不倫

不倫から略奪を望んでいる人に訪れる注意点とリスク・略奪婚を確実に成功させるための方法

不倫で始まった恋愛にはまり、「彼が本気で欲しい」と思いはじめる女性は少なくありません。ただ、奥さんから彼を本気で略奪したいと思って行動したとき、注意するべき点やそれによるリスクも、もちろんあります。

そこで、この記事では、不倫から略奪を望んでいる人に訪れる注意点とリスクを見ていきたいと思います。自分が不幸にならないためにも、リスクは事前に知っておきましょう。また、略奪婚を成功させる方法も伝授したいと思います。

奥さんから「彼を奪いたい」と感じる瞬間

奥さんより自分が先に出会っていたらと考えてしまうとき

不倫をしている女性が、どうしても彼を奥さんから奪いたいと感じる瞬間って、いったいどんな時なのでしょうか。

もちろん、誰だって不倫の恋愛が盛り上がっている時は、彼を自分だけのものにしたいと願うものです。けれど、積極的に奥さんから略奪しようとして行動に移すことは、やはりためらってしまうはずです。

人のものを取るのはいけないこと、と子供の頃から教えられてきていますし、さらに近年の不倫芸能人へのバッシングのすごさを見てしまうと、さすがに略奪しようと思うことにすら、ためらいがあるでしょう。

そもそも、不倫だってしたくてしてるわけじゃない、という人がほとんどですよね。何も、彼が既婚者だったからという理由で、好きになるような女性はいないでしょう。もしいるなら、それは本気の恋愛の不倫というより、ただの既婚者好きという、ある種のフェチです。

また、好きになった男性が、自分が出会ったときは、すでに結婚していただけ、と思って不倫をしている人も多いでしょう。

そして、無性に彼を自分のものにしたいと思うのは、「もし、奥さんより自分の方が早く彼と出会っていたら…」と考えてしまうからではないでしょうか。

彼と奥さんのなりそめを聞いたことがある人もいるかと思います。
その時、「なんだか彼は奥さんにぐいぐい押されて結婚したようだな」と感じると、さらにその思いを強くしてしまうでしょう。

20代前半などの若い頃に結婚した男性って結構いますよね。そういう男性って、カッコいいタイプも多いと思いませんか?

普通、カッコよくてモテるタイプの男性なら、若い頃はある程度遊んで、少し歳を取って落ち着いたころに結婚するイメージがありますよね。

でも現実には、素敵な男性がいれば女性は放っておかないので、男性が結婚とは何か?などと考えるヒマも与えずに、自分のものにしようと積極的に動く女性がいるからでしょう。

ただ、若い頃にそういう結婚をした後、不倫に走る男性ってとても多いです。

こういうタイプは昔からモテるので、自分からガツガツ行かなくても、いつも女性が積極的に動いてくれるので、恋愛で苦労したことがありません。

若くして結婚をしたのも、今の奥さんが段取りをどんどん決めていって、自分はまあいいかなとあまり何も考えず、気づいたら結婚式を挙げていたという流れです。

そんな風に、若い頃に結婚し、子供も生まれて、さらに仕事で忙しい毎日の中で、いつの間にか奥さんとは、会話もなくなっていったというパターンにおちいる人も多いでしょう。

結局、もともとの奥さんとの関係に原因があるのでしょう。
恋愛をしている時は普通に好きだったけれど、結婚生活を続けているうちに、長い人生を一緒に歩むほどの情熱も、相性の良さも足りなかったと気づくのです。

彼の方も、自分から積極的に人を愛する経験がないまま結婚してしまったので、カッコいいのに恋愛下手だったりします。

こういうタイプの男性が、自分が本気で好きだと思える女性に出会ってしまうと、今の奥さんとの恋愛がいかに受け身で、自分の中に本当の愛情がなかったかということに気づくのです。

そんなパターンで彼が不倫を始めたのなら、彼の愛情表現が不器用だったり、初めて恋をした人のような雰囲気を出してくるので、最初はあなたの方も戸惑うこともあったはずです。

でも、不器用ながらも、あなたのことを心から好きなんだな、ということは伝わってくるでしょう。そんな風に愛してくれる彼と出会うのが奥さんよりも早かったら、普通に恋愛して結婚していただろうと思うと、あきらめきれなくなりますよね。

