不倫

不倫エッチと奥さんとのセックスを既婚男性が違うものだと考える心理&不倫Hの究極テク

不倫相手である既婚男性が奥さんとのエッチに何を求めているのか、気になる女性も多くいるでしょう。

奥さんと、不倫相手の彼女に対するエッチの目的の違いや、感じていることはそれぞれに異なります。

既婚男性が抱いている、不倫相手の女性と奥さんとのエッチの違いを知りましょう。

また、彼女にだけ既婚男性が求めているセックスの内容を知り、不倫Hでさらに関係を深めていきましょう。

奥さんとのエッチと彼女とのセックスで不倫相手の男性が持つ目的の違いとは?

奥さんとのエッチには義務感もある

夫婦間でするセックスも、二人が結婚したばかりのラブラブな頃は、溢れる愛から行う行為だったはずです。

しかし、長く生活を共にしていくうちに、相手に慣れてくると、新婚のころのように、湧き上がる思いから相手とエッチをしたい、という気持ちも薄れてくるのが現実…。

どんなに仲がいい夫婦でも、相手に対する新鮮な気持ちは徐々に失われていくのが当然です。

そうなると、もし一方がセックスに億劫になったときは、相手に対して愛情はあっても、どこか義務感から相手をすることになってしまいます。

もちろん、そんな風に感じるのは、夫側だけとは限りません。

奥さんの方も、子育て、家事、育児の疲れから、夫との性生活をうっとうしく感じるようになることも多いのです。

そして、最悪の場合、どちらかのそんな拒絶がきっかけで、セックスレスに繋がることもあります。

ですから、妻とは定期的にセックスをしている夫婦でも、湧き上がる興奮から体を重ねるのではなく、どこか義務のように感じていたり、単に性欲の処理のためにしている既婚男性もいるでしょう。

その点は、不倫相手の女性はいつも側にいませんし、たとえ職場などで毎日顔を合わせていても、二人きりで会える時間は限られていますから、会うたびに新鮮な気持ちになりますよね。

不倫相手とのセックスは、欲望全開

一方、妻との義務的なセックスでは感じられない、「ただこの女性とセックスしたい!」という激しい欲望だけに支配されてしまうのが、不倫相手とのエッチと言えるでしょう。

静かな愛情とか、結婚して残りの人生を共にしたいとか、そういうキレイな夢のようなお話ではなく、不倫相手とのセックスで既婚男性が求めるのは、欲望を爆発させるようなセックス。

ですから、不倫相手の女性には、自分にとって性的な魅力を感じる人を選ぶのです。

例えば、奥さんがスレンダータイプでも、不倫相手の女性には肉感的な女性を選ぶ既婚男性もいます。

逆に、奥さんの若いころに似たタイプの女性を不倫相手に選ぶ男性もいるでしょう。

そんな風に、不倫相手の女性には、自分が性的に好むタイプを求めるのです。

そもそも、セックス抜きで不倫をするような既婚男性は珍しいですよね。

そういうカップルが全くいないわけではありませんが、プラトニックな不倫というものは、現実的にはあまりお目にかかりません。やはり、不倫相手の女性とのセックスがしたくて、不倫する男性が圧倒的に多いのです。

そこには、妻とのセックスに興奮を感じないとか、子作りのための義務的なものになってしまったとか、男性側の感じる不満が反映されているのです。

不倫相手とはセックスが目的になりやすい

共に家庭を作る相手である妻とは、性的な結びつきだけでは上手く生活できません。

仕事のことや家計のこと、子供ができれば子供のことも、時には意見をぶつけ合いながら、一緒に人生のかじ取りをしていかなければならない相手です。

性的なパートナーという側面よりも、「家族」というものの共同経営者的な部分も大きいのです。

どんなにお互いに男と女として魅力的なままでいたかったとしても、生活を共にしていく相手に対しては、だんだんと恋人感覚は薄れ、同志的な思いになっていくカップルも多いでしょう。

そういう相手とは、なかなか全てを忘れるような本能のままのセックスってできなくなるもの。(もちろん、いつまでも本能のままで抱き合えるセックスフルな夫婦も沢山いると思いますが…)

