不倫

天然な魔性の女に既婚男性が魅了されるのはなぜ?魔性の女の特徴と男性が骨抜きにされる理由

天然な魔性の女にこそ既婚男性は惹かれやすいものです。

既婚男性は結婚してから恋愛から遠ざかっている時間が長いため、そんな魔性の女性に一度魅了されてしまうと心を奪われやすく、その女性を追い求めたくなります。

既婚男性が魔性の女にハマり、魅了される理由をご紹介します。

天然な魔性の女が持つ特徴&魔性要素を取り込むテクニックを参考にして、目当ての既婚男性を必ずゲットしましょう!

既婚男性から見て天然な魔性の女は彼の目にはこう映る!魅了される理由

放っておけない

天然の魔性の女性って、肌を露出したり、胸などを強調した服を着ているわけでもないのに、どこか女性としての色気を感じさせ、いつも男性からモテます。

フェロモンと言われればそういうものなのかもしれません。本人が意識的に出しているつもりがなくても、男性たちはその女性が出している『何か』に惹かれてしまうという部分はあるでしょう。

それは、外見の美しさやスタイルの良さともまた違います。
例えば、美人でも魔性の女性とは言われない人もいますよね。逆に、外見は普通でも、いつも彼氏が途切れない女性もいるので、不思議なものです。

それに、魔性の女性と一言で言っても、性格も様々です。

ですが、既婚男性側から見ると、なんだか放っておけないタイプなのは間違いありません。

その女性がしっかりしていないタイプというわけではないのです。
ただ、何をしていても、彼女の様子が気になったり、なんとなく手を貸してあげたい気持ちになるんですよね。

それはもう、その女性が持って生まれた素質だと言えるでしょう。そんな女性が同じ職場にいると、男性も仕事が手につかなくなったり、落ち着かなくなるということはありそうです。

その女性本人は意識してモテようとか、男性の気を引こうとしていないので、いつも男性から言い寄られて困惑している人も中にはいるでしょう。

男女関係のトラブルにも巻き込まれやすいので、自分が魔性の女タイプなら、色々と気を付けなければならないので大変ですよね…。

他の男にとられそうでヒヤヒヤ

既婚男性にとっては、彼女はどうしようもなく惹かれてしまう女性なのですから、いつも他の男性が彼女に近づいていかないか内心ヒヤヒヤものでしょう。

確かに、天然の魔性の女性には、いつも男の影がちらついています。

こういうタイプの女性がいると、周囲の男性はお互いにけん制しあいながら、彼女のそばにまとわりつきがち。その中にはもちろん既婚男性もいます。

天然の魔性の女というのは、そんな風に自分が意図していなくても、虫が寄ってくる美しい花のような存在なのです。

こればかりは、男性を引き付ける何かを持って生まれてきた宿命のようなものでしょう。

ですから、既婚男性が魔性の女性に惹きつけられてしまうと、常に彼女のことが気になりますし、他の男に奪われないかと気が気ではなくなります。いつも彼女のことを考えてしまいますし、家庭でもうわの空になることが多くなります。

そういう意味では、普通の女性との不倫よりも、魔性の女性を好きになった時点で奥さんに勘づかれやすいでしょう。そして、魔性の女性に一度魅入られた既婚男性の心を引き戻すのはとても難しいのです。

女性側には罪はありませんが、夫がこういうタイプの女性を好きになってしまうと、奥さんは普通の女性を相手にするよりもずっと、辛い気持ちをさせられることになるのです。

気持ちが分からないのでいつも気になる

魔性の女性は、本人にそんな気持ちはないのに、「何を考えているのか分からない」などと言われがち。ミステリアスな雰囲気があるなどと勝手に思われることも多いものです。

ただ、女性側には、そんな自覚はありません。ある意味、男性側がなかなか手に入らない彼女に勝手なイメージを持ってしまうのでしょう。

男性側が訳も分からず惹きつけられるのと同じように、天然の魔性の女性には、同性に嫌われる人はそれほどいません。同性でもつい憧れてしまうような素敵な女性も多いです。

もちろん、モテるからという理由で、彼女のことをうっとうしく思う女性もいるでしょう。陰で色々言う人はどこにでもいますから…。

さらに、もし夫がこのような女性に夢中になったなら、その女性がどんなに素敵な人でも、奥さんとしては激しい憎悪の対象になることもあります。

ただ、天然の魔性の女性も性格は様々。
それを上手に利用してうまく自分の人生を泳ぐ人もいれば、男性から性的な目で見られるのがイヤでたまらないと思っている人もいます。モテすぎるゆえに苦労が絶えない魔性の女性もいるのです。

