不倫

不倫バレ防止アプリはある?不倫中のカップルが利用する奥バレ対策アプリの神機能

不倫バレを防止してくれるアプリって本当にあるんでしょうか。

元々の目的は不倫バレ防止のために作られたものではなくても、上手に使いこなせれば不倫バレ防止アプリになるものもあります。

ただし、アプリを使うことにはメリットもあれば、デメリットもあります。
ですから、そのバランスをよく見極めた上で、自分や不倫相手の既婚者にむいている不倫バレ防止アプリを使うことは有益でしょう。

しかし、便利だからと言って油断して使っていると、速攻奥さんにバレてしまうような使い方もあるので、既婚男性が使う場合は、注意も必要です。

アプリのメリット・デメリットを知った上で、アプリを上手に使いこなし、不倫バレを防止しましょう!

不倫バレ防止を本当にアプリで叶えることができる裏技テクニック

もう二人の写真や動画を消さなくてもいい

不倫バレを防止するアプリを使えば、今まで残すことができなかった二人の写真や動画を消去せず、見たいときにはいつでも見ることができるようになります。

一見すると他のアプリに見えるのに、暗証番号を入れれば二人の秘密のファイルがひらける優れもの、というアプリは沢山あります。

今までは、そんなアプリを入れない限り、スマホは危険がいっぱい過ぎて、泣く泣く二人のラブラブな写真や動画を消していたという人も多いでしょう。

もちろん、既婚男性にとって一番安全なのは、写真や動画は、家庭に持ち帰るようなスマホには残さないことです。

それでも、どうしても二人の思い出を残しておきたいと思うときもあるでしょう。特に二人の愛がMAXで盛り上がっている時期は、二人の写真や動画を沢山撮ってしまうでしょうし、削除したくない!と思うのも分かります。

そんなときは、不倫バレ防止アプリを使って、二人の写真や動画を残しておけたら嬉しいですよね。

ただ、アプリによっては写真がクラウド上に保存されることもあります。

アプリはちまたにあふれていますが、中には突然サポートが終了されたり、突然アプリが使えなくなってしまうことも考えられます。

その場合、クラウド上に保存された写真や動画は、どうなってしまうのでしょうか。可能性は低いですが、何かのきっかけやハッキングなどで、ネットの世界に露出してしまうことが絶対ないとは言えません。

そういうリスクを考えると、過度に性的な動画や写真は、やはりクラウドに保存しない方がいいでしょう。

考えすぎかもしれませんが、不倫をする立場なら、それくらいの想像力を働かせてリスクを考えることは必要です。

そして、そんなことを不安に思うタイプの方は、写真に関してのアプリは使わない方がいいでしょう。

また、女性側の立場になれば、もしいつか不倫が終わった後、彼に二人のツーショット写真や、ひどい場合は性的な写真や動画を保存されたままなのはさらにリスクがありますよね。

そういった点を考えると、ラブラブが頂点の間は写真を残したいと思うのも仕方ないかもしれませんが、二人の間に何となく終わりが見えて、すきま風のようなものが吹き始めたら、お互いが納得した上で写真を消していくことも必要でしょう。

将来悪用されないよう、自分の身を守ることを第一に考えましょう。
女性は自分の性的な写真をどんなに好きな相手だとしても、撮らせない、渡さないということを徹底してください。

妻にスマホを盗み見されていないかチェック

不倫をしている既婚男性にとって、眠っているときやお風呂に入っている時、または会社に来てから家にスマホを忘れてきたと気づいたとき、奥さんにスマホを盗み見されたかもしれない、と不安になることはありますよね。

特に、不倫という後ろめたいことをしている時は、既婚男性は家庭にいるときはスマホが気になってピリピリしてしまうということも多いのではないでしょうか。

そして、そのピリピリした態度から、奥さんに不倫を勘づかれてしまうこともあります。そんな時、不倫バレ防止アプリを使えば、少し心に余裕ができますよね。

アプリロック機能や、盗み見防止機能がついた不倫バレ防止アプリをインストールすることで、自分が気づかないうちにスマホを誰かに見られることを防ぐこともできますし、誰が自分のスマホにさわったかを写真を撮っておいてくれる機能を持っているものもあります。

