不倫

相手の家庭を壊す方法は略奪?奥さんへの接近?一緒になりたい男性の家庭崩壊をバレずに上手く進める秘策

既婚男性の家庭を壊してまでも、「自分と一緒になってほしい」と願う不倫相手の女性もいるでしょう。

しかし、大抵の場合、「家庭を壊すなんて自分にはできない…」と、なにも行動を起こせず、なんとか既婚男性側が動いてくれることを願っていることが多いのではないでしょうか。

ただ、彼が何も具体的な行動をとらないままなら、本気で彼と一緒になりたいと思えば、女性の方も何らかの策を練らなければなりませんよね。

略奪するにはどうしたらいいのか、略奪すれば彼は来てくれるのか、奥さんに接近すれば離婚させることができるのかなど、効果的な方法を探ってみましょう。

また、彼の家庭がうまく行かないように仕向ける方法はあるのでしょうか。それも見ていきたいと思います。

誰にも気づかれずに、彼の心が家庭や妻から離れる秘策を知り、彼との未来を掴みましょう。

不倫相手の男性の家庭を壊したくなる女性の心理とは

彼を自分だけのものにしたい

彼を奥さんとシェアしていることに、うんざりすることってありますよね。

もちろん、法律的には彼は奥さんのもの。間借りしているのは不倫相手の方とも言えます。

ただ、誰かを本気で好きになれば、彼を自分だけのものにしたいと思うのは自然なことです。

しかし、相手には家庭があるので、彼を独り占めするためには、家庭を壊すしかない、という思考回路になってしまうのでしょう。

ですが、そこにはリスクがあることも覚悟しなければなりません。

離婚なんて全く考えていないくせに、不倫している男性も沢山いるのです。そういう相手だと、あなたが略奪しようとした途端、恐れをなしてさっさと逃げていくでしょう。

また、彼の置かれている立場や状況もきちんと把握しておかないと、略奪しようとしたとき、危険人物扱いされるのは、不倫相手の方なのです。

さらに、厄介なことに、人のものだからこそ欲しがるタイプの女性っていますよね…。

もし、自分がそういうタイプだという自覚があるなら、勢いにまかせて家庭を壊そうとするのはやめましょう。

家庭を壊し、彼が誰のものでもなくなった途端、興味がなくなってバイバイ、なんてことになったら、多くの人を傷つけるだけで何も残りません。

自分は本当に彼が彼だから欲しいと思っているのか、ただ奥さんから奪いたいだけなのかということは、きちんと自分の心を見つめなおして考えた方がいいでしょう。

自分だけが損をしているように感じる

彼は、恋愛を楽しみたい平日の夜は自分のところに来て、家庭の安らぎが欲しいときや子供と過ごしたい週末は家庭でゆっくり過ごす…。

彼との不倫関係が長くなり、そんなサイクルが出来上がっていると、一人で過ごす週末が無性にむなしくなってきますよね。

自分は彼に都合よく利用されているだけなんじゃないかとか、自分だけが貧乏くじを引かされているような気持ちになる人もいるでしょう。

確かに、不倫では、女性側はいつも既婚者である彼のスケジュールの空きを待っているようなところがありますよね。

不倫相手の女性のためにわざわざスケジュールを押さえておいてくれる既婚男性ってあまりいません。

特別な日、例えば女性の誕生日や、二人が付き合うようになった記念日など、年に一度か二度、ようやく重い腰を上げて「スケジュールを空けておいてやるか」なんていう態度の男性も多いですよね…。

当然クリスマスやバレンタインデーなど、二人で過ごしたい夜も彼は家庭で過ごし、夏休みや年末の長期休暇にも、彼とは会えない女性も多いでしょう。

なぜか自分だけが我慢させられていて、おいしいところは全部彼の家族が持って行ってしまう…というマイナス思考におちいるとき、彼の家庭を壊してやりたい!と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ただ、そんな風に女性が損をする関係だということは分かって不倫を受け入れたのは、あなた自身。