一方、不倫相手にはそこまで重い使命はありません。

彼の家庭やこの先の長い人生とは、一線を画しているのが不倫相手の女性と言えます。女性側からしてみれば「なんて無責任な…」と思うでしょう。しかし、それが男性目線の不倫の本質でもあるのです。

逆に言えば、だからこそ、いつまでも恋人のような気持ちでセックスをすることができるのです。

男性にとっては、相手の人生に責任を持つような対象ではないため、色々なことを考えずにただ一人の女として見ることができるので、ずっと魅力が薄れないのです。

ただ、だからこそ、不倫関係というのはセックスが中心になりやすいですし、男性側にとってはそれだけが目的になってくることが多いのです。

しかし、不倫相手の女性は、セックスをすればするほど、体の関係だけではなく、彼と人生を共にしたいと考えるようになるのも事実…。

だんだんと男女の思惑の違いがくっきりしてくると、女性にとって不倫の哀しみが生まれるのです。

女性も男性のように、セックスだけを切り離すような異性関係ができればこんな哀しみは生まれないのでしょう。ですが、女性という性は、そんな風に割り切れるものではないんですよね…。

既婚者の男性が不倫相手の女性と奥さんのセックスが別物だと考える心理

奥さんは家族だから…

結婚生活では、最初は他人だった女性が、妻となり、子供ができれば自分の子供の母親になります。そういう移り変わりの中で、だんだんと奥さんを一人の女性としてではなく、家族の一員と見てしまうのは仕方のないことですよね。

そういう感覚になってしまうと、セックスのような自分の男の部分をぶつける行為を、家族とはしたくないな…と思う男性もいます。

そういうタイプの男性なら、夫婦間のセックスレスへ一直線でしょう。

ただ、それでも、さらに子どもが欲しいと自分や奥さんが望む場合は、セックスをしなければなりませんよね。

しかし、子作りのためのセックスと、自分が相手の女性を本当に抱きたくてするセックスは全くの別物…。

ですから、家族として見てしまう奥さんとのセックスで、我を忘れるくらい没頭することがなくなってしまう既婚男性も多いでしょう。

その点、不倫相手の女性は赤の他人ですから、自分の欲望を素直にぶつけることができると考えている男性も沢山いるのです。ある意味、不倫相手の女性をSEXの道具にしてしまう既婚男性もいるでしょう。

悲しいことですが、そこには男性の心からの愛なんて存在していないことが多いのです。逆に、心から愛してしまうと、性的な興奮は低くなってしまいます。

不倫相手の女性を性的な対象としてより、守ってあげたくなるような気持ちで見るようになってしまうと、男性は不倫セックスで気持ちよくなれません。そこに、とても大きな矛盾があるのです。

なので、わざと相手の女性を雑に扱ったり、性欲処理の道具のように使うことで、気持ちを持っていかれないようにしている既婚男性も、少なからずいるのではないでしょうか。

全てを知らない女性の方が興奮する

自分の奥さんのことを、全て分かった気でいる既婚男性はとても多いです。

奥さんだって一人の女性ですから、本当は夫にだって見せていない顔は沢山あるはずです。

しかし、男性は、結婚して自分のものになったと思っている女性に対しては、安心しきっているところがあります。

そして、自分が裏も表も全て知っているつもりになっている女性とのセックスには、あまり興奮を感じられないというわがままなところがあるのです。

一方、不倫相手の女性は、一緒に暮らしているわけでもないですし、法律的にも自分のものではありませんから、既婚男性にとっては、どこかミステリアスな存在と言えます。

「普段、自分と一緒に過ごしていない夜、他の男と会ってるんじゃないだろうか…」と、心のどこかで想像することもあるでしょう。

そうなると、余計、自分の方を振り向かせたくて男性は燃えてくるもの。セックスにしても、興奮度が違います。

そういう意味では、自分の妻だって、他の男にとっては人のものであり、魅力的に映るということに思い至らないのは、浅はかとも言えるのですが…。

ただ、男性にとっては、はっきりと自分のものと言えるのは、結婚をした奥さんだけなのです。

それ以外の女性は、既婚者の自分には完全には手に入らない存在。だからこそ、そういう相手とのエッチには最高のスリルと興奮を感じるのです。

日常と非日常

奥さんは、言うならば、いつでも手を伸ばせば隣に寝ていて、抱こうと思えばいつでも抱ける存在。

奥さんと過ごす時間は日常であり、奥さんとのセックスも日常の中の出来事と言えます。

一方、不倫相手は、夜、今からすぐ会いたいからと言って簡単に会える相手ではありませんよね。家にいるときは、奥さんや家族の目もあり、独身のように気楽に出掛けられるわけではありません。

