不倫

略奪愛を成功させる秘訣と注意点&略奪した既婚男性と幸せになるための効果抜群な方法

既婚者である彼を本気で奥さんや家族から奪いたいと思う不倫相手の女性は多くいるでしょう。どうすれば、彼を自分のものにできるのでしょうか。略奪愛を成功させる秘訣っていったいどんなことなのでしょう。

ただ、それにはリスクも伴います。不倫が奥さんにバレれば慰謝料を請求されるかもしれませんし、周囲に知られれば、あなたは確実に批判されることになるでしょう。

彼が実際に奥さんと離婚することになった後も、様々に乗り越えなければならないこともあります。しかし、それを覚悟した上で彼を自分のものにしたいと思うのは自分の選択です。不倫は大人の恋愛ですから、自分で責任をとることが大切です。

その上で、実際彼を手に入れた後、どうすれば彼と幸せになれるのかを考えてみたいと思います。

略奪愛を成功させる秘訣

彼と奥さんの本当の関係を見極めよう

略奪愛って、不倫以上に世間では叩かれますよね。不倫をした上に、奥さんから彼を奪い、家庭を壊した悪者というイメージが女性について回るからでしょう。

ですが、元々奥さんとうまく行っていなくて、彼が本気で別れたいと思っているなら、それは厳密には略奪愛とは言えません。

そもそも、もし彼と奥さんが新婚時代のようにラブラブだったら、彼が他の女性に目が行くことはないはずです。不倫なんて考えもしないでしょう。

ただ、酔っぱらって前後不覚になり、そんな時に女性に誘われて関係を持ってしまったというような一時の浮気ならあり得るかもしれません。

そんな特殊な状況下でない限り、男性って奥さんに夢中な時は、浮気をしようとは普通思わないものです。女性もそれは同じですよね。

ですから、略奪愛が成立しやすいのは、既婚男性がもう奥さんに全く愛情を感じられなくなった時でしょう。そうなると、略奪というのはちょっと言い過ぎではないかなと思います。

それはさておき、もし略奪愛を成功させたければ、男性と奥さんの関係性が本当のところはどうなっているかを知っておくことが必要でしょう。

彼が奥さんとの関係に対して、もう別れたいくらい絶望しているような場合は、こちらが積極的に動いて、彼をうながした方が早く離婚が成立するでしょう。

しかし、彼の方は奥さんに対して不満程度ならあるけれど、別れようという気持ちまで持っていない場合は、彼が離婚を決意するのに時間がかかるでしょう。

すぐにでも離婚して自分と一緒になって欲しいと思う前に、彼と奥さんとの関係が本当のところはどうなのか、きちんと把握しましょう。そうしないと、こちらの時間がただただ無駄に過ぎるだけです。

「妻とはうまく行っていない」とか「離婚して君と結婚したい」と会うたびに言ってくるけれど、実際は別れるつもりがないというずるい不倫男性は沢山います。

その言葉にまどわされず、もしこの男には奥さんと離婚する気なんてサラサラないな、と気づいたら、速攻別れた方が時間をムダにしなくて済むでしょう。

略奪する気満々はNG!

既婚男性を好きになってしまったのは仕方ないことですが、「奥さんから略奪してやろう!」と鼻息荒くせまるのはNGです。自分ではそんな態度は出していないつもりでも、そういう気持ちって、雰囲気やちょっとした言動に出てしまうものです。

気持ちがたかぶるときは、一度、既婚男性の立場になってみましょう。

いい感じになってきたなと思っていた女性が、急に「奥さんや子供からあなたを奪ってやる!」という気迫をみなぎらせて近づいてくれば、自分と奥さんとの関係がどうであれ、引きますよね…。その女性に対してそれまで抱いていた好意もしぼむでしょう。

ですから、最初から略奪する気満々で近づいても、うまく行かないことは覚えておきましょう。既婚男性を略奪する秘訣というのは、最初から略奪する気で付き合わないこと、と言えます。それくらい、男女関係って繊細なのです。