既婚者の男性を簡単に魅了する”天然な魔性の女”の特徴

どんな男性にも同じ態度

まず、既婚男性まで惹きつけてしまうような魔性の女性は、決して男性を区別しません。

職場やコミュニティの中で、周りからちょっと敬遠されるようなタイプの男性でも、反対に多くの女性からモテモテの男性だったとしても、基本的に同じ態度で接します。

天然の魔性の女性は、相手によって態度を変えないため、男性にとっては接しやすく感じるのです。
それに、男と見ればキッと敵視するような女性とは正反対で、男女問わず、人に対して物腰が柔らかいので、誰からもモテまくります。

モテる女性というのは、まず拒絶の態度から入りません。中には、自分のタイプではない男性には、露骨に嫌な態度や顔で「何か?」とつっけんどんに相手をする女性もいますよね。

そういう女性は間違いなく自分の好きなタイプの男性からも相手にされないものです。

天然の魔性の女性は、男であろうが女であろうが、カッコいいからとか、権力があるからということを根拠に、相手によって態度や表情を変えません。ある意味、聖母のような性格の人も多いのです。

相手のステータスや財力などを理由に態度や声色を変える女性は、正直いってモテませんよね。同性から見ても呆れられますし、人として信用できないと思われるからでしょう。

女性だって、同じことをされたら傷つきませんか?
可愛いかったり、若かったり、お金持ちだったりする女性には優しくして、自分にとって得にならない相手だったら鼻にもかけない男性って魅力的でしょうか?

なぜ魔性の女性がモテるのかといえば、フェロモンのような目に見えない色気だけではなく、周囲の人たちへの物腰の柔らかさや、性格の優しさにも理由があると言えるでしょう。

仕草が美しい

天然の魔性の女性の共通点としてあげられることがあります。それは、動作や仕草、言葉遣いに品があることでしょう。がさつではないということ、とも言えます。

色々な見た目や性格の魔性の女は聞いたことや見たとこがありますが、がさつな魔性の女、というものだけは、見たことも聞いたこともありません。

魔性の女たちは、ドアを開け閉めするときも、バタン!と大きな音を立てることはありませんし、歩き方もがに股などではなく、まるでそこに見えない一本線があり、その上を歩いているかのように美しい歩き方をします。

また、背筋もすっと真っすぐで、決して猫背で歩いたりしません。

想像してみてください。がに股で、猫背の女性を見て、男性はその女性を魔性の女だと思うでしょうか?いくら、その女性にフェロモンが出ていても、男性はやはりそういう女性には魅かれないものです。

もちろん、体の痛みなど、何らかの事情があり、どうしても姿勢が悪くなったり、綺麗に歩けないという人もいるでしょう。

そういう場合は、その人なりに、一番自分が美しく見える姿勢であればいいのです。そして、所作などががさつでなければOK。大切なのは、品よくあろうという心がけなのです。

ただ、姿勢も歩き方も、自分が意識すれば直せるのに直さない女性は、やはり本人の努力不足です。なぜなら、背筋をいつもぴんと伸ばしているのは疲れますし、歩き方のくせなども意識して直そうとするのは大変です。

ですから、魔性の女性と言われている人でも、所作が美しかったり、品よくふるまうのは、いくら天然であっても、ある程度の努力も必要なのです。

また、大口を開けて大笑いするような仕草も、魔性の女性はしないでしょう。魔性の女性は、記憶が飛ぶほど泥酔しませんし、飲み会などではいつもどこかで冷静に自分や周りを見ているものです。