もちろん、既婚男性にとって、自分のスマホを盗み見する可能性が一番高いのは奥さんですよね。

そして、奥さんにしても、わざわざ夫のスマホを盗み見しようとするのは、不倫を疑っていたり、不倫の証拠を見つけようとしているからでしょう。

奥さんが疑っているということが分かるだけで、こちらも気を付けようと策を練ることもできます。そういう意味では不倫バレ防止アプリを入れることで、奥さんから不倫を疑われているどうかを知ることもできるでしょう。

何となく奥さんの態度がとげとげしいとか、冷たいと感じる時は、わざとスマホを放置したままお風呂に入るなどしてみると、不倫を疑われているかアプリを使って知ることもできるでしょう。

男性がお風呂に入ったり、眠っている時にスマホに触った記録があったり、スマホのロックを解こうとしている奥さんの写真が残っていたら、完全に奥さんに不倫を疑われているということです。

奥さんに不倫がバレるということは、不倫相手の女性も危険にさらすということ。

不倫相手の女性のことを、傷つかないように守るためにも、奥さんの態度が気になる際は、不倫バレ防止アプリの機能を利用してみるといいでしょう。

不倫相手にいつでも気兼ねなく連絡してほしい

家でスマホを見ている時、突然奥さんにスマホを貸して、と言われたら、不倫をしている既婚男性はドキっとしますよね。そ知らぬふりを決め込んでも、内心では慌てふためいて焦っているでしょう。

「貸したくない、イヤだ」と断れば、その時点で奥さんから怪しまれ、最悪の場合不倫がバレてしまうでしょう。なので、男性はしぶしぶというか、おびえながら奥さんにスマホを渡さなきゃいけませんよね…。

その時、べつに不倫相手の彼女とやりとりをしていたわけではなくても、奥さんがスマホを見ている時に不倫相手の女性からメッセージが来たとしたら…既婚男性にとって、これほど危機的状況はありませんよね。

ラインから不倫がバレてしまう要注意行動&夫に不倫恋愛を疑わせることなく関係を保つ秘訣

そんな時、ホーム画面から、誰にも見せたくない、不倫相手に対して専用で使っているメッセージアプリを隠せたら最高ですよね。

まずいタイミングで彼女からメッセージが来ることを心配しなくてもいいですし、彼女とも余裕を持って付き合えます。

奥さんにバレたくないという不安な気持ちも解消でき、挙動不審にならなくて済むため、不倫を疑われることも減るでしょう。

奥さんからしてみれば、スマホをすぐ渡してくれたり、見せてくれるのは夫が不倫していない証拠だと思うものです。

こんな風に、不倫バレ防止に便利なアプリをつかえば、奥さんにバレたり、不倫を疑われる可能性がぐっと低くなるでしょう。

ただし、使い方によっては、不倫防止アプリを使ったからこそ、不倫を疑われるような事態になることもあります。そこを肝に銘じて、上手にアプリを使いこなしましょう。

不倫がバレないために既婚男性が気を付けていること&不倫相手の彼女が守るべき不倫中の約束事

不倫中のカップルが教える「最も利用されているアプリはコレ」そのアプリにあるメリットとデメリット

国産アプリロック プライバシーガード(androidのみ)

『国産アプリロック プライバシーガード』は、自分がスマホに入れているアプリごとに暗証番号でロックをかけられる優れものです。
暗唱番号を入力することでアプリを起動するようにするアプリです。

これを使えば、メールやチャット系のアプリなど、不倫相手とのやりとりをするアプリにもロックをかけられます。

もちろん、ロックするアプリは選べます。ですから必要なアプリだけにロックをかけることができます。

ネットを見るブラウザやLINEなどのアプリも、設定すれば暗証番号を入れないと使えません。

メールやメッセージアプリ、ブラウザなど、不倫相手とやり取りしたり、二人で行くところを検索した後が残るようなアプリにパスワードを設定しておけば、奥さんにスマホを貸してと言われたときや、家に忘れて会社に来てしまったときなどに、スマホを守ることになるでしょう。

