不倫

不倫でストーカー行為となる男女の特徴&行き過ぎた行動への対処方法

不倫という大人の関係の中で、男女ともにストーカーっぽくなってしまう人もいます。不倫でストーカー行為をする男女の特徴ってどんなものなのでしょうか。その時、どんな心理状態なのか知りたいですよね。

ストーカーなんて、されても嫌ですし、するのも絶対にNG!ストーカーされた方の心には、深い傷が残ります。人間不信になってしまうケースもあります。ストーカーは、誰かの人生を台無しにする卑劣な行為だということを肝に銘じなければなりません。

そして、本人は自分がストーカー行為をしていると思っておらず、知らず知らずのうちにストーカーになってしまうこともありえます。それを愛情からの行動だと勘違いしているのです。もちろん、女性側がストーカーになってしまう場合もあります。

まず、男女別にどんな場合に不倫でストーカー行為に走ってしまうのか、その心理を見てみましょう。そして、不倫中のどんな行動が、ストーカーに繋がっていくのかも見ていきたいと思います。

また、どうすれば自分の身をストーカー行為から守れるのか、さらに自分のストーカー気質もチェックしてみてください。

不倫中の彼女が好きすぎて気持ちが抑えられない既婚男性がストーカー行為に走ってしまう理由

不倫相手の彼女に依存しているから

では、既婚男性が不倫中の彼女に対してストーカーをしてしまう心理を見てみましょう。

男性の方はもともと家庭があって奥さんもいるんですから、物理的に寂しいという理由でストーカー行為に走るとは思えません。しかし、家庭があっても会話がなく、自分の居場所はどこにもないように感じていると、自分の思いを受け止めてくれた不倫相手にどんどん依存していくでしょう。

そして、自分の気持ちはもう不倫相手の女性にしか向かず、彼女の全てを把握していたいという思いになっていくのでしょう。彼女の方にも、自分だけを見ていてほしいという欲が沸いてくるはずです。

あなたの交友関係を妙に詳しく知りたがったり、友人男性との付き合いに嫉妬してくるなど、あなたの行動を逐一把握しようとしてくるタイプは、あなたに依存している可能性があります。

常にあなたと一緒にいたがったり、同性の友人と遊びに出かけることにすら目を光らせてくる彼の束縛がちょっと重く感じるのなら、関係が泥沼化する前に少し様子を見て距離を置いてみるのもいいでしょう。

もともとストーカー気質だった

もちろん、不倫関係になったからではなく、もともとの性格が粘着質で、今までも交際相手にストーカーっぽくなっていった男性もいるでしょう。

それを愛情だと勘違いしたままなのか、逃れることができなかったのかは分かりませんが、そのまま結婚したのが今の彼の奥さんだということもあり得ます。

もちろん、彼をストーカーとは思わず、自分をこんなに束縛してくれるなんて、愛情深いんだわ、と思える女性は、こういうタイプの男性でも夫として受け入れられるのでしょう。

夫婦の関係は様々なので、本人たちがそれでいいのなら、周りがとやかく言うことではありません。ただ、多くの女性は、どんなに相手を好きだったとしても、ストーカーじみた行為をされた時点で、気持ちは冷めて、身の恐怖すら感じるはずです。

愛情って、やはり相手を尊敬する気持ちがないとわかないものです。相手がストーカーじみていると感じたら、尊敬できないのが普通でしょう。そんな相手だと、不倫関係を維持する気持ちにも到底なれないですよね。

なので、相手の男性の言動や行動に少しでも違和感を感じたら、深い関係になるのは少し様子を見てからの方がいいのではないでしょうか。その違和感が、後から考えてみれば当たっていたということは、人間関係ではよくあることなのです。

自分の直観から目をそらさないことは大切です。

所有欲が強い

所有欲が強いタイプも、ストーカー行為に走りやすいでしょう。不倫相手のあなたを自分のモノだと認識していると、あなたが他の男性と話しているだけで嫉妬します。そして、常にあなたの行動を自分の監視下に置いておきたいと思うのです。

