不倫

メンヘラ女子と不倫する既婚男性が大事にしている事とメンヘラ女をあえて選ぶ理由や落とし方

メンヘラ女子って、意外と既婚者の男性に好意を抱かれやすく、不倫恋愛で大事にされていることが多くあります。

優しく、頼りがいがある男性が、メンヘラ女性に魅かれてしまうこともあります。

「どうしていい男はメンヘラ女を選ぶの?」と疑問を抱く女性も少なくありません。

奥さんのいる男性があえてメンヘラ女を選び、愛され、惹かれやすい理由までを徹底紹介します。

既婚男性が実践しているメンヘラ女子の落とし方までご紹介しますので併せて参考にしてください。

メンヘラ女子の特徴

かまってほしい

まずは、「かまってほしい」タイプのメンヘラ女性をご紹介します。

一人でいられない女子って昔からいますよね。学校のトイレも一人で行かず、誰かを誘うような…。

そういうタイプの人って、大人になって会社勤めをするようになっても、ランチなどに一人で行けず、常に誰かと一緒にいたがります。

そして、仲良くなった相手には、ずっと自分のことだけを見て欲しいと思っています。

一対一での関係を望みますし、ただの友人なのに、他の同性の友人と付き合って欲しくないなどと、困ったことを言ってきたり、態度に出したりするのです。

女性同士の中にいても、自分が中心でいたいし、注目を浴びていたいという、かまってほしい気質は、メンヘラ女子の大きな特徴の一つ。

ですから、ただの友だちや仲間という関係の中でも、放っておくとすぐふてくされますし、他の人が話の中心になり、自分が常に注目されていないと不満げ。

ですから、女性からしてみれば、友達にはしたくないタイプですし、実際にメンヘラ女性には同性の友だちが少ないと言う特徴もあります。

ですが、相手が男性となると、話が違ってくるのです。男性って、困ったことに、「かまってほしい」タイプの女性にとても弱いものです…。(もちろん、そうでない人もいますが…)

そして、メンヘラ女性は、自分だけのことをちやほやしてくれる男性を求めているだけなので、ちやほやしてくれる男性であれば、それほど好みはうるさくありません。

そこが、彼女たちがモテる秘訣でもあるのです。

普通の女性なら、男性の見た目の好き嫌いって付き合う上で重要なファクター。ですが、メンヘラ女子にとって大切なことはそんなポイントではありません。

背が高くないとイヤとか、ハンサムじゃないと受け付けないなどという外見的な部分での要求はあまりなく、ただ常に自分のことを気にかけてくれることを求めているタイプです。

ですから、かまってほしいタイプのメンヘラ女性には、常に彼氏がいることがとても多いです。

逆に言えば、いつも自分のそばにいて、自分だけを見つめてくれる相手なら誰でもいいのです。いつも「彼氏がいる」とは言うけど、周りがうらやましがるような男性と付き合っているわけではないのです。

かまってほしいメンヘラ女子は、自分のことしか考えていないので、相手のことはあまり重要ではないのでしょう。いつも自分のことをちやほやしてくれて、甘やかしてくれる男性を求めているだけなのです。

喜怒哀楽が激しい

メンヘラ女性は、感情の浮き沈みも激しいですよね。

落ち込んでいるときは手がつけられないくらい、「悲劇のヒロイン」ぶっていることもあります。

一方で、自分が楽しければ、周囲の雰囲気なんておかまいなし…。ですから、その場から浮いてしまうメンヘラ女性ってとても多いですよね。

飲み会などでも、皆が楽しくわいわいやっている時に、めそめそ泣いて誰か男性に慰めてもらっていたり、逆にみんなが仕事が忙しくてピリピリしているときに、甘えた声で男性の同僚に自分の仕事を手伝ってもらおうとしていたり…。

そういうことがきっかけで、周囲から「メンヘラ女」という烙印を押されてしまうこともあります。

自分の個人的なことで湧き上がっている感情を、会社などの公的な場に持ち込んで、まき散らすので、周囲ではそれを迷惑に感じている人も多いでしょう。

特に、同性から見れば、友だちにはなりたくないと思わせるには十分なタイプですよね。友だち付き合いにしても、いつも彼女の都合次第でスケジュールが変わることも多いので、同性なら、早めに見切りをつける人もいるでしょう。

