不倫

ダブル不倫での別れが辛い…関係が終わった後に感じる後悔と相手男性の態度に胸が苦しくなる理由

ダブル不倫から別れを迎え、「辛くて仕方がない」と嘆く女性は多くいます。

好きな男性との関係を、自分の気持ちとは反対の方向に進めてしまうのがW不倫によくある破局の理由です。

そして、女性にとっては、彼との別れを受け入れるのは時間がかかり、気持ちを切り替えるためにどうすれば良いのか分からなくなる瞬間があるもの。

既婚女性が既婚男性との別れを決断する理由もお伝えし、苦しい不倫恋愛にどう対処すればいいのかの参考にしてください。

ダブル不倫する女性が相手男性との別れを受け入れるのに時間がかかる理由

ぽっかりと心に穴が開くから

ダブル不倫は忙しい二人にとって、時間の調整をつけるのも一苦労の関係だったでしょう。それでも、忙しいなりに会えれば楽しくて、心が満たされる時間を送っていたのではないでしょうか。

そんな関係が、突然のようにぷっつりなくなってしまうと、心に穴が開いたような気持ちになるのも仕方がないこと…。

ダブル不倫に限らず、どんな恋愛でも、別れた後は、ひどくむなしく寂しい気持ちになるのが当然です。

なので、不倫相手の男性と別れた後、そんな寂しさに耐えられなくて、別れを受け入れたくないという気持ちになってしまうのです。

ただ、寂しいと言っても、あなたにも夫がいますよね。そして、子供がいる人もいるでしょう。

家族との関係が破綻しているのならともかく、不倫もバレず、家族仲がいいのなら、その寂しさを癒してくれる人が周りにいることに感謝してみては?

そして、これを機に、さらに家族との仲を深めるというのもいいのではないでしょうか。

もし家族との仲がうまくいっておらず、不倫に走った経緯があるなら、もう一度家族と向き合ってみるいい機会にもなるかもしれません。それでもうまくいかないなら、きちんと自分の将来を考えてみましょう。

充実感がなくなる

不倫相手との逢瀬によって、平凡でつまらないと感じていた生活に潤いが生まれ、忙しくても毎日が充実していた女性も多いのではないでしょうか。

その反動で、彼と別れた後、以前なら彼と会うために費やしていた時間が空き、つい彼のことを考えてしまうようなスキマ時間ができると、余計「別れなければよかった…」という気持ちになってしまうでしょう。

恋愛は、人生に充実感を与えてくれるものの一つですから、それがなくなってしまうだけで、生活にハリが失われたようになりますよね…。

夫との仲が悪くなければ、法律的にも世間的にも認められている夫との恋愛関係を、もう一度盛り上げるのが一番いいでしょう。

しかし、夫との間の恋愛感情が全くなくなったせいで、ダブル不倫をしていたのなら、そこに恋愛の充実感を求めるのは難しいですよね。

ただ、人生に充実感を与えてくれるのは恋愛だけではありません。

自分の趣味を見つけて、そこに没頭するのも、素晴らしい時間の使い道ですし、恋愛以上の充実した時間を与えてくれることもあります。

ですから、恋愛を失い、虚しさを感じているのなら、無理やりにでも自分が何か夢中になれることを探しに外に出ていくのもいいのではないでしょうか。

恋愛で自分の人生を充実させようとしても、恋心にはいつか冷める時も来ます。

それに、相手も人間ですから、自分の思い通りになってくれないことの方が多いですよね。そう考えれば、充実感を求めて恋愛をするのはかなりリスキー。

やはり、他人の動向に左右されない部分で、何か核となるものを持つことが、真の充実感に結びつくのではないでしょうか。

元の生活が色あせて見える

彼と過ごす時間がとても素晴らしかったので、どうしても元の生活パターンに戻った時、毎日が色あせて見えるということもあるでしょう。

ただ、一見平凡に見えても、それがとても貴重でありがたい毎日だったと気づけるかどうかは、とても大切なことです。

例えば、彼とのダブル不倫が家族や周囲にバレ、何気ない日常を失ってしまうことになっていたら、その日常こそがあなたが求めてやまないものになっていた可能性もあります。

不倫のせいで家庭を壊していたら、その原因を作ったと言うことで、家から追い出されるのはあなたの方でした。もし子どもがいれば、夫に親権を取られ、愛する子どもに会えなくなることもありえたのです。