他人が自分のモノになることはないですし、そもそも既婚男性は、そんなことを言える立場にないですよね。そんなことも理解できず、相手を自分の所有物だと思い、いつも行動を把握していたいというストーカー的な心理状態って、やっぱり怖いです。

あなたに自分好みのファッションを強要したり、あなたにスケジュールを事細かに報告させようとするタイプの男性は、所有欲が強いところがあるでしょう。やたらと身に着ける物をプレゼントしてくることもあるかもしれません。

こういうタイプには、早い段階で、あなたの方から自分は自分のもであり、誰のものにもならないのだ、という強い意志を見せた方がいいでしょう。自分の手にからめとることができないだろうと感じさせるようなはっきりした女性には、彼も最初から関心を持たない可能性もあります。

これからの関係でこじれないためにも、彼と深い繋がりを持つ前に、彼がストーカーっぽくなるようなことはないだろうか、と想像を働かせてみるのもいいでしょう。もし、既婚男性のことが気になり始めたら、まずは彼の言動をチェックしてみましょう。

既婚男性に対して女性がストーカー行為を働く心理

感情の抑えがきかなくなる

では、次に、女性側が不倫相手の既婚男性に対してストーカー行為を働く心理を見ていきたいと思います。女性のストーカーのニュースなども時々耳にしたりすることもありますよね。

体力的には男性よりも非力な場合が多いので、「女性からのストーカーなんて怖くないでしょ」という人もいるでしょう。でも、体力的に抵抗できるからと言って、行動を逐一監視されるような生活は精神的にくるものがありますよね。

なので、女性からのストーカー行為だと言っても、男性だって恐怖を感じます。そういう意味では、やはりストーカーって、卑劣な行為ですよね。

ただ、本人に卑劣なことをやっているのだという認識があれば、女性もストーカー行為になど走らないでしょう。やはり心のどこかで、これは彼を愛しているがゆえの行動なんだから許してよという甘えや自己陶酔があるのでしょう。

女性って、男性を深く愛してしまうと、常に一緒にいたいものですよね。それは当然の感情です。ですから余計、彼が奥さんの元に帰っていくなんて、とても悲しいことでしょうし、ストレスも感じるでしょう。

そんな鬱屈した気持ちが溜まっていくと、彼が自分といないとき、誰とどんな顔をして過ごしているのか猛烈に知りたくなったり、彼を自分以外の誰にも渡したくないという気持ちになってがエスカレートして、ストーカー行為に走ってしまうのでしょう。

不倫関係は、独身者同士の恋愛よりも、妻というはっきりとしたライバルがいる分、気持ちが落ち込んだり、鬱々とした気分になる女性も多いでしょう。そういうストレスから、極端な行動をとってしまうことはあるでしょう。

そして、そういう行動の根元にあるのは、彼への強い気持ちです。でも、もし、あなたが彼のこと以外考えられないような状態になっているなら、とても危険な状態だと認識した方がいいです。

どうしても一目会いたいから、今彼がいるであろう、家の近くをうろつきたい、という気持ちになった時は、無理にでも他のことに目を向けるようにしてください。

ジョギングしたり、山登りしたり、キツい運動を自分に課すことは、いいリフレッシュやシェイプアップになりますし、何よりとても疲れて行動力が低下するので、是非やってみましょう。

ストーカーという行為には、行動力となにより体力が必須ですよね。なので、自らそんな行動力をそぐためにも、日ごろから疲れるくらい運動をするのもいいでしょう。

一旦ストーカー行為に手を染めてしまうと、彼にバレた時、一発で不倫関係を解消されることにもなりかねません。そういった行動力はもっと大事なときのためにとっておいた方がいいでしょう。

一人が苦手

単純に、一人でいるのが苦手な女性は多いと思います。女性は一人で外食するのも勇気が必要という人がいたり、どこへ移動するのも一人ではイヤという人もいますよね。

もし、既婚男性と不倫関係になって、二人でいるときの居心地の良さを知ってしまうと、もう一人になりたくないと強く思うこともあるでしょう。でも、片時も彼と離れていたくないのに、彼は家庭に帰らなくてはならない。そんな寂しさの反動から、ストーカー行為をしてしまうこともあるでしょう。