ただ、異性である男性から見れば、そんなわがままもその女性の魅力に映ってしまうので厄介ですよね…。

メンヘラ女子は、行動の中心となるものが、自分の感情だけなので、ある意味ピュアな子供のように感じる男性もいるのでしょう。

そして、家庭や仕事など、重い責任を背負っている既婚男性にとっては、まさにそういう部分こそが、メンヘラ女子を天真爛漫に感じ、魅力的だと思うゆえんなのかもしれません。

ただ、いい年をして、振る舞いが子供っぽいと、同性からは間違いなく疎まれるでしょう。

そして、既婚男性にとっても、付き合いを始めていってからも、そのメンヘラ女性が天真爛漫だとか無邪気と思えるかって、その女性の根元の性格にもよりますよね。

性格が悪いメンヘラ女子も沢山いるので、最初は魅かれる男性がいても、そのうち中身がバレて、相手が離れていってしまうこともあります。

個性的

メンヘラ女性は、外見が個性的な人も多いです。流行のものを取り入れつつも、どこか絶対にこだわりポイントを持っていて、髪型だったり、ファッションのセンスが普通の女性とは違っています。

そして、自分が他の人と違うところが自分でも気に入っているのです。そして、そんな独特の雰囲気を、男性からほめられるのも大好き。

「個性的だね」と言われると、とても喜ぶメンヘラ女性もいます。

逆に言えば、「すごく普通だね」と言われて喜ぶメンヘラ女性はまずいません。

ただ、メンヘラ女子は、付き合う相手に同じような個性的なタイプを求めているわけではありません。逆に、自分よりも目立つような個性的な男性は遠ざけることもしばしば。一緒にいても、自分が目立てなくなるからでしょう。

なので、個性的な外見をしたメンヘラ女性と付き合っている男性って、ごくごく普通の人が多いんですよね。

どうして、こんなまともな人が、メンヘラ女子に振り回されているのだろう、と不思議になることもあります。それは逆の関係でも同様のことが起こります。メンヘラ男性と付き合っている女性って、しっかりしている、ちゃんとした女性も多いのです。

自分にない部分だからこそ、魅かれてしまうということはよくあることなのです。

同性の友人としてならそんなに深く付き合わないだろうと思えるような相手でも、異性としては魅力的にうつるのが人間の不思議なところですよね。

奥さんのいる男性があえてメンヘラ女子を選ぶ最大の理由は?

自分の存在価値を感じられるから

では、既婚男性で、わざわざメンヘラ女性を不倫相手に選ぶ人がいるのはなぜなのでしょうか。

もちろん、付き合う前はメンヘラと分からず、付き合いだしてから初めて相手の女性がメンヘラと気づく男性もいるでしょう。

男性がメンヘラ女性を求めていない場合は、メンヘラだと分かったとたん、すぐに男性側が逃げてしまうでしょう。メンヘラ女性と付き合うことには、当然リスクも多いので、それを理解している男性は、決してメンヘラ女性に手を出しません。

特に不倫では、普通の男性にとってはメンヘラ女子は地雷。

そうなると、もし、既婚男性側が、あえてメンヘラ女性を選び、不倫関係を続けているとしたら、男性が世話好きなタイプな場合です。

他人のことを心配したり、力になってあげることでしか自分の存在価値を見いだせない人って、男女問わずいますよね。生い立ちなどにも原因はあるのでしょう。

例えば、下の弟妹たちの面倒を見ることでほめられたり、親に評価されてきて育ってきた人は、大人になってからも、困っている人の手助けをしているときに、自分の存在価値を強く感じる人もいるでしょう。

そういう人って、職場では頼りがいがあるし、誰から見ても「いい人」ということも多いです。

ただ、恋愛面でも、自分の世話焼きを発揮しようとすると、メンヘラにはまってしまうこともあります。

本当は家族の役に立つことで、自分が満たされれば、不倫などしないで済むのでしょう。

しかし、奥さんがしっかりものだったり、家庭に自分の居場所がないと感じてしまうと、自分のことを必要としてくれる女性を家庭の外に求めてしまうのです。

そして、奥さんのようなしっかりした精神的に自立した女性ではなく、自分の世話を必要とするような女性を本能的に探してしまうのでしょう。

いつもちやほやお世話されたい女性と、誰かを支えたり守ったりすることで生きがいを感じる男性は、お互いの求めるものがマッチしているので、長く不倫関係が続きやすいのです。