そうなってみないと人間って、なかなか分からないものですよね。

ですが、人間には想像力があります。
最悪のケースを想像してみれば、誰にもバレずに、泥沼化せずに不倫相手と別れられたことはラッキーと思ってもいいことなのです。

そう考えた時、今自分が手にしている生活が当たり前だと思わず、感謝すべき毎日だと気づけるのではないでしょうか。

特にあなたに子供がいるのなら、子供が普通に元気に育ち、あなたに明るい笑顔をくれることのすばらしさに、もう一度目を向けてみましょう。

不倫相手とのめくるめく時間は一時のもの。それに比べれば、子供があなたのそばで立派に成長していくことの方が、ずっと素晴らしいことだと気づけるのではないでしょうか。

好きでまだまだ一緒に居たいと感じる相手なのに既婚女性が別れを決断する訳とは

時間的に厳しい

仕事をしながらダブル不倫をしている既婚女性も多いでしょう。仕事と家のことを両立させながら、自分のための時間を作るのって、とても大変なことですよね。

子供がいれば、自由になる時間はもっと少なくなってきますし、不倫という関係を持つための時間を捻出するのに苦労している女性もいるのではないでしょうか。

ただ、時間的な余裕がないと、気持ちの上でも余裕がなくなることがあります。

せっかく愛する人とホテルなどで会っていても、「早く家に帰って食事の準備をしなきゃ」とか「明日の予定が…」など、気になることが出てきてしまい、うわの空になってしまうこともあるでしょう。

そんな風に、気もそぞろなあなたに不倫相手の男性がいら立ち、ケンカになってしまうこともあるかもしれません。

あなたの性格によっては、時間に余裕がない中では、自分らしく振舞えず、楽しいはずの恋愛が、自分を追い詰めるものになることもあるでしょう。

ですから、どんなに不倫相手の男性のことを好きでも、自分も苦しいし、相手にも何もしてあげられないと感じ、泣く泣く別れを選ぶと言うこともありますよね。

それに、時間の都合をつけるのが大変なのに、無理やり関係を続けていても、あまりいい結果を生むことはないでしょう。

自分の余裕のなさから、不倫相手の男性を傷つけたり、愛する家族を傷つけてしまうこともあります。

そんな時は、今は自分にとって不倫に適した時期ではないと諦めるのも、大人の女性のやり方ではないでしょうか。

まだ子供に手がかかったり、自分の仕事も責任が重く、思うように不倫相手と過ごす時間が取れないと感じるから、今はその時ではないと恋愛感情を理性でセーブできるのが、大人の女性です。

あれもこれもと欲しがって、結局全てを台無しにしてしまうのは、子供のすること。

それに、相手の男性に運命を感じるほどなら、もう少し子供が大きくなったり、色々な条件が整ったとき、本当に縁がある相手であれば、またいい形で関係を再開できるということもあります。

無理をしてまでダブル不倫をしないというのも、自分や周囲のためになることと言えるでしょう。

バレたらどうしようという不安に押しつぶされて

何事も慎重で、周囲の視線が気になるタイプの女性にとっては、ダブル不倫がバレた時のことをあれこれ想像して、怖くなってしまうこともあるのではないでしょうか。

芸能人が不倫でやり玉に挙げられているのを見ても、「もし自分も不倫がバレたら、世間から袋叩きにあうのでは…」とゾッとしてしまうのも無理はありません。

もちろん、芸能人と違って、「世間」と言っても、自分の家族、親戚、同僚、ご近所さんなど、限られた世界ではありますが、それでも自分にとっては生活の基盤となるところです。