もし、あなたの周りに魔性の女と噂をされている女性がいたら、その女性をよく観察してみてください。

彼女の仕草が、いつも美しく品があるのなら、その人は本物の魔性の女性だと言えるでしょう。

しかし、どたばた歩いたり、物の扱いも乱雑で、ゲラゲラ笑ったり、全く品を感じさせないのなら、その人は魔性の女ではありません。

たぶん、男と簡単に寝るとか、すぐに男をコロコロ取り替えているという意味で、魔性の女と言われているに過ぎないでしょう。その証拠に、そんな彼女は最終的には男に飽きられ、振られることが多いはずです。

ですからもし、女性が意中の男性をゲットしたいのであれば、天然の魔性の女性の品のよい振る舞いを身につけましょう。そうすれば、彼の気持ちを自分に向けることも不可能ではありません。

日常のほんのささいなことで構いません。少し自分に厳しくなって、仕草や姿勢、振る舞いなどに気を付けてみるのもいいでしょう。そうすれば、周囲の男性のあなたを見る目も少しずつ変わっていくはずです。

私生活が謎めいている

本人たちが隠そうとしているわけではなくても、魔性の女たちは、何となく私生活が謎めいている人が多いでしょう。

職場の飲み会などに、あけっぴろげに下ネタを話したり、自分の私生活を「ガハハ」と大口を開けて笑いながら話すような女性は、魔性の女とは呼ばれることはありません。

既婚男性がハマる女性の特徴を完全紹介!効果抜群な愛されテクニックも徹底解説


どことなく奥ゆかしい雰囲気があるのも、天然の魔性の女性の特徴でしょう。
もちろん、聞かれれば答えられる範囲で、彼女自身の話をしてくれると思いますが、何かこちらが土足で踏み込んではいけないような気持ちにさせられるのです。

なので、その女性の私生活はやはりあまりよく分からないということになるのです。

自ら積極的に話すタイプではないというのも魔性の女性の特徴の一つと言えます。
そして、そういうところが、より男性のもっと相手のことを知りたい!という気持ちに火をつけてしまうのです。

魔性の女性として生きてきた人は、これまでの人生で色々とトラブルにも巻き込まれることが多かったでしょうから、人との距離感もほどほどに保つことが身についているのかもしれませんね。

既婚男性が完全骨抜きにされる魔性の女の行動と男性心理

絶妙な押し引きのテクニック

魔性の女は、男性心理を研究しつくしているわけではなくても、長年モテ続けてきたり、男女関係のトラブルに巻き込まれた経験から、男心をよく分かっているものです。

なので、もし、魔性の女側が既婚男性を好きになって、彼を落とそうとすれば、恋愛から遠ざかっていた既婚男性なら、すぐに骨抜きにされてしまう可能性が高いです。

そこには、彼女たちの絶妙な押し引きのテクニックが隠されています。

まず、天然の魔性の女性ですから、そもそも周囲の男性たちのほとんどが彼女のことを異性として気になっているという前提があります。

ですが、先ほど書いたように、魔性の女は周りの男性を区別しません。分け隔てなく、同じ態度で接するため、周囲の男性たちから見れば、彼女はいつまでも誰のモノにもならない高嶺の花のような存在。

ですが、ふとある瞬間、彼女と目が合い、自分だけに微笑みかけてくれたとしたらどうでしょう。

最初は、偶然かと思って、ただ驚くだけかもしれません。でも、そんなことが何度かあり、その後、休憩室でコーヒーを飲んでいたら、彼女が偶然現れて話しかけられた。
そして、それからは休憩室でよく顔を合わせるようになり、親しくなっていった…。

もちろん、男が魅かれずにいられない女性ですから、恋愛からしばらく遠ざかっていた既婚男性なら、余計顔を合わせるたびにドキドキ感がつのり、「もしかして彼女は俺のことを…」なんて考えるようになります。

いつも彼女のことばかり考えるようになり、彼女のことをいつも目で追ってしまうようになります。いつ告白しようか、既婚男性側は真剣に考え始めます。

でも、その絶妙なタイミングで彼女はさーっと彼から離れていくでしょう。

もう同じタイミングで休憩室には現れませんし、彼女と目が合い自分だけに笑いかけてくれるということもなくなるでしょう。

その時、既婚男性はまるで振られたような気分を味わうはずです。そして、彼女が他の同僚の男性と楽し気に話しているだけで、苦い嫉妬心を味わうのです。

お分かりのように、この時点で、もう既婚男性の心は彼女に掴まれているのです。

自分に気があると思わせておいて、彼の気持ちが頂点まで高まったころ、すーっと離れる。魔性の女性は、そんな絶妙な押し引きを使って、彼の心を奪っていくでしょう。

それができるのも、彼女が今まで嫌な思いもしながら、男性にモテてきて、男心をよく分かっているからなのです。

自分に全く関心のない相手なら、これくらいのテクニックでは落とせないかもしれません。でもそこは天然の魔性の女。基本的に、男性は彼女と知り合うと、異性として意識しないわけにはいかないのです。