でもそれは、彼女にとって、自分がストーカーだという認識を持たずにいる場合も多いです。ただ彼のそばにいたいと思い、彼の仕事終わりの時間に待ち伏せたり、彼の家がある駅をうろついてみたり、実際に彼の家のそばまで行ってみたり。そうやってどんどんエスカレートしていく可能性もあります。

傍から見れば、まぎれもなくストーカーなのですが、恋愛に目がくらむと自分の行動を他人の視点で見られなくなってくるのでしょう。仮に、親しい友人や家族に、自分が相手にしている行為を説明したとしたら、相手は、それはストーカーだよ!と驚いて注意するでしょう。

でも、不倫をしていることは、どれだけ親しくしている友人にも話さない人は多いでしょうし、秘密にしておくほうがいいと思います。なので、不倫中は、自分のしていることを止めてくれる人が周囲にいないのもストーカー行為を助長させる原因でしょう。

そんな風に、自分の行動にブレーキをかけられず、ただただ彼のことが愛しいから、会えなくても側にいたいだけ、という気持ちに支配されるまま、ストーカー行為に走ってしまう女性もいます。

しかし、自分では悪気がないと思っていても、やられる側は怖いですよね。彼の方が、それまでその不倫に本気であったとしても、そんなことをされたら、奥さんにバレる危険性がグンと増しますし、一気に不倫への気持ちが冷めていくことにもなりかねません。

不倫という関係では、自分の気持ちを優先することが難しいことは理解しておくべきです。きちんと相手の立場を理解して行動しないと、簡単に周囲にバレてしまうでしょう。

もちろん、一人でいるのは寂しい面もあります。でも、逆に考えれば好きなように時間が使える絶好のチャンスです。いっそのこと、彼が一緒にいたらできないことに挑戦してみましょう。

自分の趣味ややりたいことのために時間を使えるって、本当はとても贅沢なことです。そこにフォーカスを当ててみると、一人でいるのが寂しいとは思わなくなるでしょう。

また、そこでの新しい出会いによって、彼との関係を見直したり、自分の行動が客観視できるようになることもあるでしょう。彼との閉ざした関係の中にとどまるのはもったいないです。色んな人と出会うこともできるということを忘れないでくださいね。

相手に固執している

女性って、一旦好きになって体の関係を持ってしまうと、だんだんと男性の本性が見えてきても、つい目をつむって、彼に固執してしまうところがありますよね。

彼にとってはほんの出来心の浮気だったことを薄々感じても、「私の全てを捧げたのに、簡単に別れるなんてできない」という、プライドのようなものが目をくらませてしまうこともよくあります。

そういう部分では、いくら時代が変わっても、体の関係を持つと、女性の方が男性よりも何かを失ったような気にさせられるものです。セックスをしたからと言って、女性も男性のように何も失わないどころか、株を上げたような価値観が社会全体にあればいいですね。

女性だって男と寝たことで株が上がるという考えができるなら、もし相手をくだらない男だなと気づいた時点で、「まあ、気持ちよかったし、いい勉強になったからいいか」とさっぱり別れることができるでしょう。

もちろん、そういう感覚でいる女性もいますし、それは素晴らしい姿勢だと思います。そういう部分でもっと男女が平等になれたら、生きやすくなるはずです。キズものになった、という考えが残っているから、女性はセックスした男性にこだわってしまうところがあるのでしょう。

もし、付き合っているうちに、自分の気持ちが純粋に彼への愛情なのか、それともただ関係を持ったことに固執しているだけなのか分からなくなってきたら、基本に戻ってみましょう。

そこできちんと自分の心と向き合っておかないと、セックス後に相手に冷たい態度を取られるようになっても、体の関係を持ったということにこだわってしまい、このまま別れるのはイヤと、つきまとうなどのストーカー行為をしてしまうこともあるでしょう。