なので、不倫相手の女性と一緒に過ごせる時間は、既婚男性にとっては貴重なもの。

そしてそこで二人が交わすセックスは、非日常的な経験でしょう。

毎日、会社と家の往復でうんざりしている既婚男性にとっては、素敵な不倫相手の女性に二人きりで会える時間は、わくわくするような心がときめくひと時なのです。

不倫を楽しんでいる男性は、奥さんとのセックスと、不倫相手とのエッチをきっちり分けているものです。

もし、不倫相手の女性が彼が奥さんと離婚することを望み、実際に彼を略奪できたとしても、そんなタイプの男性はまた不倫をすることも多いのです。

彼らは、妻がいる限り、外で妻以外の女性とのセックスを楽しもうとするでしょう。その刺激的でスリルもあり、わくわくするような体験を手離せるはずがないのです。

そうなると、今度奥さんと同じ立場になるのは自分ですよね…。それを一度、きちんと考えてみましょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫相手の女性にだけ既婚男性がエッチの行為中に求めていること

最大限興奮させてくれるようなエロ

多くの既婚男性が、不倫と言う言葉に興奮するのは、やはり奥さんとはできない、「いやらしさ」を追求したエッチを想像させるからではないでしょうか。

奥さんって、朝起きてから夜眠るまで同じ時間を過ごす相手ですよね。

仕事に行っていて会わない時間があったとしても、休日などは、朝から晩まで顔を合わせている日もあるでしょう。

そういう相手と、我を忘れるような激しいエッチをして、また普通の日常生活に戻って顔を合わせるのって、照れ臭いものがあります。

それに、スイッチのON、OFFのように、恋愛ラブラブモードと日常生活モードの切り替えがきっちりできるわけではありません。

新婚時代ならまだしも、長く生活を共にしていると、そういう切り替えがどんどん難しくなってくるものです。

ですから、奥さんのことを性的にものすごくいやらしい目で見ることができなくなっていく既婚男性がいるのも仕方のないことかもしれません。
(もちろん、奥さんにしか性的に興奮しないという既婚男性も沢山いるでしょう)

でも、人間なので、誰しも性欲はあります。

その欲求にただ身を任せるようなセックスをしたいという男性も多いでしょう。

なので、不倫相手の女性とのエッチには、奥さんにはもう求められない、淫らないやらしさを求めるのです。

不倫相手の女性が、彼から女としてだけではなく、人間として心から愛されたいと願ったとしても、男性側が、ただ性的に興奮させてくれることだけを望んでいたら、不倫の結末は悲しいものになるでしょう。

彼がこの不倫に何を望んでいるか、そして自分が何を望んでいるかは、きちんと見極めましょう。そうでないと、結局傷つくのは女性ばかりになってしまいます。

自分も責められたい

特にMという訳ではないけど、男性だって、時には自分も全身を愛撫されたり、口でして欲しいと思うこともあります。

ただ、それを奥さんにして欲しいか、と言えば「・・・NO」という既婚男性もいるでしょう。

結婚生活も長くなると、なかなか、自分のして欲しいことを奥さんに素直に言えなくなりますし、相手に性的なことを色々と求める気持ちもなくなっていくのではないでしょうか。

