不倫

W不倫がうまくいかないと感じ始める兆候と既婚者の男性との関係を再燃させる為の対処法

「W不倫がうまくいかない」と悩みながらも、その原因が分からずに苦しむ女性がいます。

お互いに家庭を持ちながら、家庭外での恋愛をする上で、女性が気を付けなければならないことは沢山ありますよね。

ダブル不倫する男女でも、感じ方に違いがあり、関係が上手くいかなくなる前には兆候が必ずあるのです。

既婚男性との仲を保つために、見逃してしまっているポイントや気持ちが離れてしまう理由を知り、対処法を参考に関係を修復させましょう。

既婚者同士の恋愛で「うまくいかない」と感じる男女の視点の違いとは?

愛情表現のしかた

男性の中には、言葉にしなくても愛情が伝わっていると思い込んでいる人も一定数います。特に日本人男性って、そういうタイプが多いですよね。

しかし、言葉にしなくても分かり合えるなんて幻想にすぎません。
やはり、気持ちはきちんと言葉にしないと、相手に伝わらないのです。

男性側だけが一方的に、言葉にしなくても相手に愛情が伝わっていると信じていても、女性側がそれを納得しているわけではないのです。
そこに男女のすれ違いが生まれます。

女性って、どんなに付き合いが長く続いていても、変わらず相手から愛の言葉が欲しいものですよね。

しかし、男性は、「付き合い続けているんだし、それは愛情があるからこそ。わざわざ言葉にしなくても、付き合っていることこそが愛しているという言葉の代わり」と思っているのです。

男性は、自分の行動や態度で、相手の女性に愛情を示すことができていると思い込んでいるのでしょう。

けれど、女性っていつも「愛してるよ」とか「いつも綺麗だね」など、常に言葉をかけて欲しいのです。

その言葉によって、「自分は愛されているんだ」と、はじめて安心できるのです。

女性のそういう部分が分からず、男性の方は付き合いが長くなっていくほど、言葉足らずになってしまうところがあります。
W不倫という関係でもそれは同じ。

どんなに関係が続いていたとしても、女性の方は、言葉で愛を伝えてくれなくなったことに不安を覚えていくのです。そのすれ違いは、どんどん大きくなっていくこともあります。

関係を続けていること=愛がある証拠、といくら男性が思っていたとしても、やはり女性には、言葉にしないと伝わらないことがあることは理解した方がいいでしょう。

そして女性側も、口先だけの男には騙されないようにしなければいけません。

賢く美しい女性が、軟派な口のうまい男にコロっとだまされるケースって、多いですよね…。

傍から見れば、「どうしてあんな軽い男と?」と思えても、実際に甘い言葉をかけられれば、幸せな気持ちになってしまうのです。

ですから、もちろん言葉が少なすぎるのも物足りないですが、全く行動が伴っていない、口先だけの男には気を付けた方がいいでしょう。

連絡の頻度

連絡の頻度に対しての考えの違いも、男女の間では浮き彫りになるものでしょう。

女性はどれだけ深い関係になり、付き合いが長く続いていても、不倫がはじまったころと同じとまではいかなくても、一定の連絡頻度はキープしておきたいのです。

突然がくっと連絡の頻度が減ると、不安になって当然です。

しかし、男性の連絡のマメさは、付き合う前や付き合いたての頃がピーク。
時間が経つにつれて、連絡の頻度が減ってしまうものなのです。

(中には連絡頻度が落ちないタイプの男性もいますが、女性の行動をいちいち確認するための、粘着質な場合もあるので、注意が必要です。)

ただ、男性が連絡を頻繁にしてこなくなるのは、相手に対する愛情が減ったからというわけではなく、逆に、相手に安心しきっているから、という理由も多いです。

最初のうちは、相手の女性の気持ちがよく分からないからこそ、頻繁に連絡をして愛情を確認していたところがあるのです。

ただ、関係が安定してくると、相手への信頼感も生まれ、それほどしつこくLINEやメールを送り合う必要を感じなくなるのです。

男性の方が一方的にそう感じていても、連絡頻度が減ると、女性の方は、「前はあんなに連絡をくれたのに…」と、寂しく思ってしまいますよね。

特に不倫関係では、連絡が減る=関係の終わりが近い、という不安に襲われやすいですよね。簡単に会って気持ちを確認できない関係だからこそ、連絡を取りあうことだけが、心のよりどころになります。