魔性の女性が自分の持つそんなパワーを意識的に使ってきたら、落とせない男性はほとんどいないと言えるでしょう。恋のライバルにはしたくない相手ですよね。

決して自分のものにならないような雰囲気

さらに彼を骨抜きにする作戦は続きます。

既婚男性が勝手に失恋したような気持ちになった頃、魔性の女はまた彼の元に戻ってきます。再び、彼に親し気に話しかけ、笑顔を見せてきます。

そうなれば、既婚男性側が、もう彼女を手離したくないと、積極的になっていくのも無理はありません。一度チャンスを失って後悔していたのですから、次のチャンスは絶対にものにしてやる!と熱い気持ちを燃やすでしょう。

なんとか二人きりでの飲みや食事に誘い、そこで必死に彼女を口説き、付き合って欲しいと懇願するでしょう。魔性の女は、自分が好きになった既婚男性に、こうして彼の方から愛を告白させるのに成功したのです。

そして、やっと二人が不倫関係になったと思っても、魔性の女の怖さはここから。

彼女の態度を見ていると、彼女は本当に自分のことが好きなんだろうか?他に付き合っているオトコが何人もいるんじゃないかと、既婚男性を不安にさせるのです。

魔性の女性は、モテてきたせいか、一人の男にあまりのめりこまないところがあります。ですから、既婚男性が仕事や家庭の用事でなかなか会える時間を作れなくても文句もいいません。

普通の不倫相手なら、男性が急にデートをドタキャンしてきたり、会えない日が続くと、奥さんに焼きもちをやいたり、すねたりするものです。

しかし、魔性の女性にとっては、好きで付き合っていたとしても、相手の男性が忙しいなら別に会わなくても構わないという余裕があります。そんな淡泊な態度が、既婚男性に不安感を与えるのです。

「彼女は自分が会えない夜や休日は何をしているんだろう?会えなくても全然平気そうだ…。これは、他に男がいるに違いない。」

そんな風に不安になり、女性に対してストーカーっぽくなる男性もいるでしょう。
魔性の女性は、ストーカーもされやすいものなのです。

確かに、言い寄ってくる男性は沢山いますから、不倫相手と会えないのなら、食事に行こうと誘ってくる男性とごはんに行くこともあるでしょう。ただ、魔性の女だからと言って浮気性という訳ではないのですから、やましい気持ちはないのです。

でも、不倫相手の既婚男性からしてみれば、自分の彼女が他の男と飲みに行けばそれ以上の関係があるんじゃないかと疑うでしょう。

そんな風に、モテる魔性の女性と付き合っている男性は、気苦労が耐えません。
それでも別れたいと思えないのですから、男性にとって天然の魔性の女性というものの魅力の強さは相当なものなのでしょう。

気持ちや行動が読めない

既婚男性にとって、魔性の女性と付き合うことは少し荷が重いかもしれません。

魔性の女性はいつも引く手あまたなので、不倫関係になれたとしても、常に他の男に言い寄られていないかと注意していなくてはならないでしょう。

また、彼女自身、どちらかと言えば、一人の男性にこだわる必要もないという考えもあるので、去る者追わず、と言った態度なのです。

ですから、既婚男性側が「本当に俺のこと好きなの?」と不安を口にすれば、女性は「そんな風に思っているなら、別れよっか」と簡単に別れを選ぶようなこともあるでしょう。それこそが、魔性の女と言われるゆえんでもあります。

女性に限らず、モテる人って、相手に固執しませんよね。逆に言えば、すがりついてでも別れたくない!と思えるほど、人を愛したことがないのかもしれません。

いつも自分に言い寄ってくる人に囲まれていると、その中から簡単に恋人を選べてしまいます。もがいたり苦しんだりしなくても、いつでも両想いになれてしまうと、恋愛の苦しい部分は知らないままでしょう。