彼を運命の人だと思ってしまう時

何もかもが、彼が自分の運命の人と指し示しているような気持ちになるときもあるでしょう。初めて出会った時のこと、親しくなってきた過程、二人の気持ちが通じ合った瞬間など、振り返ってみると運命としか思えないようなことが沢山あったのではないでしょうか。

出会うべくして出会ったと思う相手っていますよね。

例えば、自分がこの会社のこの部署にこのタイミングで配属されなければ知り合うことはなかっただろうとか、二人を近づける特別なアクシデントもないのに、お互いにどんどん魅かれてしまうような相手って、運命を感じますよね。

ですから、運命の人なら一緒になれると思うと、一層彼を奪いたいという気持ちになることはあると思います。

波長がとにかく合う

彼との相性がとにかく良いという時も、結婚して一緒に暮らしたいと思う気持ちが募るでしょう。

確かに、すごく相性がいい人っているんですよね。あなたが話すことは何でも楽しそうに聞いてくれたり、一緒にいるとき、とてもリラックスできるような波長の合う相手だと、お互い居心地がいいですよね。

セックスの相性なんかよりも、セックスをしてない時にどれだけ一緒に時間を楽しめるかというのは、とても重要です。そういう相手だったら、結婚してもうまくいくだろうな、と思うと、彼が欲しくなるのも仕方ありませんよね…。

結婚は生活を共にするということですから、恋愛のときのように会いたいときに会って、それぞれ自分の住む場所に帰るというわけにはいきません。波長が合わない相手と一緒に暮らしていると、イライラが溜まったり、会話がなくなったり、居心地の悪さを感じるでしょう。

ですから、不倫相手の彼と一緒にいると、自分らしくいられてとても楽だと感じてしまうと、彼を奪いたいという気持ちになるでしょう。

奥さんが彼を大事にしていないと感じるとき

奥さんが彼のことを大事にしていないと感じると、怒りすら感じてきますよね。より一層、離婚して自分と一緒になってくれたらいいのに、と考えてしまうでしょう。

不倫相手に奥さんの悪口を言うのは、あまり素敵なこととは言えませんが、積極的に悪く言わなくても、彼の口からポツポツ出てしまう時はあるでしょう。

例えば、家庭ではお互いに話すことがなくて何日も口をきかない時があるとか、ひどいときは彼が話しかけても無視するとか、彼が育児や家事を手伝っても文句ばかり言われるなど…。

不倫をすることになったのも、そんな風に彼が家庭で安らげなかったせいかもしれません。

奥さんが彼のことを大事にしていないというのが、言葉の端々に感じられる時、自分だったら彼にこんな思いをさせないのに、と彼を略奪したくなるでしょう。

ただ、不倫相手の女性の同情を引くために、家庭内不和だとウソをつく男性もいるので、その点は気をつけましょう。

不倫から略奪!女性が気を付けるべき見逃しがちな恐ろしい注意点

周囲の批判にさらされる

では、不倫から略奪をしようとしたとき、女性が気を付けなければならない、注意点っていったいどんなことなのでしょうか。

まず、あなたが不倫をしていることが仮にバレた時は、周囲からの批判はまぬがれないでしょう。

今も、芸能人の不倫に世間はあーでもないこーでもないと大騒ぎですよね。
昨今は特に、インターネットで誰でも気軽に自分の意見を発することができるので、不倫をした芸能人に対する批判は苛烈なものがあります。

その風潮もあり、不倫がバレた時はただではすみません。さらに、略奪までしたとなったら、悪女の烙印を押されることは間違いないでしょう。

不倫がバレなければいいのですが、略奪しようという気持ちが生まれると、自分の気持ちに集中してしまい、周囲にまで目が行かなくなります。

そうなると、相手の男性への好意を隠すことができなくなって、不倫が露呈しやすい状態になってしまうでしょう。その点には特に気を付けて、略奪しようと思ったときこそ、自分の気持ちを押し殺すような努力は必要になってくるでしょう。