彼一人では不倫は成立しませんし、相手の同意なしに無理やり不倫することもできません。

ですから、そんな不公平でゆがんだ部分がある関係だということをあなたも納得をした上で、不倫していることは忘れずにいましょう。

一方的な被害者意識を持っていると、いいことは何もありません。

もし、二人の関係が周囲にバレると、批判されるのは彼以上にあなたである場合も多々あるのです。

奥さんに負けたくない

彼の奥さんを実際に知っていたり、周囲の人から噂を聞いていたりすると、勝手にライバル意識を持ってしまうこともあるでしょう。

不倫相手の彼が、以前からの知人だったりする場合、奥さんにも会ったことがある女性も多いのではないでしょうか。その時点では、彼と不倫関係になるとは思わず、親しく口をきいたことがある人もいるでしょう。

顔を知らないなら、まだ耐えられることも、実際に顔も知っている女性だと、「今頃彼はあの人と一緒に家にいるんだ…」などと、嫉妬心も強まります。

また、会社の同僚などが不倫相手の場合は、彼の結婚式などで彼の奥さんのことを知っている同僚もいたりして、「○○さんの奥さんって美人だよねー」とか「家に遊びに行ったことあるけど、素敵な人だったよ。料理もうまいし」など、余計な情報を教えてくれる人もいますし、奥さんの写真を見せてくる人もいるでしょう。

やはり、顔を知ってしまうと、冷静ではいられなくなってくるもの。

奥さんが美人なら美人で嫉妬心が湧きますし、どうしても自分と比べてどうのこうのと考えてしまいますよね。

奥さんへの強烈な嫉妬心から、家庭を壊してやろう!と考える人もいるでしょう。

ただ、奥さんにしてみればとんだとばっちりですよね…。

不倫をしている相手はあくまでも彼であって、彼の奥さんは何も悪くないどころか被害者とも言えます。

そのことを忘れて、自分の不満の全てを彼の奥さんにぶつけるような行動はやめた方がいいでしょう。方向違いの悪意は、結局自分に返ってきます。十分気を付けましょう。

略奪?家族への接近?不倫男性が奥さんとの離婚を進めないために浮気相手の女性が考える家庭崩壊への道とは

奥さんに不倫を匂わせる

不倫相手の男性がなかなか離婚を決意してくれないとき、略奪を考える人もいるでしょう。

今の時代、不倫されたらすぐ離婚を考える奥さんも沢山います。

女性も経済力を持つ人が増えましたし、不倫するような男とは、さっさと離婚してしまおうと考える女性も多いでしょう。もちろん、その場合は、不倫相手の女性にも慰謝料を請求することもあるでしょう。

もし、慰謝料くらい払ってもいいからと、家庭崩壊を狙うなら、奥さんに不倫がバレるのが一番手っ取り早い方法と言えるでしょう。

奥さんと巧妙にSNSで繋がって不倫を匂わせたり、彼が家で過ごしている時間に、彼のスマホに何度もしつこく連絡して彼に怪しい行動をさせて、奥さんに気づかせるなど、方法はいくらでもあります。

ただ、注意点が一つ。

そもそも、彼の方に奥さんと別れる気がなければ、不倫がバレて奥さんが離婚をちらつかせた途端、不倫相手の女性の方と手を切るケースはとても多いです。

散々、不倫相手には甘い言葉を囁き、奥さんに対するグチをこぼしていたとしても、不倫がバレて奥さんが本気で怒って離婚する!と騒げば、途端に青ざめるような男は沢山います。

奥さんに土下座してでも、「離婚しないでくれ!」とすがったり、不倫を女性側から誘われたせいだと平気でウソをつくこともします。

そういう男って、やっぱりどこかで奥さんに甘えているのでしょう。奥さんの手のひらの上で転がされていると言ってもいいのではないでしょうか。

結局、不倫相手と甘い時間を過ごしていても、帰る場所は奥さんのいる家庭だと安心しているんですよね。もはや、奥さんは一人の女性というより、家族としての存在の重みがあるのでしょう。

そんな家族の絆がある中、男性が離婚を決意するのは、相当なパワーと忍耐力が必要なのです。

ですから、それに耐えられるような男性でなければ、わざわざ離婚なんて絶対にしないでしょう。

不倫をするのは本人の選択なので、好きだと言う感情のままに突っ走るのもいいのですが、彼の甘い言葉にまどわされ、奥さんと離婚してくれるものと思いこむのは、やめた方がいいでしょう。