ストーカー行為をしてしまうことは、自分にとっても大きなマイナスです。相手から警察に届けを出されてしまうかもしれませんし、周囲には不倫と共にストーカー行為をしたということがバレてしまう可能性もあるでしょう。

不倫という大人の関係を選んだのなら、自分をきちんと律することも大切です。そして、ただの浮気性の既婚男性とは、例えセックスをしたとしても固執せず、きちんと見切りをつけられるようになりましょう。

不倫からストーカー行為に及ぶ危険度の高い行動

いつも予定を把握しようとする

では、不倫中に、相手が今後ストーカー行為に走りそうだな、と感じる危険度の高い行動とはいったいどんなものなんでしょう。ストーカーは、相手の行動の全てを手のうちに入れておきたいもの。自分の知らない空白の時間があることに耐えられません。

不倫相手が、付き合い始めのころから、細かく予定を聞いてきたり、今日誰と会って、どんなことをしていたかをしつこく聞いてくる場合は、ちょっと注意をしておいた方がいいでしょう。

普通の恋愛とは違って、不倫相手からストーカーを受けると、不倫が周囲にバレる可能性はとても高くなります。同じ職場の場合、不倫相手があなたの予定を把握しようとして、あなたの同僚などに聞いたりすれば、すぐに怪しまれますよね。

そして、あなたが彼に特に話すことでもないと思って出かけたことが後から分かった時に、彼がムスッとしたり、なんで自分に話してくれなかったんだ、と怒るような場合は気を付けた方がいいでしょう。

彼は、自分があなたの行動を把握しているのは当たり前だと思っている可能性があります。もう、そういう行動をする時点で、彼はちょっと危ないな、と認識しておかなければなりません。

また、妙に細かい相手だな、と気になるときは、それを「まあ、いいか」と放っておかず、彼の行動や言動をよく観察してみてください。もし彼がストーカー行為をするようなタイプなら、普段からその片鱗は出ているはずです。

ふとした瞬間に彼に対して抱く違和感というものはとても大切なシグナルです。常にアンテナを張っておきましょう。

相手のスマホを盗み見る

恋愛関係において、相手の気持ちが知りたくなったり、不安になったりして、相手のスマホを見たいと思うことってありますよね。けれど、見たいと思っても、普通は我慢するでしょう。その思いを抑えられず、行動に移してしまうのはかなり危険なタイプです。

相手の全てを知りたいというのが恋愛ですが、実際にそんなことはできません。だから恋愛をすると、相手の心が分からなくなって悩んだり苦しんだりします。それが普通です。

でも、ストーカー行為に走る人は、その苦しみや辛さに耐えられず、行動に移すことで自分の気持ちを慰めることを第一に考えます。だいたい、ストーカーって、行動力がないとできませんよね。

ぐだぐだ言ってきても、言うだけで行動に移さないタイプは、ストーカーになる可能性は低いでしょう。怖いのは、口数は少ないのに、妙に行動力だけはあるタイプです。

スマホの件は一例ですが、あなたに関することになると、妙に行動が早かったり、「え?」と思うようなことで行動力を見せるような相手なら、ストーカー行為に走ることはあり得ます。

ちゃんとした時に見せる行動力は、男性としても素晴らしい資質ですが、スマホを盗み見たり、例えば、あなたは住所なんて教えていないのに、職場などで住所を調べるなどの余計な行動力があるタイプは、ストーカーになる要素をはらんでいます。

もし、彼に気になる行動があれば、いずれストーカー化する危険性があるのでは?と、十分に気を付けた方がいいでしょう。特に、あなたに関することでの情報収集が妙に早かったり(教えていないのに誕生日を知っていたりなど)する場合は、ちょっと危険なタイプだということを認識しておいた方がいいでしょう。

連絡がつかないとイライラする

自分が電話やメールをしても返事がなく、相手が今どこで誰と何をしているかが分からないと、すぐにイライラするタイプもストーカーへと進みやすいタイプと言えるでしょう。

その日の全ての細かい予定を相手に話すという人も中にはいるかもしれませんが、普通は恋人だからと言ってそこまで説明しないですよね。それに、ジムやプールにいたり、病院にいたりなど、どうしてもすぐに返事ができないタイミングもあります。