奥さんからの復讐

彼の方もあなたと一緒になりたいと望みはじめ、離婚を考えるようになってくると、一緒に暮らしている奥さんも、何か変化を感じるでしょう。不倫をしている二人の気持ちが、未来へ向けば向くほど、周囲に関係がバレやすくなるものです。

そんな時、奥さんが夫が不倫しているかもしれないと疑えば、探偵などを雇い、夫の行動を調査するようなこともあるでしょう。また、夫のスマホをなんとか盗み見ようと試みて、彼が寝ているスキを狙ったりするかもしれません。

そんな風に、奥さんにあなたと彼の不倫が突き止められたら、奥さんは夫というより、あなたへの復讐をまず考えるはずです。一度は愛した夫ですから、最初に奥さんの矛先が向くのは彼ではないでしょう。

単に慰謝料を請求されるだけではなく、あなたの実家や勤め先に不倫をバラしたり、どんなことをしてでも、あなたを社会的に制裁しようと考える奥さんもいるはずです。

お金を支払うのも大変なことですが、不倫をしていたことが周囲にバレるのも、当然かなりのダメージを受けます。

彼の奥さんの性格にもよりますが、ねちっこく、残酷なタイプの女性の場合は、特に注意が必要でしょう。(ただ、そんな性格だから、彼の心が離れてしまうのだとは思いますが…)

また、LINEなどの連絡も、もう二人の気持ちが固まってきたのなら、お互いを信じて、控えるようにすることも必要でしょう。二人でゆっくり会うのも、もう離婚が成立してからでいい、という覚悟があってもいいでしょう。

時間が経っても噂は付きまとう

短期的なものではなく、じわじわと長期的にボディーブローのように効いてくるのが、この「噂」というものです。特に今はネット社会なので、人のうわさも七十五日という訳にはいかなくなりました。

芸能人なんて不倫すれば永遠にネットにそのことを書かれ、どんなに素晴らしい活躍をしたとしても、結局「でも昔不倫してたよね~」という一言で片付けられてしまうのです。人間って残酷ですよね…。

それは、一般人だから大丈夫、という訳でもありません。人間が生きている世界は意外と狭いものです。誰も知り合いがいないような海外にでも行かない限り、どこかであなたの過去を、物知り顔で言いふらす人間が出てくるでしょう。

不倫からの略奪婚というのが周りにバレると、後々まで「あそこは略奪婚なのよ」とうわさする人も出てくるでしょう。

もし、あなたと彼の間に子供ができれば、いずれ物心ついてきた頃に、子供同士のケンカや言い争いで、普段親から聞かされていることを、意味も分からないまま、ぶつけてくることもあるでしょう。

自分の子供が、「お前のパパとママはふりんだったんだぞ!」なんて言われたらと考えると、ゾッとしますよね。ですから、略奪婚に最も重要なことは、不倫がバレないようにすることです。

そうしないと、死ぬまで口さがないことを言ってくる噂好きな人間はいます。
本当に、自分は何も悪いことをしたことがないと思っている、そういう噂好きな人たちって、かなり罪深いと思います…。

もし、彼との略奪婚が成功し、何かと噂する人がいても、あなたと彼が一緒になれて幸せなら、何を言われても平気だと、鋼のメンタルを持つことも大事になってくるでしょう。そのくらい腹をくくって、略奪婚をしたはずです。

何をしていても、人のことをあれこれ噂したがる人はいるものです。そんな人のことは、「寂しい人なのね」、と憐れむくらいで丁度いいのではないでしょうか。

「彼を奪いたい」と既婚男性を略奪するため行動した女性に訪れるリスク

不倫がバレる

彼を奪いたいと思い、色々と行動を始めた時、女性に訪れるリスクは色々あります。
まず、一番最悪なのは、不倫がバレることでしょう。

略奪する際、女性側のメンタルは戦闘モードになります。
「略奪」という言葉自体がアグレッシブなイメージなので、つい「奪ってやるぞ!」と鼻息荒くなってしまうところもあるはずです。

彼への愛情も、奥さんよりも自分の方が強いんだぞ!と思ってしまうと、彼に対する好意を隠さなくなり、周囲にも不倫がダダ洩れしてしまうことになってしまいます。そういう時の女性って、周りが見えていないことが多いでしょう。