逆に言えば、結婚と離婚を繰り返すような男性って、パワフルで家族の情などに振り回されないタイプが多いです。

なので、そんな彼なら略奪はしやすいかもしれませんが、あなたと結婚してもそのパワフルさでまた不倫をするでしょう。こういうタイプは、一生安心させてはくれません。

そもそも離婚する気がある男性なら、不倫相手の女性が離婚をせがむ間もなく、さっさと離婚しているでしょう。ですから、略奪というのは、なかなか思い通りにはいかないことが多いのです。それを忘れずにいてください。

妊娠

外堀を埋める、という言葉がありますよね。

彼自身には離婚する気がなくても、もう離婚するしかない、という状況を作り出すことも一つの略奪への道でしょう。

自分の身に起こるリスクをかえりみないのなら、よくある略奪のパターンが、妊娠という既成事実を作ってしまい、奥さんとの離婚を迫るというやり方です。

あなたが妊娠したことをあなたの親や、相手の奥さん、周囲の人たちが知れば、彼を離婚せざるを得ないところに追い込むことができるでしょう。

そのパターンで略奪婚をしている人もよく聞くところです。ただ、その後うまく行っているかと言えば、あまりいい話を聞かないことも多いです…。

もちろん、不倫相手の妊娠を知った途端、一目散に逃げる男も沢山いるのが、この作戦の一番リスキーな点です。

シングルマザーになっても彼との子供を育てていく、というくらいの強い気持ちと、彼に対する愛がなければできないことなので、外堀を埋めるのも、それなりの覚悟が必要になってきます。

人の家庭から男の人を奪うということは、それほど重大なことなのです。

自分の赤ちゃんをそんな形で望んでいない人は、妊娠をダシに略奪を狙うようなことは絶対にしないようにしてください。

自分の身を滅ぼすリスクも

既婚男性の略奪には、自分の身を滅ぼすリスクをはらんでいるということをよく考えておきましょう。

特に、奥さんに何の非もなく、男性がただの性欲解消目的で不倫をしている場合は、略奪を試みても、結局は不倫相手の女性側だけが深く傷ついて終わることもとても多いのです。

男性は、本当に自分が望むことしかしませんし、望んでいることはどんなことがあってもやりとげようとするわがままなところがあります。

離婚にしても同じです。
彼が離婚してまで不倫相手の女性と再婚したいと思っているなら、もうとっくに離婚に向けた動きをしているのです。

それをしないということは、こちらがどれだけ巧妙に略奪をしかけても、彼の方にはあなたと再婚したいという気持ちがないのですから、たとえ奥さんと別れさせることができたとしても、あなたと再婚するとは限りません。

逆に、奥さんとの離婚の原因が、あなた側からのリークだった場合、彼を怒らせる結果になって、彼から別れを告げられてしまうと言うこともよくあることです。

人の家庭を壊すということは、とてもハイリスクな行為。それをやるだけの価値が、彼にあるかどうか、よく考えた方がいいでしょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫中の男性の家庭崩壊をバレずに進めるための秘策

自分といる方が幸せと信じ込ませる

じわじわと彼の心が家庭から離れるように仕向ける方法としては、時間はかかりますが、あなたといる方が、奥さんといるときよりも彼にとって幸せだと思ってもらうのが「急がば回れ」と言えます。

人間は結局、一緒にいて居心地がいい人を選びます。

既婚男性は特に、奥さんとの生活を通じて、「どれだけ激しい恋愛の末に結婚したとしても、その気持ちは徐々に冷めていき、残るのは相性の良し悪し」ということが分かっています。

ですから、恋愛のドキドキ感や、自分をハラハラさせてくれるような性的に魅力的な女性が伴侶としてふさわしいとは、もう思えなくなっていることが多いです。

だからこそ、不倫は不倫と割り切っている男性も多いのです。恋愛をしたいからこそ、不倫関係でいるという場合もあるということです。

結婚してしまえば、どんなに魅力的な女性も、奥さんのように色あせて見えてくると分かっているから、恋愛をしたい相手と結婚相手をはっきり分けることができるのでしょう。

そういう意味では、仮に、どんなに彼とのセックスの相性がよくても、彼はそれだけを理由にあなたと結婚したいとは思いません。

逆に、だからこそ不倫関係のままでいたい、と思うはずです。
こういう相手に家庭崩壊や略奪を望んでも、無駄な努力なのです。

もしかしたら、既に家庭は崩壊している可能性も高いです。それでも離婚しないで、カタチだけは家族を保っているようなところもあるのです。

それよりも、奥さんといても安らぎを得られず、家にいてもゆっくりできないような結婚生活を送っている男性の方が、略奪婚には向いているでしょう。

そういう彼なら、あなたの方は、一緒にいるときに彼に安らぎを与えてあげることが大切です。

いつも神経をとがらせているような仕事をしていたり、忙しくてゆっくり休息も取れないような男性なら、あなたの部屋にいるとぐっすり眠れるとか、栄養のある食事が出てきて英気を養えるな、と思ってもらえるように努力しましょう。