それはやはり、生活を共にし、四六時中顔を突き合わせていると、相手に神秘性を見いだせなくなり、飽きてくるのも一因なのではないでしょうか。

もはや、丁寧なセックスなんてずっとしておらず、キスもしないまま、ただ挿入して射精して終わり、というような淡泊なエッチをしている夫婦も多いでしょう。

新婚当時は激しく求めあった男女でも、慣れって悲しいですよね…。歳を重ねていくと、若い時のような元気もなくなりますし、仕方のない部分もあるでしょう。

一方、不倫相手とのセックスでは、気持ちも体も若返ったように感じている男性も多いハズです。

素敵な女性が、自分のような奥さんのいる男を相手にしてくれている、ということで、男としての自信が復活した男性も多いでしょう。

そんな不倫相手の女性に口でしてもらったり、体中にキスされれば、もう彼は不倫セックスのとりことなるでしょう。

奥さんにはもう求める気も起きないような丁寧な愛撫をされれば、あなたから離れられなくなるのは間違いありません。

セクシー女優のような技や反応

男性はAVが大好きですよね。

よほどの人でもないかぎり、AVを見たことがないという男性はいないでしょう。

もちろん、AVはフィクションですし、ある種のお芝居です。

それを分かった上で、セクシー女優さんたちの手の使い方、表情の作り方、舌の使い方を真似ると、彼の悦びは増すでしょう。

彼女たちは、いわばその道のプロ。セックスでもプロの技を取り入れることができるところはしてみましょう。

彼の方も、AVで見たような責め方をされたり、舌使いをされれば、ぐっと興奮度が増します。

これは、不倫相手だからこそ、彼も気持ちがたかぶるのです。

もし、同じことを奥さんにされても、興ざめということもあるでしょう。妻にエロさを出されると、「勘弁してよ…」と思う既婚男性も沢山います。妻に対して、家族的な意識を持つようになったからでしょう。

ですが、他人である不倫相手の女性にテクニックを駆使されると、ますます相手の女性のとりこになっていくのです。

「これ、他の男に教わったの?」なんて、不安にかられる男性も出てくるでしょう。そんなセリフが出てきたら、彼の気持ちが最高潮にたかぶっている証拠です。

また、エッチの最中、彼のさまざまな動きに対するこちらの反応も大切。

おおげさすぎるのはNGですが、ある程度盛っているとしても、こちらが感じていることを表情や声、態度で表すことは重要です。そして、少しオーバーなくらいでないと、相手に伝わらないときもあるのです。

自分のしていることが、あなたを気持ちよくさせていると彼が自信を持てれば、二人のエッチはがぜん盛り上がるでしょう。男性のプライドを満足させてあげると、彼のセックスに対する積極性が増します。

そして、奥さんとの間にはもはや取り戻すことができない情熱を感じた時、彼があなたにはまっていくスピードも速まるでしょう。

既婚男性が奥さんとエッチしていると分かって嫉妬したときの対処法

仕方ないと諦める

奥さんとセックスすることは、既婚男性にとっては義務と言ってもいいでしょう。

不倫バレをしないためにも、奥さんを定期的に抱くことは、目くらましとしても必要なことなのです。

それに、そもそも、悲しいけれど、彼は法律的には奥さんのもの…。

ときどき彼を借りているのはこちらの方と割り切ることができれば、嫉妬心もそこまでひどくはなりません。

どうしても悲しくなるときは、逆の立場になって考えてみましょう。もし、あなたが彼と結婚していて、彼に不倫相手がいるとしたら…。それは辛い想像かもしれませんが、ときどきは奥さんの哀しみにも思いをはせることは大切です。

例えば、自分とはセックスレスなのに、不倫相手とはセックスしていると分かったときの、奥さんの絶望感は言葉にできないほど辛いものでしょう。

ただ、相手が奥さんだとしても、どうしても彼が自分以外の女性を抱くのはイヤと思うのであれば、自分は不倫には向いていないときっぱり断ち切ることも必要でしょう。

その辺りを割り切れない点で、自分が求めているものと、不倫関係は全く別の方向にあることを理解しましょう。我慢や忍耐を強いられるのが不倫なのです。

全てが自分の思い通りに行くことを望むなら、独身男性との恋愛の方が絶対に幸せになれます。きちんと、自分が望むことに向き合うことも大事なことです。時間を無駄にしないようにしてください。