ですから、あえてメンヘラ女性と不倫をするような男性は、周囲の人からは頼りがいがあると思われていたり、人間的にも優しくて人格的にも立派だと思われている人が多いでしょう。

奥さんや家族からはどうしても満たされない部分を、放っておけない女性と付き合うことで満たしているところがあるのです。

奥さんには求めないものを全て持っている女性だから

メンヘラ女性の特徴って、「妻」向きではありませんよね。

わがままを言って男性を振り回したり、自分の感情のおもむくままに行動したり、言葉を口にしていたら、家庭がうまくいくはずはありません。子どもにもあまりいい影響はないでしょう。

ですから、どんなにメンヘラ女性に魅力を感じていたとしても、冷静に考えれば、結婚はしたくないと思うのが普通の男性でしょう。

もちろん、若気の至りで「自分しかこの女性を守れる男はいない」と思って結婚する男性もいるでしょう。

ただ、家庭生活を共にしているうちに、男性側がだんだんと疲弊し、結局離婚になってしまうことも多いのです。

それは、しっかり者の女性がメンヘラ男性と一緒になったときも同じです。

結局は、女性がどんなに我慢強くても、子どもができれば子どもが一番大切なので、子どもに悪影響を及ぼしそうだなと思ったときは、女性側は離婚を選ぶでしょう。

そんな風に、メンヘラの人と一緒に暮らすのは、とても大変なこと。

ですから、家庭を守ってくれる妻と、外で恋愛する女性をはっきり分けて付き合っている既婚男性もいるのです。

妻にするのはムリだけど、恋愛相手としては、わがままな女性に魅かれたり、自分をべったり頼ってくれる女性がたまらなく愛おしいと思う男性って、身勝手ですよね…。

精神的には奥さんを頼りにして、家庭のこともほぼ任せきりにしておきながら、自分は魅力を感じるわがままで気分屋のメンヘラ女性と不倫をするなんて…。

妻の立場で、夫がメンヘラ女性と不倫をしていると知ったら、ショックは大きいですよね。

不倫がバレれて、相手の女性がどんなタイプかを知ったら、即離婚を決意する妻も多いのではないでしょうか。

人生に刺激が欲しいから

毎日が同じことの繰り返しで、つまらなくてむなしい…と感じることって、男性に限らず、生きていれば誰でも感じる時があるのではないでしょうか。

本当は、そういう単調でつまらないと感じている毎日でも、何事もなく過ごせていることが一番幸せだった、と後から気づくこともあるかもしれませんが、順調なときほど人間ってそういうことに気づけないもの。

病気になったり、リストラにあったり、事故にあってケガをしたりと非日常なことが起こって初めて、今までの平凡な毎日が幸せだったな、と感じるものですよね。

ですから、普段から、帰る家庭があり、働ける仕事があることに心から感謝できていれば、男性も不倫なんてしようとは思わないのですが、人間、誰しも完璧ではありませんよね。

同じような毎日が続けば、刺激も欲しくなるでしょう。まだまだ自分だって若くて恋愛ができるんだ、と確かめたいような気持になることもあるのです。

なので、家庭をちゃんと守ってくれるしっかりものの奥さんがいても満足できず、刺激的な恋愛相手を求めてしまう男性もいるでしょう。

そして、いつも不安定なメンヘラ女性って、男性から見れば、いつも機嫌をうかがっていなければならず、ある意味刺激的な存在とも言えるのです。

自分の感情が第一で、他人の気持ちなんておかまいなしという「妻」は欲しくないのに、そういう「恋人」には振り回されたいと思う男性って結構いるのではないでしょうか。

ですから、メンヘラ女性を不倫相手にしたいと思う男性は意外と多いのです。

恋愛に、ハラハラドキドキはつきものですよね。安定した女性からは、最初はそういうドキドキ感を感じられても、慣れてしまえばそのドキドキ感も減っていくもの。

ですが、メンヘラ女性が相手なら、いつも気分屋でつかみどころがないので、男性も気を抜くことができませんよね。なので、恋愛初期のようなドキドキ感を長く感じられるところはあるのでしょう。