彼があなたといると、仕事にもいい影響があるな、と思えば、だんだんと、奥さんとの離婚にも前向きになってくれるでしょう。そんな風に、最初から可能性のない相手を狙わないことも、略奪には大切な要素でしょう。

彼を甘やかす

彼があなたに本当に求めていることは何かをきちんと把握することも大切です。

これは、一見うまく行っているように見える夫婦でも、なかなか難しいことなのです。

妻には妻の要求がありますし、夫が家に居れば手伝ってほしいことも山ほどあります。

家事にしろ、育児にしろ、男性も家庭で何もせずにいられる時代ではもうありません。

ただ、全ての男性がそんな状況に不満がないわけでもないでしょう。

基本的には、自分が王様でいたい人たちですし、自分の親世代は、母親が全てこなして当たり前だった人も多いので、家事や育児は自分のやりたいときだけ、やりたいことを少し手伝えばいいだろうと思っている男性もまだまだ沢山いるのです。

男女問わず、仕事を思い切りした後は、ただダラーっとゆっくりしたい時もあります。

奥さんはもしかしたら仕事もしながら育児や家事もしていて、家に帰っても休む暇もないのかもしれません。

そう考えれば、奥さんの立場からしてみれば、夫だけだらけているのは許せない!となるのも分かります。

家庭を共に作っていくという夫婦という関係の中では、男性も役割を担うのが当たり前なのです。

ですが、不倫相手のあなたは、彼が自分の部屋に来れば、彼に好きなだけのんびり過ごさせてあげることができます。

実際、不倫相手の部屋に来て、上げ膳据え膳で過ごせる時間が心地よいと感じる既婚男性も多いでしょう。

何もしなくてもうるさく言われず、逆にそんな自分をかいがいしく世話してもらえるのは、男性からしてみれば最高の時間でしょう。

もちろん、これは妻からしてみれば、男をダメにする行為ですし、きちんと一緒に家事も育児もやって欲しいと思ったら、夫には最低限でも自分の世話くらいして欲しいと思うのが当然でしょう。

ですが、男性の立場に立ってみれば、どちらと一緒にいたいと思うでしょうか。
それは一目瞭然ですよね。

略奪をしたいと思うほど彼のことが好きであれば、彼をダメにするくらい、甘やかせばいいのです。

ただし、その後略奪に成功し、あなたが彼と結婚したとしても、彼は子育てや家事や仕事に忙しいあなたに手を貸すかどうかは疑問です。

それでもいい、彼には何も手伝ってもらおうと思っていない、というくらいの気概がなければ、彼を甘やかして略奪しても、大変な未来が待っていることだけは注意してくださいね。

夫婦同士、不信感を持たせる

家庭崩壊につながるのは、夫婦間の信頼関係が崩れたときでしょう。

あなたの側で、彼に不倫のあとを強く残すことができれば、奥さんに不倫を疑わせてることができ、奥さんは夫に対して不信感を持つようになるでしょう。

例えば、奥さんバレするのでNGの香水や匂いの強い柔軟剤なども、本当に不倫バレしてでも相手の家庭を壊したいと望むのであれば、奥さんに不倫を気づかせる効果的なものになります。

また、彼が気づかないような場所にキスマークをつけたり、「あなたの夫は不倫してますよ」というアピールをするのは、それほど難しいことではありません。

ただ、彼の方に奥さんへの不信感を植え付けるのはなかなか大変です。

もし奥さんのSNSを見つけることができれば、Twitterなどで奥さんが夫に対するグチなどを呟いていれば、さりげない形で彼に見せることができるといいですね。

バレないと思っているせいか、Twitterに身バレギリギリのところできわどいことを呟いているアカウントって多いんですよね。

奥さんの趣味や好きな有名人などが分かれば、検索でたどり着くことができるかもしれません。鍵付きの場合もありますが、男性を装ってフォローさせてもらうなど、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