もし不倫相手と一緒にいて、親し気な様子を誰か知り合いに目撃されれば、あっという間に知り合いから知り合いへとうわさ話で広がっていくことも考えられますよね。

ですから、絶対に不倫がバレては困る、バレるのが怖いと感じる人は、そのリスクを避けるために、不倫関係を無理やり終わらせることもあるのです。

燃えるような恋愛の渦中にある人が、その恋を断ち切るのは並大抵の覚悟ではできません。普通は周りのことなどどうでもよくなって、恋に溺れてしまうでしょう。

ですから、不倫がバレるのが不安で関係を終わらせることができる人は、とても意思が強いタイプと言えるでしょう。

そして、関係を断ちきった直後は、恋が終わった辛さにさいなまれるかもしれませんが、別れを決断したことは、決した間違った行動ではありません。

バレる前に不倫を終わらせることができて、幸運だったと思った方がいいのです。
そして、理性で恋心を押さえた自分をほめてあげましょう。

家庭を持つ大人の女性として、責任ある行動を取れたことは、賞賛に値します。それがなかなかできなくて、皆困っているのです。

不安になるということは、自分の置かれている立場をよく理解し、自分自身を客観視できているから。そして、普通、不倫をしているときは、その客観的な視点を持てないものなのです。

ですから、バレる不安から不倫をきっぱりやめられる人は、精神的にとても強い人だと言えるでしょう。

家庭を守れたこと、大切な子供の気持ちを傷つけることなく、不倫を終わらせることができたことに感謝し、今以上に家族を大切にしてあげてください。

いつかその自分の決断を、本当に良かったと思える日がきっと来るでしょう。

実際に不倫がバレそう

夫に不倫がバレそうになったときは、女性の方が勘が鋭いところがあるので、「もしかしたら、夫に気づかれてるかも?」と感じることが多いでしょう。

もちろんそれは、女性の方がある程度、夫の様子を気にしている場合に限ります。

不倫恋愛に夢中になりすぎるあまり、周囲が見えないような状況になっているときは、夫や子供に不審がられているのに、何も気づかず突っ走ってしまうこともよくあります。

また、家族にはバレていなくても、職場不倫の場合は同僚などから疑いの目をかけられることもあるでしょう。敏感にそれを察して、すぐに不倫を終わらせようとする女性もいるでしょう。

気づかれているかも、という時点で不倫から手を引くことができるなら、まだマシなのです。きれいさっぱり相手の男性との不倫関係を断つことができれば、そのうち疑いは消えるはずです。

一番危険なのは、不倫にどっぷり浸かりすぎて、周囲の視線に気づけなくなることでしょう。

不倫相手に夢中になりすぎるあまり、「バレたらバレたでいいや」なんて思っていると、行動も大胆になるのでとてもリスキー。

そして、恋にどっぷり落ちている人間は、男女ともに、「他のことはどうでもいい」という気持ちになりがちですよね。

「今さえよければいい、後のことはどうなってもいい」と不倫相手と抱き合っている時は強く感じるでしょう。しかし、家庭を持つ身であれば、冷静になれば、そんなはずはないと分かりますよね。

それに、仮にあなたの方はもう夫と別れてもいいと思っていて、皆にバレてもいいくらい彼を愛していても、彼の方は絶対に不倫が妻や周囲にバレたくないと思っていたら、その時点であなたの存在は彼にとって重荷になってしまいます。

そうなると、男性側はすぐにそんな重い相手とは別れたいと思うものです。しかし、女性側は別れたくないという、さらにバランスが崩れた状態になるのです。

不倫をしている既婚者同士の気持ちのバランスが崩れた時は、ダブル不倫って最悪な結末を迎えることもあります。お互いの家族や、周囲の人間を巻き込んだ泥沼になることもしばしば…。

それぞれが失うものも大きいでしょう。そうならないためにも、周囲の疑いの目には十分気を付けた方がいいでしょう。

相手に飽きられるのが怖い

不倫相手の男性を好きすぎて、「彼からいつか飽きられてしまうのが怖い…」と考える女性もいます。

相手の男性には、いつまでも自分のことを愛して欲しいと女性は望みますが、それって難しいことですよね。結婚していれば分かりますが、恋愛感情って、二人の関係が長く続けば続くほど、落ち着いてきてしまうのが世の常。

激しい感情だけが愛ではありませんが、やはり不倫恋愛で一番盛り上がっている時は、相手の顔を見るだけでドキドキしてたまらなくなり、離れているときは相手のことを思って胸が痛みます。

長年暮らした夫にそんな感情を抱ける女性は、少ないですよね。やはり愛していても、家族になってしまえばドキドキなんてしなくなるものですし、夫と離れている時に、夫のことを思って胸が痛くなるという女性もほとんどいないでしょう。