そして、男性側は、連絡の頻度が減っただけで、女性が不安になるとは思っていないことも多いのです。付き合いが始まれば、連絡はあくまで、次に会う日時を決める手段であって、目的ではない、と考える男性が多いからでしょう。

そういう意味では、一度深い関係になると、男性の方が女性の気持ちを信じ切っているのでしょう。(疑い深い男性でなければ…)

「二人は愛し合っていて、関係もうまく行っているんだから、しつこく連絡を取り合わなくてもいいだろう」と、男性は思ってしまうようです。
そういうところにも、男女の感じ方の差がありますよね。もし、あまりにも男性からの連絡が減って不安になるなら、一度きちんと自分の気持ちを彼に伝えてみましょう。

男性の方も、「不安にさせていたなら、これからは気を付けよう」と思ってくれるはずです。

ただ、本当に不倫関係を終わらせようとして、連絡をしなくなる場合もあるので、彼の気持ちをきちんと確認することも大切です。

会う頻度

男性は、女性との間の愛情を信じることができれば、しばらく会えない期間ができても平気と思えるところがあります。

しかし、女性は、愛する男性とは、常に一緒にいたい!と思うものです。
ただ、W不倫なのですから、自分にも相手にも家庭があり、それが無理なのは重々承知の上です。

それでも、できるだけ会う時間が取れるように、頑張って時間のやりくりをしているのです。

ですから、会う頻度が減ってしまうと、男性よりも女性の方が不満や不安を感じることが多いでしょう。

そして、その不満や不安から、相手の奥さんを敵視してしまうことにも繋がりがち…。
「結局彼は、奥さんと一緒にいる方がいいのね!」という気持ちにもなりやすいのです。

一方、男性の方は、「会えなくても二人の間に愛があれば乗り越えられる!」という、ロマンチックな考えを持つこともあります。

そういう意味では恋愛に理想を抱くのは男性で、現実的なのは女性ともいえます。

女性は、実際に会う時間が減れば、男性からの愛を信じられなくなるのです。あれこれ気をもみ、余計なことを考えて、一人でどんどんドツボにはまっていきます。

男性の、会えない時間は仕事や自分のやるべきことを淡々とこなし、次に会えるのを楽しみにする、という態度とは対照的と言えます。

そういう感じ方の差が、W不倫でのすれ違いを生むのでしょう。

ダブル不倫は、会える時間を作るのも大変な関係なので、今後も長く付き合っていきたいなら、女性もどこか割り切りは必要でしょう。

会えない時間は、仕事や自分の家庭のことに集中して、あまり不倫相手の彼のことを考えないようにするなどしないと、いたずらに不安になるものです。

既婚者同士の恋愛が冷める瞬間のきっかけ!ダブル不倫の男女が不倫相手に愛を求めなくなる理由

W不倫がうまくいかなくなる時に実は起こっている兆候

返信が遅い

どちらかの返信を「遅いな」と感じる時は、二人の関係がうまくいっていない場合が多いです。

ラブラブで関係がうまく行っているときは、やりとりのスピードが速いというのもありますが、片方が仕事が忙しいなどの事情で実際に返信が遅くても、お互いの愛情にあふれているため、それほど不安には思いません。

しかし、普段会っている時に感じる相手からの反応の鈍さが、返信の遅さとなって表れている場合は、それを不安に感じますし、「どうして早く返事をくれないんだろう…私に飽きたのかな?」などと気になるもの。

二人で会っている時にも何か違和感のようなものを感じ、心のどこかで引っかかっているため、余計に返信の遅さが気になるのです。

今までは感じなかった、相手からの情熱の減少を、無意識に感じ取っていることもあります。それが、返信の遅さという形で現れて、女性を不安にさせることもあるでしょう。

会話が弾まない

二人で会っていても、以前は楽しかった会話が、なんとなく弾まなくなったと感じた時も、二人の関係にすきま風がふいていると言ってもいいでしょう。

出会ってW不倫の関係が始まったばかりの頃は、二人でいつもくすくす笑い合ったり、ちょっとした会話がとても楽しかったはずです。

相手の男性やあなた自身が口下手なタイプだったとしても、二人で一緒にいれば、なんとなく楽しい雰囲気になっていたでしょう。
それが、一緒にいても、相手が会話に乗ってこなかったり、うわの空だったり…。そうなってしまうと、男性の気持ちが分からなくなり、不安になってきますよね。