別れるのも一つの手

恋人や夫などの自分のパートナーが、風俗に行くのも許せないという女性も沢山いますよね。

生理的に、誰か他の女に触れたり触れられたりした男性に、触ったり触られるのは気持ち悪いと思う女性もいるのは仕方がないことかもしれません。

そして、そういうタイプの女性は、不倫には向いていないと言えます。

不倫相手の女性からしてみれば、不倫は愛しい男を別の女性と共有することなのです。

自分と一緒にいない時の彼のことは、「最初からいないものとして、全く考えない」、というくらいの強い気持ちがないと、なかなか続けられる関係ではありません。

ですから、奥さんとエッチをしている彼のことが許せない気持ちになるのであれば、やはり不倫をやめて、自分だけの男を探すしかないでしょう。

そして、それは普通の感情なのです。その気持ちを否定しなくて全然いいですし、既婚者の彼に気をつかう必要なんてゼロ。

情に縛られ、自分の幸せを探すことをためらうような独身女性も、不倫関係ではよく見られます。しかし、不倫相手はしょせん既婚者。義理立てする必要のない相手です。

彼には家庭があり、普通の幸せと言えるものを持っていますよね。その上で、不倫相手という恋人までいるのです。

一方、不倫相手の女性が既婚者の男性に一途に尽くしている場合、彼の方から別れを切り出されたら、独りぼっちになってしまうこともあるでしょう。

そのときには、もう新しい恋をする気力もなくなっているかもしれません。

そう考えれば、既婚者の彼に遠慮などしないで、自分の幸せを真剣に追及した方が、結局は二人のためになることもあります。

一方的に捨てられたとき、彼を恨む気持ちで残りの人生を台無しにしてしまうくらいなら、彼を奥さんと共有することはできない、と強く思うのであれば、さっさとこちらから彼を捨てるくらいの強い気持ちを持ちましょう。

言葉責めする

奥さんとセックスしていることを逆手にとって、自分とのエッチのときに言葉責めする材料にするのも、二人のセックスに新たな燃料になるでしょう。

「奥さんともこういうことしてるの?」とか「奥さんはこんなことしてくれないでしょ?」などと、自分の嫉妬心をかわいらしくぶつけるのもいいでしょう。

男性の方も、適度な嫉妬なら嬉しいものです。

ただ、男性側が奥さんのことをちらつかせると、すぐに機嫌が悪くなったり、急に萎えるタイプなら、このやり方は通用しません。それに、あまりしつこすぎると逆効果なので、NGです。

彼のタイプを見極め、カワイイ嫉妬なら喜んで受け止めてくれる彼なら、自分の嫉妬心を昇華しながら、セックス中に彼を言葉責めしてみましょう。思わぬ反応が返ってくることもあるかもしれません。

他の男といちゃつく

奥さんとの彼がエッチするのが本当に嫌なのに、彼の方は奥さんとのエッチをやめる気配がないなら、あなたの方も他の男性と仲良くするところを見せて、彼に嫉妬の苦しさを分からせるのも一つのやり方です。

「あなたが奥さんのことも抱くなら、私だって別の男に抱かれてもいいんでしょ」というポーズをあなたから取られたら、彼はどんな反応を示すでしょうか。

「やりたいなら好きにすれば」と全く嫉妬心を見せないなら、彼にとってあなたは、「いつでも別れられる遊びの女」という位置づけなのかもしれません。

ただ、男性の嫉妬心も強いので、本気で愛している相手なら、他の男と話をしているところすら見たくないでしょう。

「別の男ともセックスしているのではないか」と疑うだけで、彼の方はこちらが想像もつかないような行動を起こすかもしれません。

嫉妬深い相手なら、職場などが同じ場合は、気を付けた方がいいでしょう。

周囲に不倫がバレても構わないような態度で、あなたの近くをうろついたり、あなたが親しくしている男性全てを疑って、ケンカを売るようなことをしたりすることも考えられます。

恋に夢中になっているときの男性は、周囲から見ればドン引きするようなことを平気でやるものですよね。

彼の嫉妬心をあおる時は、その点だけは注意してください。

既婚男性が奥さんとのエッチをやめて不倫相手の女性だけを求めてくるようになるHの究極テク

視覚的な刺激

男性はセクシーな下着など、視覚的な刺激にとても弱いです。

セクシーな下着も、一緒に暮らしている奥さんが身に着けて誘ってくるよりも、全てを知らない不倫相手の女性がつけている方が断然興奮度が増すでしょう。

男性を虜にしたければ、視覚的に萎えるようなことをしないことはとても重要。ムダ毛を見たとたん、萎えるような繊細な神経の人もいます。

いくら付き合いが長くなり、親しみが増しても、最初に出会ったころのような緊張感を持つことが、不倫セックスで飽きない秘訣の一つです。

それはとても大変なことかもしれませんが、既婚者と付き合う上では、奥さんにできないような気遣いを持って男性に接することは、不倫相手の女性が奥さんより愛されるポイントになるでしょう。