でも、本当はその苦しさがあるからこそ、好きな人と両想いになれたときの喜びは何倍も素晴らしいものになりますし、絶対に相手を離したくないと思うものです。

魔性の女性は、その苦しみを味わうことがないので、たとえ自分から好きになって不倫関係に持ち込んだ相手だったとしても、簡単に手放すことができるのでしょう。

相手の男性から、「君の気持ちがわからなくて不安だ」とか「他の男とも関係を持っているんじゃないか」などと言われると、急に相手への気持ちが冷めてしまうこともあります。

束縛が重いというより、自分のことを信頼してくれないんだ…とがっかりしてしまうのです。

しかし、既婚男性にとっては、いつでも別れてもいいという態度を取られると、逆に相手にもっとのめり込み、家庭を壊すようなきっかけになることもあります。

ただし、男性側が離婚してまで彼女を自分のものにしたいと思ったとしても、彼女の方は自分の気持ち次第でいつでも離れていくでしょう。

魔性の女性との付き合いでは、既婚男性には、やはりなかなかのリスクがあると言えるでしょう。

既婚男性が引いてしまう…やりすぎ”計算高い女”と”天然な魔性の女”の違い

わがままと魔性をはき違えている

魔性の女性は、付き合えたとしてもなかなか自分のものになったという実感がわかず、男性側はいつも心配がつきません。それほど何をしなくても異性からモテモテですし、周りから見れば、コロコロ男性を変えているようにも見えます。

ただし、天然の魔性の女性は、わがままではありません。

魔性の女という言葉を聞くと、自分勝手で男を振り回しているイメージがありますが、どちらかと言えば男性側が疑心暗鬼になり、勝手に振り回されているという方が正しいのです。

女性側はあくまでも自分の気持ちに素直なだけなのです。そこを勘違いして、魔性の女になろう!と思う計算高い女性は、わがままを言って男性を振り回そうとします。

しかし、所詮はニセモノ…。そこまでの魅力がありませんから、男性はげんなりして、すぐに離れていくでしょう。

天然の魔性の女性は、素直にふるまっても嫌味がありません。そこには相手の男性を振り回してやろうという気持ちが全くないからです。
邪気がない素直さは、わがままとは別のものですよね。

さらに、そこに天然の魅力が備わっているので、男性側も振られても「俺なんか、しょうがないか…」と普通は諦められるもの。男性が既婚者ならなおさらです。

ですから、魔性の女=ただのワガママ女と勘違いしてふるまうと、男性からはただの勘違い女と白い目で見られることになるので気を付けた方がいいでしょう。

同性から好かれないのはニセモノ

天然の魔性の女性は、同性から嫌われることは少ないです。

もちろん、モテる女が嫌い、とか、自分の好きな男性がその女性のことを好きだ、という理由から、嫌われる魔性の女性もいます。

ただ、基本的に品があり、異性の前でも同性の前でも態度が変わらず、人に分け隔てしないタイプが多いので、同性からも憧れられていたり、好かれている人も多いのです。

しかし、計算高い女性は、やはり同性から冷たい目で見られることが多いでしょう。

男の前だけで人に親切にしようとしたり、狙っている男性の前では、いつもと違うネコナデ声などを出されると、同じ女性として恥ずかしくなってきますよね。

そして、既婚男性にとって、その女性が周りの女性たちから好かれているかどうかは、女性がホントのところどういう人なのかを知る上で重要なポイントなのです。

それは、奥さんがいるからこそ、女性の表も裏も知っているから…。
ですから、既婚男性の前でいくら計算高くふるまっても、周りの女性の反応から、本当の性格は見抜かれ、引かれてしまうことになります。

露出が多い服を着ている

天然の魔性の女性には色気がありますが、それは肌の露出が多いからではありません。そこを勘違いし、計算高い女性は色気を出すために露出高めのファッションをすることが多いです。

もちろん、ある程度の女性らしいファッションは素敵です。
でも、職場などに着ていく服としてふさわしいのかはきちんと考えた方がいいでしょう。もちろん、制服や、もともと服装規定がそれなりに厳しい会社もありますよね。