そういう相手の状況を想像することができず、連絡がつかなかったことをネチネチ責めてきたり、逆上するようなタイプはストーカーになりやすいでしょう。

まあ、もともと、相手の立場になって想像することができる人だったら、そもそもそストーカーになんてなりませんよね。結局は自分が大事なのがストーカーです。

彼らは相手のことを愛しているからの行動だと主張するかもしれませんが、所詮は自分の気持ちを満たすためにやっていることだと、周りから見えれば一目瞭然です。

なので、あなたから見て、さすがにこれは度を超えているな、と思うようなことをたびたびするような相手は、何かがきっかけになって信じられないような行動に出る可能性が高いと言えます。

その時になってからでは遅いということもあるので、関係が深くなって相手があなたに執着する前に、彼にストーカー気質があるかどうかは見抜いておきたいですね。自分が「え?」と感じる違和感のようなものに対して、見なかったフリをしないことが重要です。

不倫中の彼から行き過ぎた愛情表現を受けた時に女性が身を守るための対処方法

最初にはっきりと「ストーカーは大嫌い」と伝える

では、どんなふうにストーカー行為とも言えるような愛情表現から身を守ることができるでしょうか?見ていきたいと思います。

例えば、友達に誘われてアーティストのコンサートに行く予定があったとします。事前にあなたの予定を知らせたわけでもないのに、コンサートが終わって帰ろうとしたら、彼が出口で待っていた、ということがあったとしましょう。

あなたの方はなぜ彼があなたの予定を知っていたか分かりません。もしかしたら、偶然カレンダーなどの書き込みを見たのかもしれませんし、共通の知人が話しているのを聞いたのかもしれません。

でも、考えようによっては、部屋を盗聴されていたり、スマホを盗み見られたのかもしれないと不安になりますよね。

自分が彼に教えたわけでもないのに待ち伏せされたら、まずあなたが感じるのはぞっとした恐怖でしょう。どれだけ相手を好きでも、そこにはある種の異常さを感じてしまうはずです。

彼の方は、ただあなたが心配で、純粋な愛情からだと思って、あなたを家に送ってあげるために待っていたんだと思っていたとしても、どうやってあなたがそこにいるかを知った経緯からして、それはストーカー行為と言えます。

もし、そんなことがあったら、彼にそれは愛情ではなく、ストーカー行為であり、私はそういうのは大っ嫌いだとはっきり伝えた方がいいでしょう。

彼がその言葉にびっくりするようなら、ストーカー気質の根は深いと言えるかもしれません。彼にとって、そういう行動は愛するがゆえの当たり前のことと思っているということだからです。

もし、その愛情が否定されて怒り出し、彼がストーカーの本性を出すようなら、早く分かって別れた方がいいでしょうし、逆にあなたの強い一言で反省してくれる可能性もあります。

ただ、なかなか気質というものを変えることは難しいです。彼が反省して二度としないとは言っても、すぐに心を許さず、盗聴や盗撮などにしばらくは気を付けて生活した方がいいでしょう。

自分のためにお金を使わせないようにする

不倫相手の彼があなたに深い愛情を持っていれば、あなたのためにプレゼントを買ってくれたり、おいしいものを食べに連れて行ってくれたり、お金を使うことをいとわないでしょう。

でも、もし彼がストーカーっぽくなってきて、あなたがそれを嫌がって別れようとした場合、彼が今まであなたに使ってきたお金を盾にして、「君にはあんなにお金を使ったのに」なんて言う男もいます。

あなたのことを自分好みに飾り立てようとしてお金を出していた可能性もあります。それは、もしかしたら、あなたの身も心も支配したいという気持ちからかもしれません。

なので、彼がどんどん自分にお金を使ってくれることを、こんなに愛されてるんだわ!と単純に喜ばず、彼がどういう意図でそんなに気前よくふるまうのか、ということに気を付けた方がいいでしょう。