ラブホテル派の人には当たりまえかもしれませんが、鏡でお互いが抱き合う姿を見ることもいい刺激になります。

彼と会うのはいつも自分の部屋という人は、ベッドの近くに大きな鏡を置くのも新しい刺激になるでしょう。

さらに、自分の部屋で彼とエッチすることが多い人は、ぬいぐるみやアニメのキャラクターグッズなど、あまり子供っぽいものは置かない方がいいでしょう。

彼に子供がいる場合は、自分の子供を思いださせるきっかけになりかねませんし、大人の女性とのエッチの最中に、ぬいぐるみなどが目に入れば、なんとなく興奮していた気持ちがそがれる男性もいます。

自分の部屋だからと言って、ムード作りを怠るのはNG。

シックな色でカーテンやインテリアを統一したり、きちんと片付けられた部屋を意識してみましょう。あまりに汚い部屋だと、抱く気も失せます。

逆に、奥さんが片付け下手だったり、子どもがいていつも散らかっているような家庭だとしたら、あなたの部屋がきちんと清潔に片づけられたシンプルで大人びた部屋なら、それだけで彼があなたに会いに行きたくなるきっかけにもなります。

マンネリにならない演出

セックスは究極的には、性器と性器を擦り合わせて、男性が射精すれば終わりという、原始的な行為です。

もし、いつもセックスがそれだけで終わるなら、おもむきも何もありませんし、それこそわざわざ不倫というリスクを冒してまでやる必要はありません。

射精したいだけなら、奥さんという相手が手を伸ばすところにいるのですから…。

それでも不倫に走る男性が後を絶たないのは、だんだん奥さんとのセックスに慣れてしまい、刺激がなくなっていくから、というのも一つの理由でしょう。

ただ、それはもう、結婚してしまったら仕方のないことでもあります。

不倫相手の女性とのセックスだって、それが永遠に続くわけではないという気持ちがあるからこそ、激しい盛り上がりを見せるのです。

もし、不倫相手の女性と奥さんが同じ立場で、ずっと年を取るまで一緒にいることになれば、魅力は色あせていくでしょう。

不倫セックスも、二人が長く付き合うようになっていけば、慣れ親しみ過ぎて、セックスがマンネリ化することにもなります。

そうならないためには、毎回とまでは言わないまでも、時々は、何か新しい趣向を凝らしてみることも役に立つはずです。

コスプレなどもいいですし、彼に目隠しをして腕を縛り、体の感覚を極限まで敏感にして、あなたが上になって責めるのも興奮しますよね。

お互いにいつも新鮮な気持ちでいることは、不倫セックスにとっては、とても重要なポイント。

女性の方も、いつも同じような髪型やメイク、ファッションをしているのであれば、たまにはガラッと外見のイメージを変えるだけでも、彼の興奮度は高まるでしょう。

常に自分磨きを忘れずにいましょう。ただ、魅力的になればなるほど、他の男性からの誘いも多くなってくるものです。

そんな時は、不倫相手に変な遠慮はせず、自分が幸せになることを第一に考えて道を選びましょう。

会うたびにセックスさせない

会うたびにセックスしていると、飽きがくるのもとても早いでしょう。

こちらは本気の不倫をしているつもりでも、彼の方は仲間うちで、「誘えばいつでもやらせてくれる女」なんて陰で言っていたら、たまったものではありませんよね。

不倫sexで既婚者の男性を心も体も満たす方法と既婚男性が望むセックススタイル

ですから、時々は会っても絶対にセックスしない日を作りましょう。

もちろん、あなたの方が彼に会えば絶対にセックスしたい!と思うのであれば、それでもいいでしょう。

ただ、体だけの繋がりではなく、彼には一人の人間としても自分を見て欲しいと願うのであれば、やはり毎回セックスだけを目的に会うのはやめた方がいいでしょう。

彼が、もし、セックス抜きならあなたに会いたくないというなら、それが彼の本心なのです。そのことを知って傷つくあなたがいるなら、これ以上不倫を続ければ、さらに苦しみは深まるでしょう。