そんな風に落ち着いた男女の間にももちろん愛はありますが、不倫相手の彼との愛が、そんな風に静かなものになってしまうのはイヤと思う女性もいるのです。

相手からの激しい愛情を感じているピークだからこそ、その感情のまま別れた方が幸せかもしれない、と考える人もいます。

既婚女性は、結婚生活の経験から、独身の女性よりも現実的な部分がありますよね。

だからこそ、「お互いに無関心で、性的な関心もなくなる前に、お互いを激しく求めているうちに、別れたい」と思うのです。

それは男性には理解しがたいものかもしれません。男性の方が恋愛では物質的なところがあるので、セックスで燃えるうちは離れがたく思うもの。

そのくせ、相手の女性とのセックスが盛り上がらなくなると、飽きて別れたくなるのも男性の方なのです。

それを分かっているからこそ、自分に向けられる気持ちが激しいうちに、別れたいという女ごころもありますよね…。飽きられてから相手に捨てられるのは辛すぎるからです。

ただ、こういうケースの場合は、男性にそんな女性の切ない思いが理解されず、相手の男性を傷つけてしまうこともあることは気を付けた方がいいでしょう。

同じ職場のように、普段から顔を合わせるような関係だと、そんな女ごころが理解できない相手からしてみれば、まだ愛しているのに一方的に関係を断ち切られたように感じ、愛が憎しみに変わる男性もいます。

丁寧に説明しても、男性にとってあなたがまだまだ魅力的に映るのであれば、そんな綺麗に別れることはできない可能性があることは、覚えておきましょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

W不倫の関係が終わった途端に既婚女性が辛くなり気持ちを切り替えられないまま男性を求めたくなる真意

久しぶりに燃えるような恋愛だったから

ダブル不倫が終わった途端に気持ちを切り替えられず、苦しむ女性も多いでしょう。

恋愛って、非日常的な感覚ですよね。

普段の結婚生活のなかでは、そこまで燃えるような気持ちを夫に持ち続けることは困難ですよね。一緒に暮らしていれば、お互い相手を幻滅させるような言動や行動をしてしまうのは仕方ないですし、いい所ばかり見せあうことはできないもの。

その点、不倫恋愛では、自分が見せたい顔だけを相手に見せることもできます。

家事や育児や仕事に追われる、日常のこまごましたことから解放され、まるで映画やドラマの主人公のような気分を味わうこともできるのです。

不倫恋愛をしている時って、毎日ふわふわしたような気分と、苦しい気持ちのはざまにいて、「自分は生きている!」と強烈に感じることができますよね。

そして、夫と結婚してからはずっと遠ざかっていた感情が胸に湧き、若返るような気持ちになった女性も多いのではないでしょうか。

「綺麗になったんじゃない?」と女友だちに不思議がられた人もいるでしょう。
夫の方も、何となく妻の変化を感じ、いつもよりもあなたに関心があるそぶりを見せることもあったのではないでしょうか。

そんな風に、いつも胸がどきどきして、切なくなったり、幸せな気持ちになったり、涙が出たり、恋をすると人は毎日生き生きして、輝くものなのです。

ですから、そんな日々を断ち切った後、抜け殻のようになってしまうのは仕方がないこと。立ち直るには、時間がかかるでしょう。

ですが、その時間が苦しすぎて、すぐに相手の男性と連絡を取ろうとするのはやめましょう。せっかく別れを決断したのです。どんなに辛くても、きっぱり関係を断ちましょう。

ダブル不倫は、別れの時の辛さもワンセットと思った方がいいのです。そして、その辛さに耐えられるだけの強さも既婚女性にはあります。自分の中の力を信じましょう。

不倫相手の男性に依存していたから

家庭や仕事に不満があったりして、毎日がうまくいかず、不倫相手の男性の存在に癒しを求めていた女性もいたでしょう。彼に会うことで気持ちのバランスが取れていた部分もあったのではないでしょうか。