特に婚姻関係が絡んでくる恋愛では、こちらも勢いだけで進むことは許されません。彼の反応を確かめつつ、慎重に事を進めることが必要になってくるでしょう。

自分といる方が居心地がいいと感じさせる

彼を略奪するためには、時間がかかるかもしれまれんが、自分といる方が居心地がいいと彼に感じてもらえるように努力するしかありません。

ですが、女性にとって、時間は特に貴重です。彼をいつまでも待つということはしない方がいいと思います。口だけは上手くあなたをなだめながら、何年もずるずる不倫関係を続けようとする悪い男もいるのです。

なので、女性の方としても、期限は設けるべきです。例えば、一年間というリミットを作り、彼にあなたと一緒に過ごす時間がいかに居心地がいいかを分かってもらう努力をしてみるのもいいでしょう。

彼に会う時は、いつも身綺麗にしておく、グチは言わない、彼に尽くせるだけ尽くす、など、彼の性格によっても不倫相手の女性がすべきことは違ってくるでしょう。

ですから、彼をよく観察し、何を求めているかきちんと判断することが重要です。そして、彼が奥さんからは満たしてもらえない部分を刺激することで、彼の気持ちも変わってくる可能性はあります。

ただ、一年経っても彼の方に何のアクションを起こすような様子がなく、不倫をダラダラ続けていこうとしているだけと分かったら、あなたがそこできちんと立ち止まることは大切です。

彼が奥さんとのことをきちんと整理するつもりもなく、あなたとの未来を考えているわけではないと分かったら、彼との関係はきっぱりやめた方があなたのためです。

不倫相手の女性が色々と自分にしてくれることに対して何のアクションも起こさず、甘えているだけの男は、略奪する価値もありません。

あなたと結婚したとしても、ただ母親に対するように甘えてくるだけです。恋をしている時は、目がくらんで彼の本当の姿は見えにくいでしょう。でも、リアルに彼と結婚したとしたらということを想像してみてください。

あなたに甘えたまま、なんの感謝もない様子なら、結婚したら一体どんな夫になるのでしょう。それでも略奪したい、彼と一緒になりたいと思うでしょうか。もう一度、きちんと考えてみる必要がありそうです。

家庭を持つ男性を「奪いたい」と本気で感じた女性が彼を失わないために守るべきこと

奥さんを悪く言わない

既婚男性を奪いたいと本気で思ったとき、気をつけておかないと彼を失ってしまうことになりかねない行動や言動があります。さっそく見ていきたいと思います。

まずは絶対に奥さんを悪く言わないことです。彼が奥さんのことをどんなに嫌っていたとしても、あなたまで奥さんを悪く言うことはやめましょう。

彼もあなたに同調してもらおうとして、あることないこと愚痴ってくるでしょう。もし、あなたがその誘いに乗ってしまえば、その場は盛り上がるかもしれません。しかし、その結果、彼にとってあなたは次の奥さん候補からは外されてしまうでしょう。

自分は悪口を言ってもいいけど、他の人、特に自分が好意を持っている人が悪口を言っているのは嫌だという、人間ってわがままな生き物です。自分が好きな人には、誰の悪口も言わない聖人のような人間でいて欲しいという気持ちがあるのでしょう。(実際にそんな人はほとんどいませんが)

ですから、彼の前では人の悪口は言わない方がいいですし、彼が奥さんに未練はないとしても、特に奥さんのことを悪く言うのはやめましょう。それは不倫の最低限のマナーとも言えます。

彼に主体的に決めさせる

彼が離婚する・しないという問題に、あれこれ口を出さない方が賢明です。あなたがあれこれお膳立てをして離婚が決まったとしたら、今後、彼は事あるごとに、あなたに押し切られて離婚することになったと言い訳するはずです。

それに、よほど気の弱い男性でない限り、女性に指示されて物事を決めることを嫌がる男性は多いものです。あくまでも、彼に自分で決めさせるようにした方がいいでしょう。

そうしないと、今後の付き合いの中で、いつもあなたに言うことを聞かされている、というような被害者意識を持つようになるかもしれません。

さりげないサポートは必要かもしれませんが、自分の責任で自分が決めた、という気持ちを男性には持たせた方がいいでしょう。そうすれば後から「お前のせいだ」とか「お前に言われたからだ」というセリフは聞かずに済みます。