ただ、男性の方に、二人の関係とは別のところで悩みがある可能性もあります。

自分との関係を終わらせたがっているのでは?とばかり疑うのではなく、彼の様子をよく見て、悩みがあるようなら、彼の話を聞く姿勢を見せるのもいいでしょう。

無理して話を聞き出そうとしても、恋愛相手の女性には弱みを見せたがらない男の人も多いです。なので、根掘り葉掘り尋ねる必要はありません。

ただ、あなたばかりが話すのではなく、彼が話し出すのを待つ姿勢は大切です。彼が打ち明け話をしたくなるような雰囲気づくりをしてみるのもいいでしょう。

セックスが気持ちよくない

相変わらずセックスはしているけど、前のように没頭できないとか、気持ちよさを感じられないときも、二人の心にすれ違いが起きていることが多いです。

男性は挿入して射精すればいつもと同じ快感を得ることは可能ですが、女性の場合はもっと複雑ですよね…。

特に相手の男性が、女性の気持ちよさを無視して、自分本位でしか動かなければ、快楽を得るどころか、女性にとってはセックスが苦痛になることもあります。

女性が気持ちよくなれるかは、男性側の相手の女性に対する愛情によっても大きく変わってくるもの。

男性って、相手に対して愛情がなくなってくると、セックスが雑になるとでもいうのでしょうか、露骨にセックス中の態度に出ます。惰性で行為を進めているとか、自分だけの快楽に集中しようとして女性の反応を気にしないなど…。

なので、彼と抱き合っても以前のように熱を感じないとか、雑に扱われていると感じるなら、彼の気持ちが離れている可能性が高いでしょう。

なにか気になることが他にあって、彼自身がセックスに没頭できないのかもしれません。彼も大人の男性ですから、仕事や家庭、子供のことなど、さまざまな事情を背負っているはずです。

色恋だけが全てという立場でもないので、彼が他に心配事があるようなら、少し様子を見てみるのもいいでしょう。

ただ、もし本当に彼があなたとの関係を終わりにしようとして、セックスにも身が入らない様子なら、下手にすがるよりも、キレイに別れた方が、あなたにとっても心のキズが浅くて済む場合もあります。

家庭を壊すような泥沼を招くよりも、後腐れなく関係を終わらせることもダブル不倫をする上では大事なことなのです。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

既婚男性との関係が上手くいかないと感じながらも関係修復できない既婚女性ならではの見逃しポイント

男性の本気度を見誤っている

そもそも、相手の男性は、このW不倫に本気なのかどうか、きちんと見極めることは大切です。

彼にとって、このダブル不倫がただの性欲解消のための関係なのか、身も心もどっぷりはまった純愛なのか…。それによっては、彼の態度から様々なことが分かるはずです。

たとえば女性が、関係がうまく行っていないと感じていたとしても、彼の方が最初から体目的の遊びのつもりで、飽きたら別れようとしていたのなら、彼の気もそぞろな態度も当然と言えば当然なのです。

もう彼にとっては、この関係が別れのフェーズに入っているのでしょう。そういうときの男って残酷ですから、相手の女性の話も真剣に聞こうとしませんし、ずいぶん傷つくようなことを言ってきたりします。

最初に言い寄ってきたときの彼はなんだったんだろう?と怖くなるくらい、別人のように冷たく別れを切り出してくる男もいます。

最初から体目的の浮気男は、深い関係になるまでは、手を変え品を変え、女性を落とすことに必死だったはずです。愛の言葉も囁きまくりますし、容姿を褒めたり、プレゼント攻撃もあったでしょう。

「君しかいない」「君に会うために生まれてきた」「君が運命の人だった」「もっと早く出会いたかった」など、歯の浮くようなセリフを言われた女性もいるのではないでしょうか。

しかし、一度体の関係を持ったところが、浮気男の気持ちのピークなのです。
そこを過ぎれば、もともと相手に対して本気ではないのですから、気持ちはどんどん下り坂になっていくだけ…。

