相手から愛情をもらおうとしているなら、相手のことを本当に愛しているとは言えません。

ぐちっぽい

LINEやメッセージの内容がいつも愚痴っぽくなっていないでしょうか。

夫よりも不倫相手の男性に心を許すようになってくると、ついつい愚痴などをこぼす相手も、夫より彼の方がいいと感じることもあります。

職場での嫌なことや、子供のこと、人間関係など、誰かに自分の気持ちを聞いてもらいたいときってありますよね。女性は、お喋りでストレスを解消する人も多いです。

そして、不倫相手とLINEのやり取りをしている中で、自分では愚痴とは思っていなくても、受け取る側は不平不満ばかり聞かされているように感じることもあるのです。

特に、文章にしてしまうと、受け取る側は自分が思っている以上に、内容をシリアスにとらえてしまうこともあります。

こちらはちょっと軽く言ったことでも、相手にはドスンと心に重く響くこともあるでしょう。

なので、LINEに書いてしまうと、相手がどう思うかな…と少しでも心配があるような内容は、会った時に伝えた方がベター。

実際の会話とスマホでのメッセージのやりとりは、やはり全く別物です。

会話では相手に自分の表情を見せて話すことができますし、相手の反応もダイレクトに伝わってきますが、LINEはそうはいきません。

どんなにおどけたスタンプを使おうと、(笑)を入れようと、やはり文章にすると、自分が意図していない伝わり方をすることもあります。

ですから、LINEにはあまり暗くなったり、ネガティブな思いを抱かせる内容は書かない方がいいでしょう。

返事をしたいという気持ちより、もうこんなメッセージは受け取りたくないな、という気持ちを相手に抱かせてしまうでしょう。

もちろん、ポジティブな内容ばかり送るのは難しいときもありますよね。ただ、愚痴っぽくなるくらいなら、相手にLINEを送らない方がマシなのです。

会えない時間が多いからこそ、また会える日が楽しみになるような内容を送るように心がけてみましょう。人は自分を暗い気持ちにさせる相手とは時間を過ごしたくないものですよね。

次に会う日が待ち遠しくなるような、気持ちが明るくなる言葉選びをしてみてください。

返信率UP!既婚男性が返信したくなる彼女からの言葉と文字に込める想いを上手く表現する連絡テクニック

彼の体調・現状を気づかう言葉を必ず入れる

ダブル不倫の連絡では、どうでもいいぼんやりした内容を送るのはNGと言えます。

「今日は天気がいいね」とか「なにもすることがなくてぼんやりしてる」など、彼との関係に全く関係がないことを送っても、受け取った男性はどう返事をしていいか困ってしまいます。

ただでさえリスクがいっぱい転がっている関係ですから、本当にそのときに伝えなくてはいけないことがないなら、連絡は避けた方がいいのも事実。

ちょっとしたLINEのせいで、奥さんや子供にあなたの存在を嗅ぎつけられることもあるのです。受け取る側がどういう状況にいるのか、送る方には分かりません。彼がちょっとした動揺を見せ、それを奥さんに勘づかれることもあるでしょう。

さらに、彼からの返信を期待するなら、たとえ「〇月〇日に会おう」という約束するような内容のメッセージであっても、彼の現況や体調など、ちょっとした気遣いを付け加えましょう。

落ち込んでいたりすると、自分のことを気にかけてくれている人がいると知るだけで、勇気づけられることもありますよね。

あなたの言葉によって励まされるようなことがあれば、彼の方ももっとあなたとメッセージのやりとりをしたいと思うでしょう。

既婚女性のあなたなら分かると思いますが、家庭生活をしている中では、なかなか妻から夫、夫から妻へ、わざわざ温かい言葉をかけることってありませんよね。

ですから、不倫相手の女性からの気遣いは、男性の心に染みるものなのです。

すぐに返信を求めるような内容を送らない

彼からの返信が欲しいからと言って、「早く返事ちょうだいね」などと、催促するような言葉はやめましょう。

まだLINEがここまで普及しておらず、メールのやり取りが多かったころは、一つのテクニックとして、最後が質問形式になるようにメッセージを送れば、相手も質問に答えざるを得ないので、返信がもらいやすい、というものがありました。