ただ、自分が相手の女性に飽きてきたとき、別れるのは普通の女性よりずっと大変になるでしょう。

特に不倫の場合は、周りにバレずにひっそり別れることもメンヘラ女性相手だと難しくなるでしょう。その辺りのリスクも考えず、メンヘラ女性に手をだしてしまうと、身の破滅を招く場合もあるのです。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

メンヘラ女子が既婚者の男性から最も愛され惹かれる魅力

感情だけで生きている

メンヘラ女性にとって大切なのは、いつでも自分自身。

いつも世間の常識や、周りの顔色を見て生きている人からしてみれば、そんな女性は自分に正直に生きているように見えますよね。

そして、家庭を持ち、仕事をしている既婚男性って、そこまで自分の感情のままに生きることはできませんよね。

そんなとき、いつでも自分の気持ちのまま、自由気ままに生きている女性ってまぶしく映るのでしょう。

厄介だとは分かっていても、気になる存在。そんな相手って、いますよね。

メンヘラ女性は男性にとって、手をだしたらやけどするのは分かっているけれど、近づかずにいられない、不思議な魅力のある相手なのでしょう。

女性でも、メンヘラとまではいかなくても、どこか影がある男性だったり、他の男性とは違う個性的なタイプに魅かれてしまうことがあると思います。

そんな風に、しっかりしていて、理路整然とした女性よりも、つっこみどころ満載のメンヘラ女子の方が、近づいて口説いてみようという気にもなりやすいのです。

守ってあげたくなる

優しい男性からしてみれば、メンヘラ女性って守りたくなる対象。

同じ女性から見れば、わがままでどうしようもない身勝手な女に思えるのに、男性からしてみれば、はかなげで自分がいないと心配になってしまう女性に見えることって、「恋愛あるある」ですよね。

しっかりしていて、精神的にきちんと自立できている女性には、手を貸すようなスキはありませんが、弱弱しさを前面に押し出してくるメンヘラ女性には、話しかけて助けることができます。

なので、きちんと家庭を守ってくれている奥さんがいるのに、メンヘラ女子にかまけてしまう既婚男性って、悪い人ではないとは思いますが、夫にはしたくないタイプ。

よく、ドラマなどで、男性が女性を振るときのセリフに、「君は俺がいなくても一人で生きていけるけど、彼女は俺がいないとダメなんだ…」というのがありますが、こういうときの既婚男性の心理ってこれに近いのではないでしょうか。

ただ、実際には、メンヘラ女性は、自分のことしか考えない自分勝手さと、誰を犠牲にしても生き延びる図々しさを兼ね備えた十分に強い女性なのです。

感情の起伏のままに生きているだけで、決して弱い存在ではないと言えます。

ですから、男性が、メンヘラ女性=弱い存在と考えるのは、同性と違って裏の顔を見抜くことができないからでしょう。

一生懸命、自分の力で生きていこうと頑張っている女性の方が、よほど守りがいがあるはずなのに、それが分かっていない男って、多いですよね…。

不安定さ

メンヘラ女性の不安定さに魅かれる既婚男性もいます。

例えば、その男性の妻がメンヘラだったら、不倫相手にもメンヘラ女性を選ぶことはないでしょう。家庭でも外でもメンヘラ女性を相手にしていたら、そのうち自分が壊れてしまいます。

ですから、不倫相手に積極的にメンヘラを求める男性の妻は、しっかりしていて、いつも安定感のあるタイプが多いのです。

ただ、そんな妻には刺激を感じられず、見るからに不安定で、付き合い続けるのにもエネルギーが必要になるような女性を恋愛対象にしてしまうのは、男性のわがままですよね…。