愛情深いことは確かに大切ですが、まだ不倫の段階では周囲にその気持ちを悟られるようなことは控えましょう。

逆に、略奪すると決めたら、今までよりも冷静になるくらいでないと、うまくいきません。いつも自分の感情をうまくコントロールできる人が、大人の恋愛を制することができるのです。

彼が離れていく

略奪しようとする気持ちが強すぎると、不倫相手の彼が引いてしまうというリスクもあるでしょう。

逆の立場になってみれば分かると思いますが、どんなに相手のことを愛していても、不倫がバレたら困るタイミングも分からず、大胆に迫ってこられると、困ってしまうはずです。

例えば、職場などの人目がある中で、思わせぶりな視線を送ってきたり、二人っきりの時のような親密さを出してきたり…。

あまりにも略奪しようという気持ちがたかぶると、焦りも出て、今まで慎重に不倫を続けてきたのに、ついぶち壊すような行動をとってしまうこともあります。

相手のことを本当に大好きなのに、その気持ちを抑えて行動するのはとても難しいことです。でも、不倫は、そんな制限の上に成り立つ関係なのです。

そして、物事には順序があり、やはり彼がきちんと離婚をしてからでないと、結婚できないのは当たり前ですよね。二人の気持ちは本物なのだから、早く離婚してもらって結婚したい!とこちらがいくら思っても、男性が行動を起こさなければ事は進みません。

そして、男性って、せかされるのが大嫌いです。どんなことをしていても、女性に「早くしてよ!」と注意されると、すぐに不機嫌になって、ますます物事のスピードが落ちてしまいます。

あなたは彼に早く離婚への準備を始めて欲しいのに、彼がそうしてくれないと言う時は、ケンカになりやすいでしょう。確かに、待たされる身になってみれば、さっさとしなさいよ!と怒りたくもなりますよね。

でも、そういうケンカが積み重なっていくと、彼はこの不倫関係にうんざりしてしまうでしょう。彼が離れてしまうことも十分にありえます。

ただ、彼が待てど暮らせど一向に離婚する気配がないという場合は、いくら彼が「もうすぐ離婚するつもりだ」と言っていたとしても、それは口だけということでしょう。

そんな場合、あなたが自分で期限を決めるといいでしょう。彼にはっきり通告するのもあなた次第です。「わたしはあと一年しか待たない」など、はっきり伝えてみましょう。

それ以上待つのは情も移りますし、本当は一年でも長いくらいかもしれません。あなたの貴重な時間を彼のために無駄にせず、はっきり答えを出さないなら、見切りをつけた方がいいでしょう。

全てを失う

不倫をして、略奪しようと思っても、なかなかうまく行かないということもあるでしょう。

不倫をすれば分かると思うのですが、普通の恋愛以上に、自分の思い通りにならないことの方がずっと多いですよね。彼が自分の思う通りにすんなり離婚してくれて、自分と一緒になってくれる方がレアケースと言えるでしょう。

ただ、自分の思い通りにいかないなら諦める、というならそれもいいでしょう。彼とは手を切ってさっぱりし、新しい恋に向かうのも素晴らしい決断です。

逆に、諦めきれず、略奪もなかなか進まずにイライラしてしまい、自分から不倫がバレるような行動を招くこともあります。精神的に不安定になって、自分から周囲にバラしてしまうような最悪なパターンもあるでしょう。

そういう風に、不倫からの略奪にこだわってしまうと、彼だけでなく、友人や仕事まで失うことにもなりかねません。

どんなにこちらが頑張っても彼が離婚してくれないのなら、やはり未練をどうにか断ち切って、前を向いて生きていく方が未来は明るいものになるでしょう。

略奪を成功させるための効果抜群なリスク回避方法

不倫していることは誰にも話さない

では、略奪愛を成功させ、その際リスクを回避するためにはどうすればいいのでしょう。

まず最も効果的なリスク回避の方法は、不倫をしていることは誰にも言わない、ということに尽きます。

不倫の最大のリスクは奥さんや周囲にバレることですよね。そして、略奪愛を成功させるためにも、不倫はバレない方がいいに決まっています。バレた途端、あなたと彼を引き離そうとする人たちが現れるからです。