もし別れることになった場合に、「君にはこんなにお金を使ったんだ!」とか「別れるなら○○で使ったお金を返せ!」などと言われないためにも、不倫関係にある男性に湯水のようにお金を使わせることは控えた方がいいでしょう。

別れる時に、君に使ったお金を返せ!と言ってくる男って、意外と多いようです。それは、彼がお金持ちでも同じことです。逆にお金を持っている男の方がお金にはうるさいものです。

不倫関係に限らず、男性が女性にお金を使ってくることには、下心がある場合も多いです。こちらが別れたい時にお金のことを持ち出されないよう、十分に気を付けましょう。

徐々に距離を置く

相手の男性がストーカーっぽくなってきた場合、徐々に距離を置くことを考えましょう。彼にさとられない程度に、少しずつ連絡の回数や会う回数を減らしていきましょう。露骨に減らすと、勘づかれるので十分気を付けてください。

もしあなたの住んでいる場所を彼に知られていたら、引っ越しをすることを考えた方がいいでしょう。実家暮らしで、そこも知られていたら、一人でどこかに引っ越すことも必要になるかもしれません。

彼に気づかれず、うまく引っ越しが完了してから、徐々に距離を置くといいでしょう。もし、職場が同じ場合は、さすがに転職するのは大変ですし、相手も職場であなたに付きまとうには限界がありますよね。

彼は既婚者ですし、自分の立場が悪くなるような行動は控えるはずです。ただ、あまりにもあなたに執着している場合は、職場だろうと周囲にバレるリスクがあろうと、あなたに付きまとい、別れを認めない場合もあります。

そうなったら、どちらかが会社を去る必要も出てくるかもしれません。それも不倫を選んだ自分の選択の結果だと腹をくくるしかないと思います。そうすれば、後で振り返った時に後悔することはないでしょう。

不倫は、大人同士の恋愛です。この関係には、常に責任が付きまとうということも認識しなければならないでしょう。

不倫中の行動で分かる!自分では気づきにくいストーカー気質のチェック方法

彼が今何をしているか常に考えてしまう

では、自分にはストーカーになる可能性があるのかも気になりますよね。不倫中の自分の行動から、自分にはストーカー気質があるのかどうかチェックしてみましょう。

まず、恋愛関係になると、常に彼のことに集中してしまい、気づいたら彼のことばかり考えていて何も手につかなくなるタイプの人は、ストーカー気質があると言えます。

もちろん、恋愛中の女性って、基本、相手のことばかり考えて過ごしてしまうものです。でも、事細かに、彼が今何をしているのか、ということまで考えているなら、それはちょっと危険なサインです。

特に、不倫の恋愛は、独身者同士の恋愛と違って、相手には奥さんがいますよね。なので、会っていない時に彼のことを考えると、どうしても奥さんの存在がちらつくものです。

その上で、彼のことを考え続けるということは、彼への愛しさと同時に、彼と一緒にいるであろう奥さんに対する負の感情を背負うことにもなります。そんな時、嫉妬心や色んな感情がないまぜになって、普通の恋愛の時には感じないような自分でも怖くなるような気持ちになることはあるでしょう。

そういう負の感情って、時に人を追い詰めてしまうものです。元々は快活な性格の女性だったとしても、不倫という関係にはまってから、以前とは違って暗く落ち込みがちな性格になってしまうということもあります。

元々ストーカー気質ではなかったのに、不倫がきっかけで、ストーカー気質の芽のようなものが大きく育ってしまうこともあるでしょう。それくらい、嫉妬心や怒りの感情は人をおかしくさせてしまうものなのです。

そんな風に自分を見失わないためにも、不倫中こそ、彼と一緒にいない時は、彼のことを考えるのはほどほどにしましょう。他に何か打ち込める趣味や習い事をするのも一つの手です。

自分をストーカーっぽくしないためでもありますし、自分がもっと素敵になれることにもつながります。もしかしたら、その趣味を通して新たな出会いがあるかもしれませんよ。

彼の家がある周辺をうろつく

たいていの場合、不倫相手の家の住所を知っているという女性はあまりいないと思います。彼の方が、何かあった時に家に突撃されるのを恐れて、不倫相手に家の住所を積極的に教えることはしないでしょう。