しかし、普通の恋愛で、それもお互いがまだ相手に夢中の頃ならそれもいい作戦かもしれませんが、ある程度関係が続いてきている中で、質問ばかりのメッセージって正直ウザいですよね…。

まず、返信をもらいたいという気持ちばかりが先走ると、大切な思いを伝えられなかったり、こちらの要求だけを通したいというエゴに溢れたメッセージになってしまいます。

たかがメッセージ一つと思う人もいるかもしれませんが、積み重なれば、交際をやめる原因になることもあるのです。

一つ一つのメッセージを大切にし、彼に「早く返事をしなければいけない」という妙なプレッシャーをかけるような内容にしないことは重要です。

自分の機嫌が悪い時は連絡を控えることも必要

女性特有の、生理前や生理中の不快な時期ってありますよね。もちろん、そんな不快な気分にはならないというラッキーな女性もいるかもしれません。

ただ、多くの女性の場合、一か月の中で、どうしても気分の浮き沈みが起きてしまうということはあるでしょう。

そういう時期って、夫や家族に当たってしまうなど、普段の自分では絶対にしないようなこともしてしまったり、言ってしまうこともありますよね。

不倫相手に対しても、だんだんと慣れてくれば、八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。

つい愚痴っぽいことを送りつけたり、今言っても仕方ないことで、彼を責めたり…。
自分が不快な気持ちに支配されているときは、相手の気持ちも、後のことも考えずに、行動してしまうことってありますよね。

ただ、一緒に暮らす家族なら、その場で謝ったりと、後からでもはっとして謝ることもできます。しかし、メッセージを通して不倫相手とこじれてしまうと、なかなか挽回できません…。

会う約束をとりすけるのも大変ですし、メッセージ自体、スルーされることもあるでしょう。

ですから、自分の気分がとても落ち込んでいたり、誰かに当たり散らしたくなるような時は、彼にはLINEなどを送らない、というルールを作っておくことも大切でしょう。

一度自分の中でルールを決めてしまえば、どんなに自分の中で激しい感情が沸いて、彼に八つ当たりしたくなっても、我慢もしやすいです。

女性から感情的な文章が届くと、男性は確実に引いてしまいます。そうしないように自分を律することができれば、彼との関係はよりスムーズにいきますし、あなたからのメッセージで不快になることがなければ、彼も返信しやすいのです。

ダブル不倫中の既婚男性の本気度の計り方!不倫相手の女性へ行うスキンシップを見れば分かります

ダブル不倫の彼からの返信を求めすぎないこと

ダブル不倫中の彼とのLINEなどのやりとりの多さで、愛情をはかるのはやめましょう。

女性とは違い、元々男性ってLINEやメールなどで普通のお喋りのようなやりとりをするのは苦手なタイプが多いです。

逆に、女性同士のようにLINEで会話が弾むくらい彼がマメだったり、LINEでやたらと甘い言葉を囁いてくるなら、かなり女性慣れしている可能性がありますし、遊び人タイプかもしれないと気を付けた方がいいのです。

そして、関係が長くなればなるほど、普通の男性はLINEの連絡が減少する傾向があります。初期の頃はあなたの気持ちを確かめたくて、多少無理をしてでも連絡を頻繁にとっていたからです。

なので、関係が始まったころと比べて連絡が少なくなるのは当たり前と思い、「自分に対する彼の愛が減ってきた…」と嘆くのはやめましょう。

それよりも、定期的に会って愛を確かめ合っているなら、その方がメッセージの多さよりもずっと大切なことですよね。

また、自分が寂しいからというワガママな理由や、彼が奥さんと一緒に過ごしていることに嫉妬して、彼が家にいるときにわざとLINEを送ったりして、彼を困らせるのはやめましょう。

彼のことを本当に愛しているなら、彼の気持ちを一番大事にすることを心がけて、不倫相手とのLINEのマナーを守りましょう。

そのためには、多少自分が我慢したり、寂しさに耐えなければいけないこともあります。不倫は大人の女性にしかできない恋愛だというのも、そういう厳しい一面があるからなのです。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.