ですがそういう場合も私服に着替えて帰るときに、「え?!」と二度見してしまうようなファッションだと、どういうつもりで会社にこんな服を着てきたのだろう?と思われても仕方ありません。

天然の魔性の女性は何を着ていても、立ち上る色気があるのです。それはその女性の所作も含めてのこと。

ですから、まずは露出の高い服を着て、意中の男性の気を引こうとするのではなく、たとえ制服姿でも立ち振る舞いを上品にするだけで、あなたの魅力は何倍にもアップするのです。

例えば、オフィスで自席に座るとき、おっさんのようにどさっと椅子に座っていませんか?ひどい場合は、「よっこいしょ」などと言いながら腰かけていないでしょうか。

「よっこいしょ」などと言いながら椅子に座るような魔性の女性は、この世に存在しません。

まずは、普段のふるまいを見直してみましょう。

そうすれば、無駄に肌を露出させなくても、あなたの品のある動作に惹かれるという男性が増えるでしょう。肌を見せるよりも、それはずっとあなたの魅力をアピールできる効果的な方法です。

簡単に男と寝る

魔性の女というものを、ただ簡単に男と寝る女と勘違いしている人もいます。

男性とちょっとイイ感じになって、誘われたらすぐセックスし、「私って魔性の女なの!」と言っているイタい女性にならないように気を付けましょう。

それは「すぐやらせてくれる女」であって、高値の花である魔性の女とは全くの別物です。そして、噂を聞きつけ、そういう女性を狙ってくる男性も、所詮はその程度の男です。

まともな既婚男性は、そんな女性は鼻にもかけません。手を出したらヤバイ女として頭にインプットしているでしょう。

意識から変えられる!魔性の女の要素を簡単に取り込むあざといテクニック

一人の男性に集中しない

まず、狙っている男性がいるときこそ、彼だけに集中しないように気を付けましょう。

誰かを好きになると、つい彼のことにばかり意識が向き、いつも見つめてしまいますし、用もないのに近くをウロチョロしてしまうものです。また、彼にだけコーヒーを持ってきたり、露骨に周りの男性たちと区別するような行動をすることはありませんか。

ですが、魔性の女性のエッセンスを取り込むなら、よく考えてみましょう。魔性の女なら、そんなことをするでしょうか?

魔性の女性は、誰にでも平等な態度を取ることができます。だからこそ、多くの人からモテモテなのです。

どんなに彼のことが好きでも、あくまでも基本は他の男性たちと同じように接するようにしましょう。

普段はただの同僚として普通に接している方が、何かあったときに、「あなたは特別だから」という態度がガツンと相手に効くのです。

例えば、彼が残業していたら、手伝ってあげたり、困っているならヘルプを申し出る。また、彼が落ち込んでいたらさりげなく励ますなど…。

そんな風に、彼が必要な時はいつでも駆けつけることをアピールできればいいのです。

なので、いつもはそっけないくらいがちょうどいいのです。特に職場では、恋愛モードを出されるより、少しドライな態度でいてくれる方が、男性の好感度が高いでしょう。

ですから、まずは、彼をいつも見つめないように気を付けましょう。いつも見つめていると、よほど鈍い男性でない限り、あなたの恋心に気づくでしょう。

彼にだけ集中しないように気を付けるだけで、いざというときにあなたの印象をぐっと上げることができるでしょう。

下品さはNG

やはり、魔性の女性から一番学びたいことは、彼女たちの品の良さでしょう。

品が良い人って、人の悪口もいいませんし、いつも穏やかで話しかけやすいんですよね。だから自然と周りに人も集まってきますし、臆病な男性からも好かれます。

それに、女性らしい美しい振る舞いは、やはり男性から見れば憧れますよね。動作一つ一つ、最初は意識してでも、がさつにならないように、丁寧な動きをするようにしましょう。だんだんと、それが自然に身についてきます。

逆に、下品さは魔性の女性からは正反対のものだと心に留めましょう。

つい誰も見ていないだろうと思って、物を足で移動させたり、食事中、口に物を入れたままおしゃべりしたり、ちょっとした油断から、意中の彼が偶然見ていて、恋の対象から外されるようなこともあり得ます。