愚痴っぽくならない

彼にグチをこぼすのも、彼を遠ざけることになるでしょう。彼の態度が煮え切らなくてイライラしてしまうことがあるかもしれませんが、愚痴っぽくなったらこちらの負けです。

夫として、彼は散々奥さんからグチを聞かされてきたでしょう。夫婦になれば、そんなこともあります。そういう結婚生活の中で、彼の方はこんなはずじゃなかったと思うこともあったでしょう。

妻から延々と愚痴を聞かされるのがイヤで外に癒しを求め、不倫を始めたと言う男性も多いです。そんな時に、不倫相手からもネチネチ責めるようなことを言われたら、彼はどう感じるか考えてみましょう。

あなたが本当に彼を愛しているなら、自分の言いたいことの半分以上は飲み込んででも、彼に愚痴をこぼすのはやめましょう。そうすれば、奥さんよりもあなたといる方が居心地がいいと思ってもらえるでしょう。

彼に家庭を捨てる気がない場合はきっぱり手を引く

彼の方にもし家庭を捨てる気が全くないと気づいたら、あなたはどうしますか。どれくらいかかるか分からないけど、彼との関係を続けてみて、彼の気持ちを変えるために頑張ろうと思えるでしょうか。

その間に、あなたも確実に年を取ります。そして、周りの友人や同僚たちは普通に恋愛をして、結婚をしていく人も出てくるでしょう。その時、彼らに嫉妬してしまうかもと思うなら、彼に離婚する気がないと分かった時点で、さっさと手を引いた方がいいでしょう。

例えば、奥さんが精神的なDVをしてくるとか、全く彼に関心がなく家庭内別居状態だ、など、夫婦関係に決定的な問題があり、彼が切実に奥さんと別れたいと思っているなら、不倫相手のあなたは彼にとっては救世主に見えるでしょう。

しかし、奥さんと別れる気が全くないのに「離婚してよ!」としつこく迫ってきたら、彼の方にも最初は好意があって不倫関係になったとしても、結局最後はあなたがストーカー扱いされるだけでしょう。

いったん彼の中のあなたに対するイメージが悪い方へ傾いてしまうと、挽回するチャンスは滅多にめぐってきません。それどころか、不倫関係を全て奥さんに話してでも、あなたを悪者にして、自分は被害者ヅラをして逃げようとする場合もあるのです。

そうなると、あなたが奥さんから慰謝料を請求されることにもなりかねません。周囲にもバラされ、彼を誘惑した悪い女として後々まで噂される可能性もあります。

そうなれば、あなたが将来本当に愛する人と結婚しようとしたとき、過去が引っ張り出されて、邪魔されることもありえます。

不倫は不倫と割り切って浮気をしているような男性なら、このような流れになることもあるのです。その点はよく考えて、自分がこのまま略奪愛へと突き進んで大丈夫なのかどうか、見極めてください。

不倫で略奪愛を絶対に叶えるための効果抜群な略奪方法

きちんと相手を選ぼう

では、略奪愛を絶対に叶えたいと思っている場合、効果バツグンな方法ってあるんでしょうか。

はっきり言えることは、離婚する気が全くない人との不倫を避ければ、略奪愛が叶う可能性はかなり高くなるということです。つまり、まずは不倫をする前に、相手を選び間違えないことが大切です。

考えてみてください。奥さんとラブラブな既婚男性は、そもそも不倫なんてしませんよね。

もし、奥さんともラブラブなのに不倫をするような男性は、絶対に離婚しないでしょう。そんな男は、ただの恋愛体質の浮気者です。不倫相手を本気で愛するようなことはしません。必ず、最後は奥さんの元へ帰ってしまうものです。

そんな風に、不倫相手を本気で愛するようにならない男性は、女性がどんなに頑張っても略奪できないでしょう。

ですから、不倫をする際は、既婚男性でも、奥さんとの関係がうまく行っていないとか、関係が冷めてきっているような男性を選んだ方が略奪できる可能性が高いです。

それを不倫が始まる前に見極めるのはとても難しいかもしれませんが、簡単に深い関係にならず、まずはじっくり彼と知り合うことに重点を置いてみましょう。彼が置かれている環境を知っておくことは、こちらにとって損はありません。