男性の方から連絡をしてこなくなったり、「愛してる」などの言葉を全く言ってくれなくなったり。

W不倫をただの短い間の遊びと考えていれば、彼がそのうち相手の女性を丁寧に扱わなくなるのも当然の流れなのです。

女性の方は、なぜか関係がうまく行かなくなったと悩んでいて、男の方は、関係を終わらせるために、だんだんと距離を取ろうとしているなら、二人の気持ちは全く別の方向を向いているのですから、ぎくしゃくするのも無理はありません。

そんな場合は、女性側がいくら関係修復を願っても、うまく行かないでしょう。

女性がどんなに頑張っても、W不倫の関係修復が上手くいかないときは、彼の気持ちを最初から見誤っていたかもしれないと考えてもいいでしょう。

彼にとっては、この不倫は、最初から短い期間で終わらせるつもりの遊びだったのではないか、よく考えてみましょう。

もちろん、自分は本気で彼を愛していても、彼はそうではなかったと認めるのはとても辛いこと…。

しかし、あなたも家庭を持つ既婚者なのですから、夫や子供を裏切って彼と深い関係になった以上、誰にもその辛さを話せませんし、話したところで誰も同情はしてくれないでしょう。自分で辛さに耐えるしかありません。

幸い、あなたには大切な家庭があるのですから、そちらに気持ちを向けるようにしましょう。

女性の愛情が空回りしている

男性が不倫相手として既婚女性を選んだ理由が、軽い感じで、お互いに対等に付き合える関係を求めていたからだとしたら、女性がダブル不倫にのめり込み過ぎた場合、二人の関係のバランスが崩れてしまうでしょう。

既婚男性があえてW不倫を選ぶ場合もあります。

独身女性だと、「離婚して」とか、「結婚して」としつこくされそうで面倒だけど、お互いに既婚者なら、もっとドライにただの肉体関係として割り切れるはず、と既婚男性が考えることもあるのです。

しかし、女性にしてみれば、体だけで割り切る関係って難しいですよね…。どうしても、体にはまると、心まではまってしまう女性が多いのです。

なので、女性側が、W不倫の相手男性を好きになりすぎて、男性の方は戸惑っている状況ってよく起こることなのです。
男性の方が、女性の愛情深さを軽く見過ぎたとも言えるでしょう。

ただ、どんな恋愛でも、ある程度はお互いへの想いのバランスが取れていないと、うまく行きません。

片方の気持ちが重すぎると、ストーカーっぽくなったり、束縛しようとしたり、W不倫なら、「お互い離婚して一緒になろう」と詰め寄ったり…。

でも、既婚男性がそもそも、離婚する気はなく、後腐れもなさそうなダブル不倫を選んだとしたら、不倫相手に離婚を迫れれば、逃げたくもなるでしょう。

それに、女性側にも夫がいて、子供がいる人もいるはずです。
そう簡単には、壊してはいけないのが家庭なのです。
不倫には、確かに激しくのめり込むフェーズがありますが、家庭を壊さず、周囲に気づかれずに賢く付き合うのも大切なこと。

あまりに不倫相手の彼しか見えないような盲目的な状況に陥っているときは、一度自分の大切なものに目を向けてみましょう。

それは、一時の恋愛感情だけで簡単に手放してもいいものでしょうか?よく考えてみてください。

冷静に、客観的になること。
それが大人のW不倫にはとても重要なことではないでしょうか。

彼の仕事・家庭・不倫のバランス

お互いに既婚者で、仕事や家事、育児に忙しい毎日だとしたら、そこに不倫が入ってくれば、さらに忙しくなっても仕方がないことですよね。

それは女性も男性も同じ。
今は家事も育児も手伝う既婚男性も多いですし、女性だってフルタイムで仕事を持っている人も多いです。

そうなると、そこに不倫が加わった時、今までの生活リズムが崩れてしまうこともあるでしょう。

ただ、女性はもともと同時に色々なことをこなす、マルチタスクが得意な人も多いので、早い時点で、自分のペースを取り戻すこともできるでしょう。

ですが、男性が新しい生活のリズムに慣れるのは、女性よりも時間がかかることもあります。

男性は、他のことをしているときに話しかけられると、話の内容を全く覚えていないことがありますよね。それくらい、一点集中型なタイプが多いのです。

そんなとき、女性の方が少し余裕を持って彼のことを待ってあげることができないと、不安になったり、彼が自分と会う時間をさいてくれないことに対してイライラしたりすることになってしまうでしょう。