ただ、そうなると、「愛」というよりも、ただの「依存」になってしまうこともあるのです。

依存と愛は違います。
愛は相手を活かすものですが、依存はただ自分の欲求を満たしたくて相手を利用すること。

なので、不倫関係を終わらせた後、依存するものがなくなり、虚しさを感じるのであれば、逆に関係を終わりにさせてよかったと思った方がいいでしょう。

お互いが相手のことを思い合える関係でないと、結局はバランスが崩れ、依存されている方は相手の重さに耐えられなくなるものです。

お互いが平等な関係でないと、恋愛とは言えません。特に不倫というのは、とても難しい関係ですから、精神的にも自立した男女でないと成り立つはずがないのです。

もし不倫相手に依存していたのなら、彼と別れ、依存するものがなくなったことは、あなたにとってはとてもいいことなのです。自分の足でしっかり立つチャンスだと思って、寂しさに耐えましょう。

家族ときちんと向き合う機会になるかもしれません。自分が本当に大切なものがそこにあることに気づく人もいるのではないでしょうか。

もし、家庭があなたを傷つけるのなら、そのせいで不倫相手に逃げていたという自覚があるなら、思い切って、家を出ることを考えてみましょう。(子どもがいる人は、子供の幸せを考えて自分と一緒に連れていくかどうかはきちんと決めてください。)

依存するものがなくなった時は、自分が本当に求めるものを見つけるチャンスだと考えることもできるのです。前向きになりましょう。

普通の生活が退屈

不倫相手と別れ、普通の生活が戻ってきたとき、退屈でしょうがないと感じることもあります。

確かに、不倫恋愛は刺激的なものだったでしょう。
彼と別れたことを悔やみ、また関係を復活させたいと思うのは、その刺激を求めているからということもあります。

ただ、何も男女関係にこだわらなくても、世の中に自分に刺激を与えてくれるものは沢山あるのです。

仕事と家事の毎日でつまらなく感じているなら、自分がずっとやりたかった趣味や勉強に時間を費やすのもいいのではないでしょうか。

学びはいくつになっても始められますし、恋愛と違って人間の相手はいりません。
どんなスキマ時間でも利用できますし、恋愛よりもずっと確実なものです。

恋愛の刺激は、時間が経てば必ず飽きが来ます。
そういう刺激を求めても、結局はむなしいだけ。本当の意味で自分が一生続けられるものを見つけることが、あなたの人生を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

自分の生活の退屈さを、全て恋愛が原因と考えるのはやめましょう。恋愛以外にも目を向け、自分の可能性を広げてみましょう。

ダブル不倫する女性が破局後に「別れなければよかった…」と後悔しやすいポイント

二人が愛し合っている気持ちを信じられた

不倫関係を終わらせた後も、「彼とは本気で愛し合っていたな…」と思いだすと、後悔の気持ちが湧いてきますよね…。

特に、あなたが夫との関係に不満があったり、夫のことをもう何とも思っていないという場合は、気持ちが通じ合っていた不倫相手のことを恋しく思いだし、涙が出ることもあるでしょう。

自分が愛しているように、向こうも愛してくれていると信じられるような関係って、なかなか得難いものですよね。

夫とも、結婚するほど愛し合っていたはずなのに、生活を共にするうちにだんだんと気持ちが離れていったのなら、余計そう感じるでしょう。

ただ、二人の愛のピークで別れたことは、悪いことばかりでもありません。
一生、美しい思い出として胸に残すことができますし、彼に対して一切悪い感情を持つこともありません。

もしこれが、なんとなく二人の仲が気まずくなり、もうお互いに愛情もないのに、体の関係だけで繋がっていて、最後は周囲にもバレて泥沼化して別れたとしたら?

きっと彼を思いだして涙することもなく、自分の中では黒歴史となって、二度と思い出したくもないものになったはずです。

そうならないうちに別れられたことは、ある意味奇跡的なこと。

別れたことを後悔できるうちに、いい思い出として別れられる不倫なんてそうそうありません。

そして、あなたの心の中の美しい思い出は、誰も汚すことができませんし、奪うこともできない宝物のようなものになるでしょう。

そういう宝は、得ようと思っても手に入れられない人も沢山いるのです。

そして、これからの自分の人生でなにか辛いことが起きても、その思い出があなたを勇気づけてくれることもあるでしょう。

そんな思い出を与えてくれた彼に感謝し、深追いして復縁しようとしない方がいいのです。

恋愛は時間が経つほどに初期の燃えるような気持ちが鎮火していくものなのです。ですから、彼とはいい時に別れられたから、逆に心の中でいつまでも愛し合えるのだと割り切ることも必要です。