安心して帰れる家庭があるからこそ、恋愛相手にはヒリヒリするような刺激を求めているのだとも言えます。

そういう意味では、メンヘラ女性ばかりを不倫相手として求めるような既婚男性と付き合っている奥さんが、 一番かわいそうな気がしますよね…。

そして、メンヘラ女性は、夜中でも平気で既婚男性に電話してきたり、行動も自分勝手。別に不倫なんてバレてもいい、という極端な考えのメンヘラ女性も多いです。

ですから、メンヘラ女性との不倫はバレやすいと言えるのです。

奥さんだって、夫に夜中に電話がかかってきたりすれば、不倫を怪しんで当然です。

あえてメンヘラ女性と不倫している既婚男性はそれさえもスリルと感じているのかもしれませんが、奥さんから即離婚を突き付けられてもいいと思っていないなら、付き合う相手は考えた方がいいでしょう。

既婚男性がメンヘラ女子との不倫で大事にしている行動

たくさん「愛」を言葉にする

メンヘラ女子は、「好き」とか「愛している」と言われるのが大好き。

普通の女性だってそう言われればもちろん嬉しいですが、常に彼からそんな言葉を求めているわけではありません。

言われなくても十分彼の気持ちが伝わっているからこそ、「好きだ」とか「愛しているよ」は、大事な場面で欲しい言葉ですよね。そうでなければ、その言葉の価値が下がってしまいます。

「この人は、誰にでもこんなことを言っているんじゃないの?」と疑われても仕方ありませんよね。

しかし、メンヘラ女子は違います。彼女たちはいつでも、愛のある言葉をかけて欲しがります。そうすることでしか、相手の気持ちを信じることができないのです。

ですから、メンヘラ女性の本質を見抜けている男性は、相手の女性には、言葉を尽くすことを惜しみません。

「好き」だとか「愛している」以外にも、メンヘラ女性が喜ぶように、「いつもカワイイね」とか「キレイだよ」「○○が一番だよ」「君みたいな人は他にはいない」などという、メンヘラ女子が喜ぶ言葉も欠かさないでしょう。

メンヘラ女性って、自分では相手に言葉を伝えるのを面倒くさがるところがありますが、相手からは常に言葉のシャワーを浴びて、自分が賞賛されたり、相手からの愛情を実感したいのです。

ですから、メンヘラ専門の既婚男性にとっては、相手の女性への言葉がけはとても大切だと分かっています。そして、男性が恋愛の上級者なら、言葉で彼女をコントロールすることも可能です。

いつも適切な言葉が浮かび、常に相手に言葉をかけることが面倒くさくないタイプの男性なら、メンヘラ女性ほど扱いやすい相手もいないはずです。複雑そうに見せかけて、実はとても中身は単純なのがメンヘラ女性とも言えます。

ですから、メンヘラ女性と長く付き合える既婚男性は、言葉たくみで饒舌なタイプか、何をされても言われても、じっと耐えて側にい続けられる忍耐強いタイプか、両極端なことが多いでしょう。

普通の男性なら、メンヘラ女性は、とても長くは付き合えないものなのです。

スキンシップをたくさんとる

メンヘラの人は、男女問わず、セックスで相手を繋ぎとめようとするタイプが多いです。

セックスで相手の気持ちをコントロールできると思っています。そして、事実、女性の方がそのコントロールにはまってしまうことが多いです。

メンヘラ男との付き合いをやめようと思っても、なし崩し的にセックスまでもっていかれて、別れられずにずるずる付き合いを続けていく女性って本当に沢山います。

女性はセックスをすればするほど、心も相手に縛られてしまうところがあるからでしょう。

一方、メンヘラ女性と付き合う男性の方は、彼女に夢中になっているときはセックスでつなぎとめる作戦もじゅうぶん効果がありますが、一旦心が離れてしまったり、セックスに飽きてくると、それほど効果を発揮しません。

元々メンヘラ好きな男性は、身も心も相手に尽くしたいと思うようなタイプが多いので、普通の不倫よりもセックスが中心になりずらいのです。

ですから、メンヘラ女性のことも、最初は体が目当てというより、親切心から彼女のことが心配で、声をかけて関係が始まることも多いのです。

ですが、彼女の方は、体の関係がないと不安になるので、常にスキンシップを求めてきます。

なので、メンヘラ女性に夢中になっている間は、男性側も、二人でいるときはいつもいちゃつくことをおろそかにできないでしょう。そうしないと、彼女が不機嫌になるからです。

でも、心底からメンヘラ好きな男性にとっては、性的な繋がりよりも、もっと相手に頼りにされたり、心配をかけられることが喜びなのです。精神的なMと言ってもいいかもしれません。