彼も、ダブル不倫の始まりの頃は、それでも必死にあなたのことを離すまいと、多少の無理をしてでも時間を作っていたはず。

少し関係が落ち着いてきた頃こそ、生活のリズムを崩した反動も出やすいのです。

会えない日々が続いているときは、「もしかしたら不倫に夢中になりすぎて、奥さんに怪しまれるといけないので、今は家庭の方に集中しなければならない時期なのかもしれない」などと、彼の状況を想像するのも大事なこと。

彼がうまくあなたとの関係を生活の一部として取り込むことができるようになるまで、多少のことでは不安にならず、彼を信じてみましょう。

彼があたふたしている時に、「どうして会えないの?」とか「もっと連絡してよ」などと責め立ててしまうと、「俺にはダブル不倫を続けるのはとても無理…」と諦めてしまうことにも繋がります。

ダブル不倫は、時間のやりくりも必要な関係ですから、慣れるまでは彼を温かく見守ることも大切なのです。

W不倫カップルがお互いの為にやっている事が原因で距離が離れてしまう理由

お金を稼ごうとする

不倫相手の男性が大金持ちでもないかぎり、ダブル不倫では食事代やホテル代などをワリカンにしているというカップルもいるのではないでしょうか。

女性側も既婚者なので、普通の既婚男性の懐事情も分かっていますから、全て男性に払ってもらうことはできないと思うもの。

奥さんが財布のヒモを握っている夫婦も多いので、本当は不倫相手の女性のためにホテル代や食事代を全部出してあげたくても、毎回は厳しいと思っている男性も沢山いるでしょう。

なので、二人が会った時に使うお金を稼ぐために、残業したり、在宅ワークをふやしてみたりと、努力しているカップルもいるでしょう。でも今はコロナの影響もあり、なかなか残業代を稼ぐのも難しい人も多いのではないでしょうか。

ただ、お金を稼ごうと働く時間をふやせばふやすほど、逆に二人が会える時間が減ってしまうのも現実…。

そういう意味では、どちらかが独身で、自由になる時間の付きやすい普通の不倫よりも、W不倫の方が関係を維持していくのが大変という一面がありますよね。

会う場所も、独身女性が相手なら彼女の部屋ということもできますが、ダブル不倫ではどうしてもホテルになってしまいますし、その分お金がかかります。

子供がいたりすると、家計もなかなか厳しいものがありますし、特に男性側は自由にできるお金というものも決まっている人が多いでしょう。

それでも付き合いを続けていきたいという二人の間の強い愛情がなければ、長く続けられない関係とも言えます。

魅力が増して、パートナーに疑われる

恋愛をすれば、男女ともに自分の外見が気になってくるものですよね。

女性は恋をすると自然にキレイになる部分もありますが、さらに磨きをかけようと、メイクを研究したり、髪にもいつも以上に気をつかうでしょう。

しかし、女性の夫からしてみれば、そんな妻の行動って怪しさ満点のはずです。
即不倫を疑われることがなかったとしても、妻のうきうきした様子が続けば、どんなに鈍感な夫でも、何かを感じずにはいられないのでは?

一方、男性側も、奥さんから「なにか怪しい」と思われてもおかしくありません。
男性って、愛する女性ができれば、ついニヤニヤしてしまったり、いつもより上機嫌になったり、素直に態度に出てしまう人が多いですよね。

それに、女性の方が恋愛関係では勘が鋭いところがありますから、夫のいつもと違う雰囲気にすぐにピンとくることもあるのです。

そして、不倫の当事者たちも、浮かれすぎて周囲が見えない状況でもなければ、そんなパートナーの疑いの目に気づくこともあるでしょう。

ダブル不倫がバレたくないと慎重になっていれば、自分がスマホをいじっているときに、夫や妻が投げかけてくる視線に何かを感じるときがあるはずです。

そして、実際に、妻や夫が自分のスマホの中身を確認しようとしているところに遭遇することもあるでしょう。

その結果、不倫相手に連絡を取ることもはばかられ、身動きが取れなくなることもあります。

恋愛をして魅力に磨きがかかったり、うきうきしてしまうのは仕方がないことではあるのですが、そのせいで、パートナーの監視が強くなり、不倫相手との距離ができてしまうのも、悩ましいことですよね…。