不倫がバレていなかった

不倫が夫や周囲にバレたかもしれないと思って破局したのに、本当は全くバレていなかったと分かった時も、別れたことを後悔するでしょう。

用心深い人ほど、周囲の反応にも敏感ですから、ついその反応を勘違いして、「不倫関係がバレてるかもしれない」と思い込むこともあります。

そして、泣く泣く不倫関係を絶ったのなら、不倫がバレていなかったのなら関係を続けてもよかったかな、と思うでしょう。

しかし、そこで別れたからこそ、バレなかったのだ、と考えることもできるのです。
それ以上関係を続けていたら、あなたの勘どおりに、不倫はバレていた可能性もあるのです。

何事も、起こってからでは遅いのです。バレる前に関係を終わらせることができたことはラッキーだと思った方がいいでしょう。

相手の男性が遠くに感じる

不倫に限らず、どんな恋愛であっても、別れてからも顔を合わせるような関係が一番辛いですよね…。

たとえば、恋愛が終わったらもう二度と会わないような関係であれば、時間の経過とともに思い出も薄まりますし、別れもまだ乗り越えやすいと言えるでしょう。

しかし、彼と同じ職場だったり、定期的に顔を合わせるような関係だと、「もし別れていなかったら…」とか「彼は新しい彼女が出来たのかな」などと、いつまでも引きずることになります。

「別れなきゃよかった」と、後悔するのも、彼と顔を合わせるタイミングに起こりやすいでしょう。

不倫関係にあったときは、彼が表情や行動で自分にだけ分かるサインをくれたり、彼の愛情を感じて幸せな気持ちになれたのに、別れ後は、彼をずいぶん遠く感じる…ということも増えますよね。

そんなときは別れたことへの後悔の念が湧き上がるのも仕方がないことでしょう。

ただ、それはダブル不倫に限らず、どんな恋愛でも終わった後は、苦しいものなのです。

それに、あなたには大切にしなければならない家族がいるのですから、一人ぼっちで失恋に耐えるよりは、ずいぶん恵まれていると思った方がいいのです。

彼への未練を乗り越えたいなら、あなた自身の家族により一層愛を注ぎましょう。
あなたから注がれる愛を、ずっと待ち望んでいた人たちがいるのではないでしょうか。それを忘れない方がいいでしょう。

破局後の既婚男性の態度に既婚女性が胸を苦しめる最大の要因と対処法

彼にすぐ別の恋人ができた

別れた後、元不倫相手の彼に新しい不倫相手の女性ができたと知ったら、ショックを受けますよね。「本気で愛されているのは自分だけ」と思っていたのなら、余計に傷つきます。

残念ながら、彼はそういう男だったのだ、ということではないでしょうか。

そもそも、彼も既婚者ですよね。奥さんとは離婚せず、あなたと別れた後もすぐに次の愛人を作るようなら、きっとあなたと付き合う前にも愛人がいたのでしょう。

そういう男は、愛人を途切れさせませんし、彼自身、モテるタイプなのではないでしょうか。

そして、付き合っている最中は、相手の女性にも「愛しているのは君だけ」というような甘い言葉を囁き、信じさせるのが上手いのです。

ですが、あなたと付き合っている時も、妻と離婚する素振りも見せず、あなたが夫のいる家に帰るときも嫉妬心も見せないような男は所詮、不倫は不倫と割り切っている遊び人なのです。