どんな大親友にも、不倫をしていることは話すべきではありません。今の時代、不倫をこれだけ叩く風潮が蔓延していれば、どんなに親友と言っていても、その人が不倫に対してどんな風に思っているかは分かりません。

もしかしたら小さい頃、自分の親が不倫をしていて、不倫を憎んでいるかもしれませんし、自分自身が彼氏や夫に浮気をされて苦しんだ経験があるかもしれません。親友だからと言って、起きたことの全てをあなたに話しているとは限りませんよね。

そんな相手なら、あなたが不倫の悩みを打ち明けたとたん、豹変する可能性もあります。そうなったら、今まで親しくして、色々な話をしてきた分、怖い敵になるでしょう。

さらにもし、あなたの方は親友と思っていたとしても、向こうにはあなたに対する嫉妬心やライバル心があった場合は、あなたの秘密を友人や職場にバラすようなことも考えられます。

人は、腹の中でどんなことを考えているか分かりません。
もちろん、自分の親友はとてもいい人間だから、絶対にそんなことをしないと思う人もいるでしょう。でも、いい人はいい人なりに、『あなたのためを思って』という理由から、不倫をあなたの家族に相談したり、他の友人に話すこともあるのです。

そんなことをするのも、その人にとっては『あなたのため』なので、罪悪感もなく、逆にあなたのために良いことをしたと考えるでしょう。こういうタイプも怖いですよね。

そして、一人にバレると、ネズミ算のように、話はどんどん広がるものです。なので、最初の一人を作らないように気を付けましょう。

二人で一緒にいるところは絶対に見られないようにする

略奪婚を考えているなら、あなたと彼の将来のために、不倫は絶対にバレない方がいいでしょう。

自分が不倫のことを誰にも話さずにいても、二人が一緒にいるところを見られたら、不倫はバレますよね。

例えば、あなたと彼が同じ職場の場合、終業後に二人が一緒に歩いているところを同僚に見られたら、その人はなんと思うでしょうか。たまたま帰り道が一緒なんだな~、とその同僚は思ってくれるでしょうか?

答はNOでしょう。やはり恋愛関係にある人間同士の親密さのようなものが、二人でいると雰囲気からにじみ出てしまうものです。よほど鈍い人に見られたのでない限り、すぐに二人が付き合っているのではないか、と噂が広まるでしょう。

特に、男性よりも女性の方が恋愛関係には敏感なものです。外で二人が一緒のところを見かけたことによって、「そういえばあの二人って会社でもなんか親し気な雰囲気だったよね」などと、色々なことを関連づけていき、「二人は絶対にできている!」と確信するでしょう。

その点、男性の場合は、そこまで深読みしないので、たまたま帰る時間が一緒だったのかな、と思ってくれることもあるでしょう。ただし、休日に二人で出歩いている時に会えば、男性と言えども見られたらOUTでしょう。

不倫中は、本当に注意しないと、どこで誰が見ているか分かりません。今はスマホですぐ録画や撮影ができるので、証拠として残されてしまうのも簡単です。

東京などの大都会なら、人口も多く、人が集まるスポットが分散されているので、よほど顔が広い人でない限り、地元の駅を避ければ、知り合いに偶然会うことも少ないでしょう。

しかし、人が集まるようなにぎわう場所が決まっているような地域に住んでいるなら、不倫相手と外を二人で出歩くのは、かなりリスクがあります。

やはり、自分の住んでいる街の規模を考え、知人に会いそうなところは避けるべきですし、そんな場所しかないというなら、彼がきちんと離婚するまで、二人っきりで外を歩くことは避けましょう。

そんな風に、不倫は行動が制限される窮屈な関係でもあります。もしそれが耐えられないと思うのであれば、不倫や略奪婚をするのは、やめた方がいいでしょう。

彼氏がいるフリも効果的

周りには彼氏がいると思わせておくのも、不倫を疑わせない効果的な方法でしょう。もちろん、彼氏がいても不倫する女性もいるので、完璧とはいえません。

ですが、あれこれと周りから勘繰られることを減らすためにも、付き合っている彼氏がいると言っておくのも一つの手でしょう。

恋愛している女性って、自分で気づかなくても、周りから見るとどんどんキレイになっていくので、「男ができたんじゃない?」と騒ぐような、うるさい外野もいます。
大体、そういう人たちって、暇なんですよね。一番の娯楽が、人の恋愛話なのでしょう。