奥さんのSNSにたどり着き、夫の悪口を見つけられればラッキー。たいていの既婚女性は、なんだかんだ夫への不満を呟いているものです。

ただ、彼に露骨に「奥さんがあなたのことなんか呟いてたよ」と見せるのも白々しいので、酔っているときなど、彼のガードが緩いときを狙って見せてみましょう。

自分は不倫をしているくせに、奥さんがちょっとグチを呟いただけで、彼の顔色はみるみる変わっていくでしょう。

自分が裏切ることは平気なくせに、裏切られることは許せないという男性って、多いですよね…。

家庭を壊すことを既婚男性に告げる事で女性が陥る最悪な状況

男性が去っていく

どんなに性的に魅力的な女性で、燃えるようなセックスを楽しめる相手だとしても、奥さんと別れてまで付き合うかどうか、さらに結婚までするかは別の話。

そこを女性側が勝手に盛り上がって、奥さんに近づいて不倫をバラすなどして自分の家庭を壊しにかかってきたら、男性はその女性に対してもう性的な魅力すら感じなくなります。人間として、ひたすら怖いと思うだけでしょう。

「あなたの家庭を壊してやる!」というセリフって、普通は不倫の別れ際にいう言葉ですよね。

どんなに二人の関係が盛り上がっている最中だったとしても、あなたが彼に家庭を壊すことを匂わせただけで、彼のテンションはがた落ちします。

それでも喜んで付き合い続ける男性なんて、いるはずがありません。ですから、本当に彼の家庭を壊して略奪したいと思っていても、彼に宣言する必要はありません。

彼は、そんなことを思っているのか…とドン引きし、恐れをなしてあなたから逃げて行ってしまうでしょう。

また、子供がいる家庭なら余計、子供に危害を加えられるんじゃないかと思ったら、あなたを悪人に仕立てででも、子供を守ろうとするのが普通の父親です。

気づいたら、自分ひとりが悪者になっていた、ということにならないよう、くれぐれも発言には気を付けた方がいいでしょう。

ストーカー扱いされる

昔の映画ですが、「危険な情事」という伝説的なアメリカ映画をご存じでしょうか。

男性はあれを見ると、不倫をしたくなくなるだろうと思うくらい、ある意味、不倫ホラーとも言えるような内容です。

要は、不倫をした相手の女性がストーカー化していって…という話なのですが、これって、不倫で一番男性が恐れるストーリーだろうな、と思います。

彼に離婚する気が全くないのにあなたと不倫を続けている場合、あなたが家庭を壊そうという気持ちになってしまったのは、もちろん彼にも責任はあります。

ただ、不倫はそもそも、女性の方が我慢を強いられることの多い、不公平な関係なのです。

それを分かった上で、あなたも彼との関係を受け入れたなら、それに耐えられなくなった時点で別れるのが大人のやり方。

「奥さんと別れてくれないなら、家庭を壊すから」なんて言われたら、その瞬間からあなたは、「ストーカー」と見なされても仕方がありません…。

男女問わず、今まで恋愛対象だった相手をストーカーと一瞬でも思ってしまうと、もうそれまでと同じような恋愛感情を抱くことは難しいですよね。

その時点で、あなたは厄介な相手として彼から認識されるでしょう。「どうしたら、こじれずにうまく別れられるだろう?」と彼の方が考えてもおかしくありません。

彼が全てを奥さんに話して謝り、奥さんが許せば、二人の夫婦としての絆が逆に深まる皮肉な結果になることもあります。その時点で、あなたはストーカーとして、夫婦の共通の敵になってしまうのです。