不倫中は、あなたにも、そこまで自分に対して本気になることは求めていなかったのではないでしょうか。

そもそもが浮気体質の遊び人なのですから、彼があなたと別れた後、別の女性を見つけるのは至極当然のことと言えます。

自分も彼にとっては沢山いる浮気相手の一人だったのだと認めることは、悲しいですし、悔しいことかもしれません。

しかし、そういう浮気男と付き合っていたのだなと腹をくくり、現実を見つめましょう。

そうすれば、彼が別の女性を見つけたことに対して苦しいとか辛いと思う気持ちは徐々に薄れていくはずです。

そして、今回のことで遊び人の手口は分かったのですから、もう二度と浮気男の甘い言葉に乗せられないようにしましょう。

まるで二人の関係は無かったもののような態度

体まで重ねた相手に、まるで無関係の人のような態度をされるのって、女性としては辛いものがありますよね…。

男性からそういう態度を取られれば、人間不信になりかねませんし、「どうして?」とか「自分はそんなに魅力がないの?」などという疑問ばかりが浮かんできます。

しかし、彼にだって男のプライドと言うものがあるのです。

別れた後、ぐずぐずと未練たらしい態度を取れば、あなたに鼻で笑われるかもしれないという不安から、逆に極端な無関心なフリをしてしまうこともあるでしょう。

また、苦しいから、あなたのことを早く忘れてしまいたいという気持ちだってあるのではないでしょうか。

本気で愛し合った二人なら、別れた後は男性の方だってずいぶん苦しいのです。
男性はそういうところは不器用な人も多いですから、態度や行動が極端になってしまうこともあります。

彼が一日でも早く別れの痛手から立ち直りたいと思って頑張っているのなら、こちらが広い心で見守ることも必要なのです。

彼の態度にいちいち傷ついたり、反応したり、問いただしたりするのはやめましょう。
二人の合意の上で別れたのなら、彼なりの立ち直り方もあるのですから、干渉するのはやめましょう。

そして、大人の男と女として、きちんと別の方を向いて生きていく姿勢を見せ合うしかないでしょう。

無視される

相手の男性は別れたくなかったのに、あなたの方が一方的に関係を断ったり、逆に男性の方が事情があって別れを一方的に決めた場合、男性の方が女性を無視するような状況になることもあります。

どちらにせよ、無視されるのは辛いですよね。
ただ、男性の方は、無視するという行動を取ることによって、未練も断ち切ろうとしていることもあるのです。

冷たく感じるかもしれませんが、関係を終わりにするというのは、そういう厳しい面があることも事実…。

不倫関係が一番盛り上がっていた頃の二人の親密さを思えば、彼が自分のことを無視するなんて、「どうしてこんなことになってしまったんだろう…」と、胸がふさがれるような思いがするかもしれません。

ただ、別れというのはそういうもの…。その辛さは彼を見るたびに繰り返されるでしょう。

しかし、その辛さの衝撃は少しずつですが必ず薄れていきます。そして、胸の痛みが薄れてきたとき、別れた後、彼と言葉を交わさずに過ごしてきた時間を、「これでよかったんだ」と思えるでしょう。

その頃には、あなたの気持ちも吹っ切れ、もう彼の方を向いていないでしょう。そうすることができたのも、彼がかたくなな態度を取ってくれたおかげと思えるはずです。

もし、別れてからも、彼が未練を見せて、あなたにちょっかいをかけ続けていれば、関係はその後もだらだらと続いてしまったかもしれません。その結果、不倫が周りや家族にバレることに繋がったかもしれないのです。

そう思えば、彼があなたを無視してくれたことは、恨むどころか感謝すべきことではないでしょうか。

別れた後も二人が顔を合わせることが避けられない環境なら、冷たいように思えても、どこかではっきり線引きされるような態度を取られることの方が、後から考えればよかったと分かる日がきっと来るでしょう。

ダブル不倫の別れ方は気を付けなければ一生引きずる…W不倫の終わり方がもたらす影響

どんな恋愛でも別れは辛いものです

普通の恋愛でも、不倫でも、別れは辛いものですよね…。

別れる辛さに耐えられないと思うなら、ダブル不倫はしない方がいいでしょう。
家庭を持っている女性だからこそ、お互い簡単に離婚することができないことは分かっているはずです。

ある意味、別れることが前提になっているのが、ダブル不倫という関係なのです。
ですから、最初から別れの辛さに耐えられないと思うなら、踏み込まない方がいいのではないでしょうか。

不倫は大人の恋愛関係です。別れの厳しさに耐えられる人だけがその甘さも味わえるのではないでしょうか。おいしい思いだけをしようとすれば、必ず痛い目にあってしまうでしょう。その辺りは注意が必要なのです。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.