なので、性的な繋がりだけの不倫関係よりも、別れるときはとてもぐちゃぐちゃになって大変になることが多いのです。

独身同士でも、メンヘラの相手と別れるときは大変です。結局、結婚まで押し切られてしまうことも多々あります。

不倫ならなおさら、家庭が壊れるリスクをはらんでいることを忘れずに。それくらい、メンヘラが持つ負のパワーって、強烈なものがあるのです。

お金をかける

メンヘラ女性と付き合うためには、男性側はある程度のお金も必要になるでしょう。

メンヘラ女性は、自分が特別な存在だと思っているので、お金をかけてもらうことが大好き。

いつも二人で会うのが女性の部屋や安いラブホテルなどでは満足できません。

たまには高級なホテルで過ごしたいとわがままも言いますし、仮に旅行ができたとしても、格の高いところに泊りたがるでしょう。

ですから、男性側も、ある程度は自由なお金がある身分でないと、メンヘラ女性とは長く付き合っていくことはできないのです。

いくら自分のことを気にかけてくれていたとしても、相手が自分にかけられるお金があまりないことを見抜くと、メンヘラ女性から離れていくことも多いでしょう。

メンヘラ女性は、非日常的な体験を与えてくれるような男性が大好き。自分は特別だと思っているからです。

最初はそばにいてくれるだけでいいという態度だったとしても、その男性が自分に割けるお金があまりないと気づいた時点で、他のターゲットを探し始めることも多いでしょう。

メンヘラ女子との付き合いで、よく二股をかけられていることがあるのも、次の男が見つかるまでのつなぎにされていることが多いからなのです。

メンヘラ女性はいつでも恋人がいないとダメなタイプが多いので、次が見つかってようやく前の男を手離すことはよくあるのです。

既婚男性がメンヘラ女子を落とすときの行動パターンとその心理

自分だけは見放さないと安心させる

メンヘラ女性は、いつも支えてくれる誰かを求めています。

相手を支えようという気持ちは全くないので、尽くしてくれるタイプの男性を好みます。

ですから、メンヘラ女性を落とすには、「自分はいつも君のそばにいるよ」という姿勢をアピールすることが効果的です。

実際にそばにいられなくても、口で言っていれば相手は安心するので、メンヘラ女性は意外と口説き落しやすいと言えるでしょう。

メンヘラ女性は、同性の友だちも少ないですし、同僚の女性たちからも疎まれていることもあります。寂しがり屋なので、言い寄ってくる男性に弱いのです。

そして、普通の女性よりも、甘い言葉に弱く、男性の行動よりも言葉を信じやすいので、口のうまい男性にはもってこいの相手だと言えるでしょう。

普通の女性なら、「それはおかしいんじゃない?」と思うことも、素直に聞いてしまうところがあるので、言葉でコントロールしやすいのです。

言葉と行動が異なっていても、言葉の方を信じます。

「すぐに離婚するから」とか「奥さんとはうまく行っていない」と既婚男性に言われると、男性が全く離婚に向けた行動を起こさなくても、あまり疑いを持ちません。そういう意味では、メンヘラ女子は、騙されやすいところがあると言えるでしょう。

特別感を肯定する

自分は特別だと思っているメンヘラ女性の気持ちを肯定することで、ぐっと距離を縮めてくる男性もいます。

ただ、メンヘラ女性によっては、容姿を褒められればうれしい人もいれば、自分の趣味の分野で理解されるのが嬉しいと言う人もいます。そこは人それぞれ。

そして、メンヘラ女性にとって大切にしていることを見抜くのは意外と簡単です。

なぜなら、彼女たちは、自分にとって一番大切なものを隠しておくのは苦手で、そこをいつも全面的にアピールしているからです。

なので、個性的なファッションをしているのであれば、その特別感を肯定すると、二人の心がぐっと近づきます。

なにか趣味があれば、それに関するグッズをバッグやハンカチなど、身に着けるもので分かりやすくアピールしているので、メンヘラ女性をターゲットにしている既婚男性には、話しかけるきっかけにしやすいのです。