家庭を壊し、彼を略奪しようと宣言した結果、夫婦の仲をさらに深め、自分が敵になるなんて、考えたくもありませんよね…。

全てを失う

彼の家庭を壊そうとしても上手くいかず、彼が去り、あなただけが悪者扱いされるようになってしまうと、周囲に噂が広まっていくこともあるでしょう。

奥さんの方が一枚上手だと、あなたの職場にも手をまわし、反撃してくる可能性もあります。

例えば、彼とあなたが同じ職場の場合、奥さんにその会社にツテがあれば、あなたが家庭を壊そうとしていたと、知り合いを使って噂を流させることもできます。

彼を失った挙句、仕事も失ったら立ち直ることができませんよね。

略奪を決めたからと言って、彼に正直に言わないといけないというルールはありません。自分の素直な気持ちを彼に全てぶつけたいと思うのは、子供の恋愛です。

不倫はあくまで大人同士の恋愛なのです。ですから、あまりに子供じみた振る舞いは、自分自身を追い詰めるだけなので、気を付けましょう。

既婚者男性夫婦を確実に「早く離婚しよう」と破滅に向かわせる誘導テクニック

妻のタイプを見極める

不倫をしている女性の立場から見れば、奥さんって彼を縛り付けている憎しみの対象なのかもしれません。

ですが、妻と一口に言っても、色々なタイプの女性がいますよね。

夫が不倫していたら、速攻別れてもいいと思っている女性もいれば、不倫してようが何をしていようが、仕事をしてお金を稼いでくれれば、全て目をつむるという覚悟をしている女性もいるでしょう。

奥さんが後者の場合は、離婚させるのはなかなか難しいでしょう。

彼は稼ぎのいい人なのではないでしょうか。稼ぐ夫であればあるほど、妻は不倫を黙認してでも、離婚なんてせずに、自分の生活のレベルをキープしたいはずです。

残念ながら、そういう奥さんが相手だと、彼が失業でもしないかぎり、奥さんが彼を見限ることはないでしょう。

奥さんにとって、彼の不倫が初めてのことでないなら余計、不倫でもなんでもお好きにどうぞ、というスタンスは変わりません。

ただ、こういう夫婦では、夫婦間の愛情が冷え切っていることも多いので、あなたが心から彼に尽くせば、彼の方が感動して、奥さんを見限るということもありえます。

ですから、略奪だとか家庭を壊すという考えは一旦置いておいて、ただ純粋に精いっぱいの愛情を彼に注いでみましょう。その想いがピュアであるほど、彼の心を動かすことができるかもしれません。

一方、彼の財力はあてにせず、ただ愛情と信頼だけで繋がっている妻の場合は、やはり彼が不倫をしていると知れば、ショックを受けるでしょう。

彼の裏切りを知って、すぐにでも離婚したいけれど、子供がいたり、自分がシングルマザーになることへの不安で、なかなか離婚できないというパターンもあります。

しかし、不倫なんてするような男とは生活を共にできないという女性は、いずれ離婚を選ぶでしょう。

ですから、彼は気づかないけれど、奥さんなら気づくような不倫のあとを彼につけて家に帰すようにすれば、そのうち奥さんは不倫を知ることになります。

「奥さんを大切にしてあげて」と言う

あえて、「奥さんの元へ戻ってあげて」と別れを匂わすのも、彼の気持ちを試す一つの手段でしょう。

「奥さんと別れて」としつこく言われると、不倫相手と手を切りたくなるのが男心なのです。

逆に、「私と別れて奥さんを大切にしてあげて」、と言われれば、彼が本気であなたを好きなら、「あなたとのことをきちんと考えなければいけない」、と思うものです。

もし、それで「あ、そう?じゃあ別れよう」と素直に受け取るような男性は、そもそもあなたと真剣に付き合っていたわけではないのでしょう。

そんな相手を略奪しようとするのは、時間と労力のムダです。
逆に、周囲に不倫がバレやすくなり、自分の身を危険にさらすでしょう。

その意味では、あなたが身を引くような発言をしたとき、彼がどんな行動を取るかで、彼のあなたへの想いもよく分かるのではないでしょうか。

彼の家庭を崩壊させることや略奪を考える前に、彼の気持ちをきちんと確かめるのも大切です。自分の身を守るためにも。

最後の賭けに出てみる

どうしても彼が煮え切らないと思うなら、一度すっぱり彼との連絡を絶ってみるのも彼に行動を促すことに繋がることがあります。

不倫から略奪を望んでいる人に訪れる注意点とリスク・略奪婚を確実に成功させるための方法

ただ、これは最後の賭けとも言えます。彼の方がそこで何もアクションを起こさなければ、あなたとはもう別れてもいいやと彼が思っているということ。

元々、彼には離婚する気なんてなかったと諦めるしかありません。
本気で一緒になりたいと思うくらい、あなたを愛していたのなら、あなたからの連絡が途絶えたら、彼は焦り、何らかの行動を起こすはずです。