女性は、いったん体の関係を持ってしまうと、相手の真意がなかなか見えなくなってしまいます。なぜなら、セックスをしたことで、どんどん心も相手に引っ張られてしまうところがあるからです。

そのままずるずると関係を重ねていってしまい、そのうち彼が離婚する気なんて全然なく、自分とは体が目的で付き合っているだけだなと気づいても、後戻りできないくらいのめりこむ人が多いのです。

ですから、既婚男性とは、体を繋ぐ前に時間をかけて相手を知るということも大切なのです。セックスに至るまでが、恋愛の本当の醍醐味と思って、まずは彼の人間性をよく見極め、奥さんとの関係についてもきちんと判断することが重要です。

こちらから期限を示す

相手の条件だけを受け入れて不倫をしていると、略奪愛はうまく行きません。

そういう関係だと、彼が「妻とは離婚するから」とか「愛しているのは君だけだよ」とささやいてくれるだけで、安心してしまいます。それが結局はただの口先だけの言葉だったとしても、すがりたくなってしまうのです。

相手のペースに乗せられて不倫を続けていると、時間だけが過ぎていき、ダラダラ付き合うことになってしまいます。そうならないためにも、彼にはっきりと答を出してもらう期限を提示しておきましょう。

例えば、一年以内に答えが出ないなら、不倫関係は解消するということを伝えましょう。一年ってあっという間ですよね。でも、女性にとっては、さらに歳を重ねる、とても貴重な時間です。

もし、それであなたと別れることになっても平気と考える相手なら、そもそも付き合わない方がいいでしょう。それに、本当にあなたを愛していれば、一年が過ぎる前にちゃんとなんらかのアクションを起こすはずです。

自分が強く愛していると思っている相手と会えなくなることはとても辛いことですよね。ですから、彼に、この関係はあなた次第では終わりを迎えるものだ、と分かってもらうことは大切です。

彼があなたに会えなくなるのが死ぬほど辛いと思うなら、奥さんとの離婚を視野に入れて、動き始めるでしょう。そうしないなら、彼にとってあなたとの不倫は、そこまで本気ではないということです。

もしかしたら中には、「いい女と体の関係が持てて、一年でさっぱり別れられるなんて最高だな」と考えるような最低な既婚男性もいるでしょう。世の中には色んな男性がいて、悪い奴も沢山います。

でも、そんな相手を選んでしまったのも自分なのだと自分で責任を取ることが、大人の恋なのです。そして、次に付き合うときは、男を見る目も確実に磨かれているはずです。

そういう相手に運悪く巡り合って関係を持ってしまっても、後からいい勉強をしたなと思える日も必ず来るでしょう。そういう悪い男がいるからこそ、期限を設定し、「私はダラダラと時間を無駄にするつもりはない」と彼に示すことが大切です。

彼の方が、不倫で最初から期限を示してくるなんて面倒な相手だし付き合えないな、と思えばそれで結構という態度でいましょう。そもそも、そんな時間があれば、あなたはもっと素敵な男性に出会えるはずです。

そして、あなたが本気で彼に自分だけを見て欲しいと思っているということが伝わり、彼の方にもあなたに応えたいという気持ちがあるなら、それなりの行動を起こすはずです。

時間をかけて彼の顔色をうかがうよりも、はっきり期限を示し、彼があなたに奪われる気があるのかどうか確かめた方が、あなた自身の貴重な時間を無駄にせずに済むでしょう。

若い時は時間は無限にあるような気持がするものですが、不倫をする場合は、きちんと先のことも見据えて行動する必要があります。それが大人の恋愛をする者の、自分に対しての責任と言えるでしょう。

存分に甘えさせる

彼を思う存分甘えさせるのも一つの手でしょう。ただし、男女としての関係というより、母親と息子のようになってしまうリスクはあります。

ただ、彼を奥さんから奪ってでも自分のものにしたいなら、とにかく彼が居心地のいいようによく世話をし、甘えさせるのが手っ取り早い方法です。

それと引き換えに、彼があなたを女性としてではなく、母親のように感じて、甘えて頼るようになるという可能性はあります。

結局のところ男性は、自分の世話をしてくれて、甘えさせてくれる女性を選ぶものです。それは自分が単に楽で居心地がいいからです。

なぜ、ラブラブだったカップルが結婚するとうまく行かなくなるのかと言えば、子供ができて、奥さんが夫よりも子供を大切にするようになるからです。それに不満を持つ男性は沢山います。