ただ、彼が最寄り駅としてどこを使っているのかくらいは知っている人も多いでしょう。そして、不倫中に、寂しさが募って、休日などについ彼の家がある駅周辺をうろついてしまった、という女性も中にはいるでしょう。

でも、そんな行動をとってしまうとしたら、ストーカー気質があると言えます。相手の家を知りたいと思い、実際に家の周りをうろつくというのはストーカーの基本です。

そして、たとえ家そのものではなくても、最寄り駅に実際足を運んでしまうのは、思い立ったら行動に移してしまうタイプであると言えますし、もし不倫相手との間に何かが起こった場合、急激にストーカー行為へ走ってしまう可能性があるでしょう。

彼が住んでいる街を見たいと思う気持ちは、恋愛中なら誰しも経験があるでしょう。しかし、不倫関係では、どこで誰が見ているかも分かりません。もしあなたが彼の住んでいる街を、一人でうろついているのを同僚などに見られたら、噂が広まる可能性もあります。

彼に迷惑をかけないためにも、彼の家庭がある街を訪れることはしない方がいいでしょう。それは自分をストーカー行為へと一歩近づけてしまうことにもなりますし、無関係な街であなたを見かけた同僚などから、怪しまれる危険性もあります。

彼を尾行したことがある

会社帰りや、あなたの部屋から帰る彼を、尾行したことがあるというなら、もうそれはある意味、ストーカーになってしまっているということでしょう。

彼が帰る家を確かめたいとか、自分の部屋から帰った後、彼はまっすぐ家へ帰るのだろうかと思って彼を尾行したとしたら、それは立派なストーカー行為です。彼の家を特定した後は、彼の奥さんの顔を見てみたい、子供の顔を見てみたいなどと、エスカレートしていってもおかしくありません。

不倫関係なので、彼を信じると言っても難しいのは分かりますが、もし彼との間で信頼関係があれば、探偵や刑事のように彼を尾行をしようとは思わないでしょう。

やはりそこには、彼のことを全部把握していたい、彼の身も心も支配したいという、自分中心の考えがあるんじゃないかなと思います。信頼関係がある男女なら、自分と一緒にいない時間でも、相手のことを信じられるものです。

もし、あなたをそんな行動に駆り立てるのが不倫という不安定な関係のせいなら、やはり、あなたは普通の恋愛を求めているのでしょう。もし、その行動のどこがいけないのか分からない、という場合は、一度信頼のおける人に相談してみるのもいいと思います

ストーカーにさせない・ならないためには?

恋愛をしていると、誰でも一歩間違えれば、軽いストーカーにはなりえるでしょう。

相手への執着を愛情と勘違いして、相手無しでは生きられないと思っていたり、相手の全てを自分のものにしたいという思いがストーカー行為へと走らせるものです。

もちろん、独身同士の恋愛中なら、いつも相手と一緒にいたいですし、自分だけの方を見ていて欲しいものです。でも、不倫となるといつも一緒とはいきません。なぜなら、相手には奥さんがいるからです。

そういう不倫関係にあると、自分がストーカーっぽくなってしまうこともあるでしょう。では、そうさせない、ならないためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、恋愛に自分の全てを捧げないことでしょう。一つのことに集中しすぎると、周りが見えなくなってしまいます。常に恋愛以外に自分を発散させるものを持っていた方がいいと思います。

次に、恋愛で相手を自分のモノにできるという考えを捨てることです。相手は相手、自分は自分という線引きをしていないと、相手の行動や交友関係をすべて把握すれば、相手を支配できるような気持ちになってしまう危険性があります。

でも、決して人は自分以外の誰かのモノにはなりません。そこをはき違えてしまうと、それはもう恋愛ではなく支配被支配の関係になってしまうでしょう。

本当に相手を愛するということは、相手を信頼し、自由にすることでしょう。ストーカーっぽいことをしてしまいそうなときは、本当の愛とは何かについて、もう一度考えてみましょう。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.