男性って、ちょっとしたことでもカワイイなーと思ってくれる反面、女性がイメージとは違うがさつな動作をすると、途端に気持ちが冷めたりするところもあるのです。

品のよい動作を身に着けて将来的に損をすることは絶対にありません。
ですから、「この人の歩き方って綺麗だなー」とか「この人の所作って美しいな」と思うような女性の先輩や同僚をお手本にして、自分のふるまいをチェックしてみましょう。

執着しない

天然の魔性の女性は、人や物事に執着しません。

モテるからそうなったという面もありますが、過去に男性から執着されて、執着する人間の醜さを知っているからかもしれません。

不倫などでも、泥沼化するのはどちらかが別れを受けいれられず、相手に執着するからですよね。それがなければもっと綺麗に別れることができますし、その後も二人の思い出は美しいままでしょう。

魔性の女性はモテるゆえに、色々苦労もしてきていますから、普通の人よりも人間の弱さ、むなしさ、醜さなどをよく知っています。

彼女たちがあまり自分からペラペラ話さないのも、ほどほどに距離を置いておくほうが人間関係の苦労が少なくて済むことが分かっているからかもしれません。

ですから、相手のことをどんなに好きになっても、執着しないこと。

逆に、相手に執着をやめることで、向こうがあなたにより関心を持つということもよくあります。いつも彼のことを考えてしまうのはやめて、もっと自分が楽しめる趣味などを作りましょう。

仲間と集まって飲み会をしたり、遊びにでかけることもしましょう。もしあなたが不倫をしていて、既婚男性に遠慮してスケジュールを空けて待っているなら、もうそういうことはやめましょう。

彼の都合でドタキャンされて腹が立つのは、自分は他の楽しいことを我慢して、彼と会うのを最優先にしているのにという気持ちがあるからです。彼の方も、あなたのそんな気持ちを分かっているくせに、簡単にドタキャンするのは甘えです。

ですが、あなたが彼に執着するのをやめ、自分が今一番やりたいことをやっていれば、逆に彼のほうがあなたに会うためにスケジュールを空けるようになるのです。もし、それさえしてくれないなら、さっさと別れてしまえばいいのです。

執着をやめたら、心が軽くなります。今まで見えていなかった景色を見ることができるでしょう。是非、魔性の女性たちの執着のなさを見習いましょう。

魔性の女性は苦労も多いもの

天然の魔性の女性が持つ魅力と、それに骨抜きにされる男性の心理を見てきました。

計算ではない、天然の魔性の女性って、恋のライバルにはしたくないタイプですよね。
元々かもしだしているフェロモンのようなものを持っているのですから、最初からスタートラインが全然違うところで100メートル走をするようなものです。

ただ、魔性の女性には大変な苦労もあります。まず、普通にしているだけなのに、誰からもモテてしまうので、苦手なタイプから口説かれることもあります。

それに、好きになった相手と付き合ったとしても、「他に男がいるんじゃないか」などと言われのない疑いを受けることも多いでしょう。

また、恋人や妻がいる男性からも好かれてしまい、自分が望んでいないのに、いつのまにか三角関係のような状態におちいり、数々の男女トラブルに巻き込まれることもあります。下手をすると人間不信になるようなこともあるでしょう。

ですから、周囲に天然の魔性の女性がいたら、敵視せず、同性として優しくしてあげましょう。

ただ、あなたの恋人とは会わせないほうがいいかもしれません。彼女に非はなくても、男性の方がくらっとしてしまうのが天然の魔性の女性なのですから…。

そして、もしあなた自身が天然の魔性の女性だとしたら、きっと今まで生きてきた中で、大変な思いをすることもあったでしょう。しかし、普通の人が持ち合わせない魅力があることは素晴らしいことです。

それは、人より頭がいいとか、早く走れるとか、美人とか、そういうものの一種だと言えます。

人から噂を立てられたり、嫌な思いをすることもあるかもしれませんが、自分に与えられた能力の一つだと思って、上手に活かしていってください。

そして、天然の魔性の女性なら、きっとあなたは心の優しい、人に平等な人だと思います。所作も美しいでしょう。是非、周りの女性の見本になって、堂々と生きてください。きっと普通の人には成しえないようなことを成功させることもできるはずです。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.