女性が自分では何もできない赤ちゃんにかかりっきりになるのは当たり前なのですが、いつまでも大きな子供のような男性には到底納得できないのでしょう。

もちろん、赤ちゃんが出来て、すぐに父性が目覚めて子煩悩になる男性もいます。そういう男性なら、奥さんが子育てで大変なときに浮気するようなことはないでしょう。

不倫をする男性には、家族の中で自分だけが蚊帳の外のような気持ちで、寂しい気持ちになっている人も多いです。ですから、彼のことも十分にかまってあげることが、略奪する上での重要なポイントになるでしょう。

あなたと一緒にいる方が、自分は大切にされている!と感じさせることがポイントです。ただし、こういうタイプの男性は、あなたと結婚して子供が出来た場合、また不倫に走る可能性もあるので、その場合もきちんと対処できるように心に留めておきましょう。

心だけじゃない!男性が確実に離婚に向かう時に女性に「一緒になろう」と出すサイン

これから住むところを相談してくる

では、男性が確実に離婚に向かっている時、相手の女性に言動や行動として出すサインはあるのでしょうか。

男性は一度決意すると、先のことを考え始めます。そういうところは女性よりも現実主義者です。離婚したら、家から出るのは自分の方になるだろうと考えるでしょう。

あなたに、一緒に暮らそうと提案してくることも十分ありえます。「今住んでいる部屋って更新はいつ?」とか「離婚したら、ここにしばらく置いてもらえるかな」なんて探りを入れてきたら、彼はあなたと暮らすことを視野に入れ始めたと言うことです。

もし、あなたが独身で一人暮らしをしているなら、彼と実際に同棲することになる可能性は高いでしょう。手狭なら、二人で暮らせる広い部屋を借りなければなりません。

略奪愛、と言葉にしてしまうのは簡単ですが、実際にことが進んでいくと、こんな風に現実的に住む部屋をどうするという問題も出てくるでしょう。いざ彼からそんなことを言われて、自分がしたことの重大さに気づいても遅いのです。

自分に、彼と一緒に生きていく覚悟が本当にあるのか、一度立ち止まってきちんと考えてみてください。

そして、ダブル不倫の場合はもっと事は複雑になるでしょう。あなたの方も彼から離婚をせまられる可能性は高いです。「俺だけ離婚して、君はしないってことはないよね?」と言われてしまうでしょう。

あなたに子供がいれば、彼との新しい生活に子供を一緒に連れていくのか、夫に託すのか、色々と考えなければならない問題が山積みです。

ですから、不倫相手の男性を自分のものにしたい!と強く思っても、現実をしっかり見て、行動するようにしましょう。相手の男性を本気にしてしまったら、ストップをかけるのは大変です。

そんな風に考えると、略奪愛は越えなければならない問題が沢山あります。よほど腹をくくらなければ、途中で心が折れそうになることもあるでしょう。

でも、自分で決めたことと思えば、どんな結果でも受け入れることができます。誰かのせいにせず、しりぬぐいは自分でするのだ、という決意があるかどうかが大切です。

かなり先のスケジュールを聞いてくる

彼があなたと一緒になることを決めたとしたら、今後二人でスケジュールを合わせてやらなければならないことが見えてくるでしょう。

引っ越しするなら物件も探さなければなりませんし、結婚式を挙げるなら、色々と準備が必要でしょう。お互いの実家の顔合わせなど、すぐに一緒に生活できないとしても、事前に先のスケジュールを押さえておこうと考えるはずです。

不倫中は、自分の都合ばかり言ってきて、あなたが彼のスケジュールに合わせていたようなところもあったでしょう。そんな彼が、まずあなたのスケジュールを聞いてくるなら、彼があなたと一緒にこれからすることができたと思っているからです。

来月など近い時期のスケジュールではなく、半年、一年先などの予定で、仕事が忙しくない時期ってどこ?なんて風に聞かれたら、彼があなたと一緒になろうとしているサインだという可能性は高いです。