自分だけは理解していることをアピール

メンヘラ女子は、同性の友達が少ないです。

異性だということでメンヘラ女子に好意的な目を向ける男性もいますが、同性から見れば、ただの付き合いづらい人。ですから、心を開いて話せる友人もゼロに等しいでしょう。

なので、そういうメンヘラ女子に近づく方法として、「僕だけは君のことを理解しているよ」というアピールをする既婚男性もいます。

そして、メンヘラ女子は、いつも自分を理解して欲しいという気持ちを強く持っていますから、優しく理解者顔をされると、コロっと落とされてしまいます。

特に、年上の男性からそういう態度をされるのに弱いメンヘラ女子は多いです。

会社の上司や先輩などと不倫に走るメンヘラ女性も沢山います。

ただ、二人の関係がうまく行っている間はいいのですが、一度こじれると、メンヘラ女子は極端な行動に出ることがあります。

相手の男性の家の周りをうろついたり、家族を調べて近づくなどのストーカーっぽい行動をしたり、夜中に電話やLINEをしてきて、「来てくれないと死ぬ」などと脅したり…。

正直言って、男性にとって、メンヘラ女性を落とすのは簡単かもしれませんが、別れるのはとても大変です。話は違いますが、結婚よりも離婚が大変という感じに似ているでしょう。

ですから、どんなに魅力的に見えたとしても、不倫相手にメンヘラ女子を選ぶのは、とてもリスクが高いのです。奥さんと離婚してもいいと思っているくらいでないと、不倫相手として付き合うには、やはり地雷…。

ただ、そんなことも冷静に判断できない男性なら、奥さんも付き合いきれないと思っているのかもしれませんね…。

メンヘラ女子とは別れるときは地獄

メンヘラ女子を好む既婚男性って、頼りがいがあったり、いつも他人に優しいタイプの素敵な人もいます。

そういうタイプの男性は、人の世話をすることが生きがいですから、いつも誰かの庇護を求めているメンヘラ女子とは絶妙にマッチングするのでしょう。

ただ、それが本当の意味での男女の愛なのかと言えば、「?」という感じでしょうか。

そこに対等な人間関係がないかぎり、本当の男女の愛とは言えませんよね。

さらに、口説き落しやすいかな、と思ってメンヘラ女子に手を出す既婚男性もいるでしょう。確かに、メンヘラ女子は、言葉を信じやすいので、口がうまい男性にとってはいいターゲットなのかもしれません。

関係が進展するスピードも速いので、不倫のスリルやドキドキ感を得るには、メンヘラ女子はいい相手と言えます。

感情の起伏も激しいので、付き合いたてのころは、そのハラハラドキドキ感で、平凡な毎日が遠くに感じられるでしょう。

ですが、どんな関係でも、いつか恋のドキドキ感は失せていくのです。その時、自分はとんでもない相手と付き合っているのだと気づいても遅いでしょう。

メンヘラ女子は、ラブラブなときは、少し変わっているけどわがままで魅力的な小悪魔的な女性に映っているかもしれませんが、実際は身勝手で、子供じみていて、何をしでかすか分からない、怖い存在でもあります。

別れるときに、女性側に次のターゲット男性がいなければ、ぐちゃぐちゃにこじれる相手だと言えるでしょう。

最後まで面倒を見ろとは言いませんが、一度手をだしたら、メンヘラ女性の側が納得しない限り、綺麗な別れなんて望めないタイプだということは、きちんと理解しておきましょう。

別れるときに泥沼化して、間違いなく奥さんにバレるという流れになります。

もし、奥さんや周囲にバレる不倫をしたくないのであれば、どんなに魅力的な女性でも、メンヘラ女子とは不倫をするべきではないのです。

美人だからとかカワイイからという理由だけで同性から疎まれているわけではないということくらい、大人の男なら、関係を持つ前に見抜けなくてはいけません。

メンヘラ女子特有の「かまってほしい」オーラを感じたら、不倫相手としては除外した方がいいでしょう。

不倫は大人同士の恋愛です。メンヘラ女子は子供っぽいところがありますから、女性側にとっても、不倫は荷が重すぎるのです。

そういう相手との不倫で家庭が壊れても、男性側には非しかないのです。メンヘラ女子にどんなことをされても、誰も同情してくれません。そこもきちんと考えた上で、大人の行動をするようにしたいですね…。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.