やはり、全くパートナーに勘づかれず、不倫を続けるのは、至難の業ともいえるでしょう。

会う時間を作ろうとする

会う時間を作ることは、ダブル不倫において一番大変なこと。

今までとは違う時間の流れを作らなくてはいけませんし、夫や妻に疑われずにその時間を組み込むのはとても難しいことと言えるでしょう。

会う時間を増やしたいと思って、時間をやりくりするのは、女性の方が上手かもしれません。

実際に友達に会ったり、趣味の教室に通うなどのかくれみのを用意しつつ、スキマ時間に不倫相手と会ったりする工夫も得意なのです。

しかし、男性の方は、ウソをつくとしどろもどろになりやすく、すぐに奥さん見破られてしまうので、下手なウソはつけませんから、不倫相手の女性に会う時間を作るのも一苦労でしょう。

そして、今はこのコロナ禍が、不倫をする既婚男性をさらなるピンチに陥らせているのです。

コロナ禍が起こるまでは、残業や会社の飲み会などという理由で、不倫相手との時間を作ってきた男性も多かったのです。
しかし、不景気になった上、自粛を要請される日々ですから、飲み会などという手も、もうほとんど使えませんよね…。

既婚男性にとっては、自分の時間を作るのが難しい時代になりました。なので、会いたくてもなかなか会えないような状況にもなりやすいのです。

会う時間を作ろうとすればするほど、パートナーの監視の目を厳しくしてしまう…。

今、不倫をしている既婚男性たちは、相当うまく立ち回らないと、不倫バレが起きやすい状況に直面しているのです。

既婚者同士の恋愛が上手く進まないと感じた時に関係を再燃させる為の対処法

一度関係を終わらせてみる

ダブル不倫がうまくいかないと感じた時は、きっぱりと一度別れを選んでみるのも二人にとってはいい方向に進む場合もあります。

時間的な制約などから、思ったようにダブル不倫が進展しないことも多いのです。
そんなときは、無理して関係を続けようとしても、悪い方へ転がってしまうことも…。

今はそのときではないと割り切り、一旦関係を終わらせてみるのも、二人にとっていい結果を生むこともあるのです。

関係を終わらせた後、忙しい毎日の中で、自然に相手のことが気にならなくなるようなカップルもいるでしょう。別れてみて初めて、相手の存在が自分にとってどれくらいの大きさかに気づくことってありますよね。

逆に、本当に愛し合っている二人なら、時間が経っても忘れられず、より熱い心でお互いをまた求めあうことになるでしょう。

二人の関係が煮詰まってしまい、どうしたらいいか分からないなら、一度相手から離れてみましょう。
そうすることで二人の本当の気持ちが見えてくることも多いです。

もし、別れても平気だと気づけば、それはそれでいいのではないでしょうか。もう一度きちんとパートナーと向き合い、家庭を大切にすることもできます。

泥沼化して周囲にダブル不倫がバレて別れるよりも、誰も傷つけず関係を終わらせることができたと感謝し、前に進みましょう。

二人きりで会わない

関係が停滞しているけれど、別れるのはイヤだな、と思うなら、二人きりで会うのをしばらくやめてみましょう。

いつも二人きりでホテルの中で会うような関係が続くと、逆に視野が狭くなり、相手の魅力を感じられなくなってしまうこともあるのです。

最初に二人が引かれた会った時を思いだしてみましょう。
出会ったころは、他に沢山の男女がいる中で、お互いだけが輝いて見えたはずです。

しかし、一旦深い仲になると、大勢の中で会う機会を避けますし、大勢がいる中で会ったとしても、お互いに素知らぬフリを通さなければならないので、相手を見つめることもできなくなります。