お金にシビアになる

もし男性が妻との離婚を決断し、不倫相手の女性との将来を真剣に考え始めたら、お金に関しても、とてもシビアになるでしょう。子供がいれば養育費もかかりますし、今までとは違ったお金の使い方をしなければならなくなります。

ですから、あなたとの今後の生活でも、もっと節約を心がけようとしたり、二人の生活を彼だけの給料ではまかなえない場合は、そのことをあなたに納得してもらおうとするでしょう。

彼にとっては、自分が家庭を捨てた代償として子供の養育費などを払うことは当然です。世の中には、養育費も払わずに逃げる男性も多いそうですが、そんな無責任な人とはあなたも一緒になりたいとは思いませんよね。

ですから、あなたも、彼という人を手に入れることができたのですから、ある程度は彼が稼ぐお金が、別れた奥さんや子供たちに渡ることについて、納得した方がいいでしょう。

他の男性との交流に敏感になる

彼が離婚してまであなたと一緒になることを決めたとしたら、今までは目をつむっていたあなたの交流関係にもうるさく注文をつけるようになるでしょう。これはただの嫉妬とは違うものです。

彼も、不倫中は、自分にも妻がいるんだし、あなたにとやかく言える権利はない、と言いたくても言わずにいたことが沢山あったでしょう。

でも、離婚を決意し、これからは自分はあなたのものだし、あなたも自分のものになると思えば、他の男と軽率で二人っきりで会って欲しくないし、夜に二人で飲みに行ったりするなんて言語道断!と考えてもおかしくありません。

今までより彼の束縛が強くなってきたとしたら、彼があなたと真剣に一緒になろうと思っているサインでしょう。

略奪愛が叶った後、愛情を強くさせるための方法&注意点

別れた奥さんのことを気づかうべし

では、晴れて略奪愛が叶った後、彼との愛情をさらに強くさせるためにはどうすればいいのでしょう。

気を付けて欲しいのは、ここで対応を誤ると、せっかくの彼との関係がうまく行かなくなってしまう可能性があるということです。

まずは、彼が家庭を捨てたことに対しての罪悪感を和らげてあげられるように努力しましょう。男性は、いつまでも過去に対してウジウジ悩んだり、自分を責めてしまうところがあります。

ですから、離婚してしばらくは、彼があなたと一緒にいて、幸せな気持ちや楽しい気持ちになったときほど、自分は家族を捨てたのに、こんな幸せになっていいんだろうか、と暗い気持ちが襲ってくることがあるでしょう。

そばにいれば、彼が落ち込む様子に、いやでも気づかずにはいられないはずです。そんなとき、絶対にやってはいけない対応が、「暗い顔ばかりするはやめてよ!」と責めることです。

もちろん、離婚を選んだのは彼ですから、あなたが申し訳ない気持ちになる必要はありませんが、彼の苦悩は理解して、支えになってあげられたらいいですよね。

彼が辛そうな時は、背中に触れて撫でてあげるとか、一人になりたいようならそっとそばを離れるなど、余計なことは言わず、態度で優しさを示しましょう。

暗く沈んでいる時の男性に対して、どんな言葉をかけても、彼の方は素直に受け取ることはできないでしょう。そして、これからも彼は、その辛さに一生向き合っていかなければなりません。でも、それが不倫をして、家庭を捨てるということなのです…。

彼の気持ちが落ち着いて、また気分が浮上してきたとき、あなたは何もなかったように笑顔を見せてあげればいいでしょう。それだけで彼は安心しますし、あなたを幸せにできているという実感が持てれば、罪悪感もだんだんと薄くなっていくでしょう。

ですから、彼が落ち込んだ様子を見せても、絶対にウザいとか辛気臭いなどと、うっとうしがるのはやめましょう。一番あなたに支えて欲しいのは、そんな風に落ち込むときなのですから。

彼には自由に子供に会ってもらう

彼に子供がいる場合は、子供に自由に会ってもいいよ、という立場を貫きましょう。もちろん、離婚の条件で、彼が子供に会える時が月に何度と決まっているかもしれませんが、彼が子供に会いに行くときは、気持ちよく送り出すようにしてください。