奥さんや家庭を捨てでも、この愛を貫きたいと思っていたら、あなたからの連絡が途絶えたら、不倫がバレるリスクがあっても、あなたの部屋にやってきて顔を見に来るはずです。

略奪愛を成功させる秘訣と注意点&略奪した既婚男性と幸せになるための効果抜群な方法

あなたが略奪したいと思い詰めるほど彼のことを愛しているのに、彼の方には家庭を捨ててまでの想いがないのなら、あなたが略奪へと行動すればするほど、彼の目には、「ストーカー」のように映るでしょう。

一歩間違えれば、警察沙汰にもなりかねません。ですから、彼が離婚への動きを取らないからと言って、家庭を壊そうなどと焦って行動を起こさず、最終的にはあなたから連絡を絶つことで、最後の賭けに出てみるのもいいでしょう。

二人の間の温度差に気を付けましょう

既婚者の彼を略奪するにはどうすればいいのか、そしてその際の注意点などを見てきました。

彼の方に、奥さんに対する不満などがあり、もう奥さんと別れてもいいという気持ちがあるなら、略奪がうまく行く可能性も高いでしょう。

ですが、彼の方に離婚する気が全くなければ、家庭を壊そうとしたり、彼を略奪しようとするあなたの行為は、彼と彼の家族を脅かすものと捉えられてもおかしくありません。

普段、二人でいるときに彼が「離婚する」などと甘い言葉を囁いてきたとしても、そこに彼の本心があるのかは、慎重に見極めた方がいいでしょう。

とりあえず離婚という言葉を口にしておけば、不倫相手の女性の気持ちを繋ぎとめて置けるなどと考えているだけで、全く本気で離婚しようとは思っていない既婚男性は沢山います。

口だけで何の行動も起こそうとしない彼に不安を感じるからこそ、あなたも略奪や家庭を崩壊させようと考えてしまうのでしょう。

その点では、離婚する気もないのに「離婚する」と言う男性が一番悪いです。

しかし、不倫というのは、そもそも既婚者との恋愛。それを分かっていて、関係を受け入れたのはあなたなのです。

もし、彼のうそに気づき、未来がない関係に嫌気がさしたなら、さっさと別れることもできます。そんな大事なことで嘘をつく男性と付き合い続けても、いいことなんてありませんよね。

ですから、彼の家庭を壊して、略奪してやろうと考える前に、彼の方に離婚する気があるのか、よく見極めた方がいいでしょう。

そうしないと、あなたの方が彼とその家族にとっては「加害者」になってしまいます。

そんなつもりはないのに、ストーカー扱いされてしまい、その後の人生でも「不倫相手にストーカー化した女」と噂がつきまとうこともあるでしょう。

自分は本気で愛しているからと言って、相手も同じ気持ちだとは限りませんよね。

彼にとっては、あなたは性的に魅力あふれる女性で、これからも体の関係を続けていきたい相手かもしれませんが、奥さんと離婚してまで結婚したいかと言えば話は別なのです。

逆に結婚することで、一緒に生活していく中で性的な刺激が薄れてしまうのは彼にとっては一番避けたいことでしょう。それなら、このまま恋人として、恋愛気分をずっと味わいたいというのが本音かもしれません。

もし、二人は愛し合っているとあなたが思っていても、どこかに温度差があると感じたり、彼の行動を見ていると離婚する気なんてないな、と思うなら、少し距離を置いて彼の気持ちを確かめてみるのもいいでしょう。

それをせずに、いきなり略奪へとあなたが行動を起こすと、彼は恐れをなして逃げていく可能性も高いです。

いざとなれば、奥さんに土下座して泣きつき、全ての責任を不倫相手のあなたに押し付けて、あなたを悪人にしたてあげるような悪い男もいるのです。

そんな相手に無駄な労力を使うよりも、さらにあなた自身の魅力を磨いて、自分にもっとふさわしい男性との出会いを求めた方が、本当の幸せに出会えるのではないでしょうか。

まずは、彼の気持ちを確かめ、本気で奥さんと離婚する気があるなら、その上で、彼の離婚がスムーズにスピーディーに進むよう、そっとサポートするのがいいでしょう。

彼に離婚する気がないのに、先走るような行動をして、自分だけが悪者になってしまうのは、避けてくださいね。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.