そんな状況では、出会ったころような感覚を取り戻すことは難しいですよね。

ですが、関係が停滞していると感じるなら、もう一度出会ったころの気持ちでお互いを見つめる機会を持った方がいいでしょう。

最近、彼と会うのはいつもホテルの中だけ…という関係になっているなら、しばらく二人で会うのをやめ、彼のことを文字通りもう一度見つめなおしてみましょう。

ただし、職場が一緒など、人の目が常にある環境では、あまり露骨な視線を向けると、周囲に関係がバレやすくなるので注意しましょう。

彼にとっても、あなたを大勢の中で客観的に見つめなおした時、やはり魅力的な女性と再確認することになるはずです。
そのためにも、いつも彼の腕の中に裸でいるわけではないと分からせることも大切なのです。

普段しないアクティビティに挑戦する

ダブル不倫は時間の融通も付きづらいですし、不倫ですから大っぴらに外で会うこともはばかられます。

しかし、そんな関係だからこそ、煮詰まってしまうことも多く、時には多少のリスクを冒してでも、刺激が必要なこともあるでしょう。

いつもホテルのベッドの上でのお互いの顔しか見ていなければ、マンネリになるのも仕方がないこと。

時には違う環境で、今まで知らないお互いの顔を見るのも刺激的なことです。

既婚者同士のW不倫で心の繋がりを確かめる方法&ダブル不倫相手の彼の本気度を見極めるサイン

ただ、ダブル不倫では、お互いに子供がいたりすれば、子供を通した知り合いも増えますし、外でデートすると、知り合いに会うリスクは増えてしまいますよね…。

レンタカーでドライブするにしても、絶対に誰にも見られないかと言えば、そうも言い切れません。

たとえば、山登りなどのアウトドア体験ツアーなどの同じアクティビティに、お互いが個人で参加を申し込み、そこでは初めて会ったようにふるまうなど、少し趣向を凝らしてみるのもいいでしょう。

二人の関係の停滞を感じた時は、どんな形でもいいので、いつもとは違う場所で顔を合わせて、お互いの新しい面を見せあってみましょう。

それでも相手に対して新しい魅力を感じられないのなら、もう関係も潮時、と考えてもいいのではないでしょうか。

ダブル不倫を長く続けるには忍耐も必要

ダブル不倫がうまく行っていないと女性が感じる時、そこには本当に関係の悪化がある場合もありますが、女性側の取り越し苦労ということも多いです。

もちろん、彼の方が一方的に関係を終わらせようとしている場合は、彼から連絡を絶たれたり、「ただの体目的の遊びだった」などと、ひどい言葉を浴びせられることもあるでしょう。

そんな男と関わってしまったら、さっさと別れて、人生勉強をしたと思うしかありません。辛いですが、この経験で、男を見る目が養われたと思えばいいのです。

ただ、二人で会ったとき、彼の愛情を疑いようがないと思うのであれば、女性側が勝手に不安になっているだけではないでしょうか。

女性って、恋愛をすれば、相手から常に愛に溢れる言葉をかけて欲しいし、会えない時間が長いのもイヤになりますよね。

ですが、男性にしてみれば、不倫関係を続けている時点で、相手を愛していると意思表示をしているつもりなので、出会ったばかりの頃のように頻繁に連絡したり、常に「愛している」と言葉にしなくても、女性も分かってくれると思い込みがち。

言葉や連絡が頻繁に欲しい女性と、言葉にしなくても通じ合えると信じている男性。
そこに男女の気持ちのすれ違いが起きやすくなるのでしょう。

ただ、お互いに家庭があれば、連絡するタイミングや、会える時間を見つけるのも大変なことですし、普通の恋愛のように長い時間一緒にいることもできません。
そこがダブル不倫の辛いところ。

そんな大変な関係でも、相手を心から愛していて、長く付き合いを続けていきたいと思うなら、女性側も不倫相手の男性からの愛情表現ばかり求めず、会えない時間、二人の間の愛を信じることも必要です。

相手が仕事などで忙しいと分かっているのに「会いたい」と無理を言ったり、「愛してる?」などと常に聞くような重い女になるのはやめましょう。

きちんと家庭、仕事、恋愛のメリハリをつけ、彼に会えた時は、精いっぱい愛をかわし合い、彼に会えないときは自分の感情の爆発を抑えるように我慢する。

ダブル不倫は不倫の中でも難度が高い関係。その分、大人のとしての忍耐も問われるものなのです。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.