そうすれば、あなたと一緒になってよかったんだと、彼が離婚を後悔することはないでしょう。

また、今後、彼が子供を引き取らなければならない場合もあることは考えておかなければなりません。不倫をする際、彼を手に入れたいと思っても、彼の子供までは面倒を見られないという気持ちがあるなら、それは子供にとって不幸なことです。

もし、彼とは一緒になりたいけど、彼の子供を引き取りたくないと思うなら、略奪愛は絶対に考えてはいけません。略奪愛をするのなら、相手の子供の面倒は私が見る!くらいの度量は持ち合わせておきましょう。

お金のことでモメない

先ほども書きましたが、彼が前の奥さんや子供のために毎月養育費を払ったり、進学など、成長に従って、様々な折に彼に対してお金を求められるようなこともあるでしょう。

その際、「うちだって家計が大変なのに、どうして前の家族にお金を渡さなきゃいけないの!」と言いたくなるとは思いますが、彼と一緒になれたことに感謝しているのであれば、その文句はぐっとこらえましょう。

もし、前の奥さんとの子供に対してのお金のことでグチをこぼしたら、彼から「お前のせいで離婚したのに!」という言葉が返ってくるのは想像できますよね。愛し合って不倫関係になったのはお互い様とは思いますが、売り言葉に買い言葉ということもあります。

彼との関係をこれからも愛情溢れるものにしていきたいなら、彼が男としてのケジメと考えていることに口を出さない方がいいでしょう。特に、お金のことは、どんな家庭でもモメ事の原因になりやすいものです。

二人が一緒になれたことに素直に感謝する姿勢を忘れなければ、彼もあなたの気持ちをもっとくんでくれるでしょう。

略奪愛で幸せになるためには

こちらの記事では、略奪愛を成功させるにはどうすればいいかを見てきました。

まず、前提として、奥さんとラブラブな男性は略奪できないということを肝に銘じましょう。そうしないと、時間だけが無駄に過ぎてしまいます。

男性は、女性が思っているよりずっと一途です。奥さんを愛している人を不倫相手に選ばないことはかなり重要なポイントです。奥さんを愛しているのに不倫するような男は、浮気者というだけで、離婚する気は全くないものです。

実際、色々な女性に手を出しているのに、離婚だけはなぜかしないという男性はよくいます。それは結局、不倫に本気になっているわけではなく、女性をつまみ食いしたいだけの浮気だからです。

そんな男に引っかからないように気を付けましょう。そのためにも、体の関係を持つ前に、彼と奥さんの関係が本当のところはどうなっているか見極めることが肝心です。女性はセックスをしてしまうと、相手の男性への執着が生まれてしまうものです。

執着は、人の目を曇らせます。そうなってしまうと、男性側から「妻とは別れるつもり」とか「君と一緒になりたい」と言われると、あっさり信じてしまうでしょう。それを信じて何年も待たされて、結局別れることになったらダメージは大きいですよね。

そうならないためにも、男性を見る目を養いましょう。周りからの情報収集も大切です。浮気者の男は、たいてい、同じように他の女性にも手を出していたりして、知っている人は実際に見て知っているものです。そんな地雷のような男を踏まないようにしてください。

もし、奥さんとうまく行っていない既婚男性がいて、彼が心の底から愛情を求めていた場合、家庭の外で本気の恋に落ちると言うことはあります。そんな相手なら、略奪してやる!と鼻息を荒くしなくても、彼の方が離婚を決断してくれるはずです。

ただし、そういう場合でも、彼のタイミングをずっと待っているのではなく、ある程度の期限をあなたも決めた方が、時間だけがただ過ぎていくのを避けることができるはずです。

また、彼と一緒になれた後も、彼の方の精神的なダメージをケアしてあげることは、今後の二人の関係の良し悪しにも関わるところでしょう。

そして、彼の元家庭に対しても、敵対心を持たず、彼と一緒になれただけで自分は幸せなのだと感謝の気持ちを常に持つことができれば、かならずうまく行くはずです。

あなたにとって、一番大切なのは彼だという気持ちをいつまでも忘れずにいましょう。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.