あなたの身も心も愛してくれる人を探しましょう。

そのための貴重な時間を既婚男性のために使わないようにしてください。

会話も大切にする

不倫相手の男性とは、セックスが終わればそそくさと解散してしまい、ほとんど普通の会話をしたことがない、という女性もいるでしょう。

セックスの前や最中に言葉を交わすとしても、気分を高めるための卑猥なことだったり、エッチがらみの会話ばかり、ということもありますよね。

ただ、それでは相手を本当に知ったことにはなりません…。彼の体の隅々まで知っていても、心の中のことは全くノータッチって寂しいですよね。

それに、裏を返せば、彼との会話がないということは、あなたの気持ちやどんな人間でどんなことを考えているかを、彼は全く知らないし、聞こうとしないということは、あなたという人に興味がないということです。

それは、彼にとって、あなたから欲しいのは体だけ、という露骨な状況なのです。

そこに虚しさを感じているなら、彼との関係も長続きするわけがありませんし、こちらが不安に思っている状況のセックスなんて、お互いに最高の体験にはなりませんよね。

もし、ただの性欲処理に使われているだけなら、速攻別れた方がいいでしょう。

一方、彼が普段寂しさを感じていたり、奥さんでは満たされない心を持っているなら、あなたから彼の心に歩み寄ることは大切ですし、それによって彼が一層あなたとの関係にはまっていくことにもなります。

それに必要なのは、セックスの技術などではなく、彼が気持ちを吐き出せるような雰囲気を作ることでしょう。そこには会話が不可欠。

ただの体の関係になってしまうと、飽きたらそこで終わりですが、精神的な繋がりを持つことで、体の興奮以上に満たされるものがあるのです。

そういう意味でも、彼との会話をおろそかにしないこと。

ただ、会話なんてそっちのけで、セックスだけをしたがるような男性との付き合いは、慎重になった方が自分のためです。その点をきちんと見極めましょう。

既婚男性にとって、不倫相手とのセックスは非日常なのです

奥さんと彼がセックスしているのは、仕方のないことです。二人は夫婦なのですから…。

不倫をする既婚男性って、2パターンありますよね。

全く奥さんとセックスしていないセックスレスタイプか、奥さんとも普通にセックスしていて、それでも家庭外で女性を求めるような、性欲旺盛なタイプ。

セックスレスタイプの既婚男性は、不倫相手との恋愛に本気でおぼれていくことも多いですが、性欲旺盛タイプは、きっちり不倫相手と奥さんを分けているものです。

奥さんともエッチをしている男性は、奥さんとのセックスにマンネリを感じて満足できないので、別の女性と不倫をしているのです。

自分の身勝手な性欲だけを満たしたくて、相手の女性の快感などには無頓着なセックスが特徴です。

会話もほとんどなく、普通のデートも最初のうちだけで、あとは女性を自分の都合で呼び出し、セックスをすればバイバイ、と言うような、まるで女性を道具扱い。

そこには、愛情のカケラも感じられません。

そんな彼の心を動かすことは、かなり難しいでしょう。不倫相手の女性の体に飽きれば、別の女性に行くだけです。

そういうタイプの既婚者と付き合っていて、自分も性欲解消のために付き合っていると言い切れないなら、早めにケリをつけた方が後から長く引きずらずにすみます。

心のない相手とのセックスを心底楽しめる女性って、ほとんどいないのではないでしょうか。

女性は、体を開いた相手には、心もひかれてしまうところがあります。セックスをして、お互いの体を重ねれば重ねるほど、彼に対して気持ちも依存していくのです。

そうなってしまうと、彼があなたとのセックスに飽きて、捨てられるようなことになったとき、辛い思いをするでしょう。そういう時のこのタイプの男って、とても冷たいものなのです。

そのことを肝に銘じて、彼との関係の先を見据えた行動をとりましょう。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.