そんな人にとっては、近くにすごくきれいになってきた女性がいて、それなのに彼氏はいないと言っていたら、「不倫でもしてるんじゃないの?」と、冗談半分で勘繰るには格好のターゲットになるでしょう。

その人にとっては冗談半分でも、こちらはそんなことを言われると焦りますよね。
そんな冗談のような一言がきっかけで、実際に不倫がバレることに繋がらないとも言い切れません。

ですから、こういう噂好きな人物から「彼氏でもできたの?」と言われたら、「学生時代からの友人と付き合うことになって」などと言っておきましょう。その方が、妙な噂は立ちにくいハズです。

その際、彼氏の写真を見せて!なんて言われてもひるまず、「そんなにカッコよくないから見せたくない」と言ったり、それでもしつこい場合は、「セクハラですよ!」と笑ってごまかしましょう!

架空の彼氏として、おおまかにプロフィールを作っておくのもいいでしょう。詳細に嘘をつくと、収拾がつかなくなるので、自分が覚えておける範囲で、彼の性格や容姿などを決めておけば、噂好きな人たちにしつこく聞かれたとき、すらすら答えられるでしょう。

円満に不倫から略奪婚を成功させることができる女性が仕掛ける秘密の罠

奥さんを絶対に批判しない

では、不倫から略奪婚を成功させる秘訣ってどんなことなのでしょう。

まずは、彼がどれだけ奥さんに対して批判的なことを口にしても、あなたがそれに乗っかって一緒に批判するのは絶対にやめてください。そして、彼が落ち着くまでその場を離れるなどして、彼の感情の波が静かになるのを待ちましょう。

あなたも彼に同調して奥さんのことを悪く言ってしまえば、その場は盛り上がり、彼も喜ぶかもしれません。でも、彼が冷静になって後から考えた時に、一緒に悪口をいうような女性だと思うと、確実に彼のあなたへの愛情は減るでしょう。

本当は彼が奥さんを悪く言えば言うほど、あなたはそれを喜んでいい立場のはずなのにと、彼は思いますよね。でも、そこできちんと自分を律し、彼の言うことに耳を貸さなかったことは、彼にとっては賞賛に当たる態度のはずです。

友人同士でもそういうことってありますよね。その場にいない人の悪口を言って盛り上がるのは簡単です。そして、その場では連帯感のような気分を味わえるのですが、その場が解散してしまえば、今度は悪口を言われるのは自分かもしれないと不安になるものです。

ですから、その場では、悪口に乗らず、別の話題にそらそうとしていた人がいたら、「ノリが悪い奴だなー」と言う人もいるでしょうが、後から振り返った時、人として信頼できると感じるものなのです。

そんな風に、まずは彼からの信頼を深める努力をしましょう。それには、ライバルとも言える彼の奥さんの悪口は絶対に言わない、という態度を貫いて、信頼に値する人間だということを示しましょう。

耐え忍ぶこと

忍耐と言ってしまうと、時代錯誤で、古くさいように感じますが、不倫から略奪婚へと進むためには、何度もあなたの忍耐力が試されることになるはずです。

不倫関係がバレずに離婚をするためには、二人が会えない期間も必要になってくるでしょうし、証拠となりやすいスマホを通した連絡さえも控えなければならない時もあるでしょう。

そう考えると、忍耐力が欠けていたら、略奪婚を円満に成功させることなど絶対にできません。不倫が大人の恋愛と言われるのも、精神的に大人として成熟している人でないと、耐え忍ぶと言うことはできないからなのです。

いつも自分の感情や都合を優先して、それが当たり前だと思っている人には、不倫は無理ですよね。

独身同士の恋愛なら、人前でぎゃあぎゃあ騒いで感情をぶつけあってケンカするのも許されるでしょう。でも、いつも感情をぶつけ合うような関係って長続きしません。

不倫はどうしても女性側が我慢を強いられたり、男性の都合を飲まされるような理不尽なことも多いでしょう。

既婚者である男性が、子供の行事や奥さんの実家の集まりにどうしても参加しなければならず、約束をキャンセルされた経験がある女性もいるはずです。そのたびに、自分は優先されることがないんだと、苦しい思いをするでしょう。

そして、彼への愛がなければ、とっくにこんな面倒で苦しい不倫関係なんてやめていますよね。でも、彼を愛しているから、なんとか苦痛にも耐えることができるのです。

もし、自分には忍耐力なんてないし、そんなこともしたくないなら、不倫したり略奪したりということは考えない方がいいです。耐える力がないと、不倫は簡単にバレてしまいますし、周りの沢山の人を巻き込み、苦しめることになるからです。

一定期間彼と会わない

略奪婚をするためには、まずは彼が離婚をしなければなりません。
もし、彼が奥さんと別れる決意がなかなかできないようだなと思ったら、一定期間、彼と会わないようにしてみましょう。

同じ職場なら、有給をとったり、家族が病気だとウソをついてでも、彼と顔を合わせない期間を作りましょう。長ければ長いほどいいですが、仕事の都合上、そうも言っていられない人もいるでしょう。その場合は、数日でもかまいません。

とにかく、彼に自分の顔を見せず、一切の連絡も絶ってみましょう。彼が本気であなたを愛しているなら、あなたに会えなくなったり、連絡がつかなければ、真剣に離婚のことも考え始めるはずです。

逆に、あなたに会えなくなっても別にへっちゃらで、このまま他に不倫相手を探せばいいや、なんて考えるような男なら、こちらから別れてやってもいいくらいの最低な男ということです。

もし、あなたから一切連絡をしなければ、向こうからも何も言ってこないような男性なら、別れることを考えた方がいいでしょう。

結局、彼の方でいつまでも離婚を決断できないままでいると、ズルズルと不倫関係を続けて時間を無駄にするのは女性の方なのです。

その間、彼の方は、子供がいればどんどん成長していくでしょうし、奥さんが再び妊娠して子供ができるということもあるでしょう。

不倫中に奥さんが妊娠するということは、どんなに彼が口では奥さんのことを悪く言っていたり、夫婦仲がうまくいっていないと言っていたところで、セックスしているということです。それなりに夫婦うまくやっているということなのです。

もし、そんなことがあれば、不倫をしている女性はショックですよね…。自分は結局彼の何だったんだろう、奥さんが妊娠していたときのためのセフレ?と思っても無理はありません。

自分の方は、彼のことを信じ、心から愛していたとしたら、これほど、屈辱を受けることってないんじゃないでしょうか。そして、赤ちゃんが生まれてしまえば、すぐに離婚なんてできるわけがありません。彼にもそんなつもりは毛頭ないでしょう。

ですから、そういう現実があるにもかかわらず、彼は奥さんよりも自分を愛していて、離婚する気があるのだ、と自分にウソをつくのはやめましょう。

不倫をする際は、きちんと現実を見て、それを冷静に判断することも大切です。

もし、不誠実な男性と不倫関係になってしまったと分かったら、それはそれで、自分が愚かだったと認め、次に恋愛をするときは、素敵な男性を選べるようになったんだ、と前向きになった方が自分の立ち直りも早いはずです。

不倫から略奪婚を成功させるには忍耐が必要!

不倫相手を奥さんから奪い、略奪婚を成功させるにはどうしたらいいか見てきました。
略奪を考えている時は、攻撃的な気持ちにもなりやすいです。

不倫相手の彼に対してうまくいかないイライラをぶつけてしまったり、彼に対する愛情は自分の方が強いのだと見せつけたくて、人の目があるところで彼にラブラブな態度を取ってしまい、周囲に不倫していることがバレるリスクが高まります。

結局、不倫から略奪婚を成功させるには、忍耐力が必要なのです。

彼に離婚して欲しいと思っても、自分の思うようには進まないでしょうし、不倫から略奪婚をしたと後々まで噂されないためには、不倫がバレないよう、彼の離婚話が進んでいる最中は会うことも連絡することも控えなければならなくなります。

そんなとき、もう耐えられない!と簡単に投げ出すようなタイプは、略奪愛を成功させることはできないでしょう。結局、略奪婚に成功するのは、忍耐強いタイプの女性と言えるでしょう。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.