もちろん、家に置き忘れた時のために、そもそも指紋や顔認証をスマホに設定しておいた方が安心です。スマホ自体に、指紋や顔認証を使っている人もいますし、それでまずスマホを守ることはできますよね。

ただ、奥さんからちょっとスマホ見せてよ、と言われることも、時にはあるでしょう。

例えば、男性が高速で車を運転中、「道を調べたいけど自分のがうまく動かないからあなたのを貸してよ」などと奥さんから不意打ちで言われたら、スマホを渡さざるを得ませんよね…。

もし、その行動が、奥さんが不倫を疑っていて、意図的に夫に不意打ちをしかけたのだとしたら…。

そこでスマホを渡してしまえば、奥さんは彼のスマホの中身をチェックし放題ですよね。下手をすれば気持ちが乱れ、運転中はとても危険です。

自分が身動きが取れない状況で、不倫相手とのやりとりをしているアプリを開かれてしまえば、簡単に不倫がバレてしまいます。

そんな風に、自分が思ってもいない状況で、奥さんに不倫が暴かれることだって絶対にないとは言い切れません。

そして、そういうシチュエーションでは、スマホに設定した指紋認証も顔認証も意味はないでしょう。

そもそも、不倫をしていない男性なら、家族全員がお父さんのパスコードを知っているくらいのルーズな管理でスマホをその辺に放置したりするものです。

夫が何重にも厳重にロックをかけてスマホを守っていれば、怪しいと感じない妻はいないでしょう。

でも、アプリごとにロックをかけていれば、先ほどのような車を運転中にスマホを使わせてと言われても、奥さんは道順を調べるナビだけしか使えませんし、安心して運転を続けられますよね。

ただし、奥さんがメッセージアプリにロックをかけていることに気づいたら、「どうしてこんなアプリにまでロックをかけているのだろう?」と、ますます疑いを深めるでしょう。

ですから、メリットとしては、こちらが油断しているときに、不意に奥さんからスマホを使わせてよ、と言われたときに、SNSなどのアプリにはロックをかけていれば、通話やネットを使わせる分には、安心して渡せるという点です。

ただし、デメリットとしては、メッセージアプリなどの他のアプリにロックがかかっているのを奥さんに知られてしまえば、夫が不倫していることへの疑いを一層深めることになります。

そんなとき、彼の言い訳も考えておかなければなりません。
「LINEで同僚と仕事の話をすることもあるから」とか「万が一スマホを落とした時に何重にもロックをかけておいた方が安心だから」など、あなたも一緒に考えてあげましょう。

さらにこのアプリのすごい点は、パスワードを連続で5回間違えると、操作者にわからないように内側カメラで撮影し、記録を残してくれる機能もついているところ。これはとても心強いですよね。

紛失した時にも便利だと思いますが、もし、奥さんが、誕生日などの数字を色々試し、パスワードを5回も間違えるようなことがあれば、間違いなく奥さんは夫の不倫を疑っているということでしょう。

それが分かるだけでも収穫が大きいですよね。

既婚男性側はよりガードを強めるでしょうし、そのことを男性から聞いたときは、不倫相手の女性も奥さんに不倫を疑われているということに危機意識を持ちましょう。

ただ、スマホアプリって、無料で使えるものも多い分、ある日突然ダウンロードできなくなることがありますよね。今まではインストールできたのに、アプリ自体がなくなってしまうこともよく起こります。

不倫バレ防止アプリのおススメをネットで調べると、この「国産アプリロック プライバシーガード」と同じような機能を持つ「くまモンのアプリロック」というのが出てくるサイトが多いのですが、今はもうアプリ自体が存在しません。

今も使っている人もいるとは思いますが、これから新規にインストールすることは不可能になってしまいました。

くまモンという一見不倫を連想しないカワイイゆるキャラのアプリなので、たとえ不倫バレ防止に使っていたとしても、言い訳がしやすかったのでとても残念です。

そんな風に、アプリは無料で使えるものも多いけれど、突然終了してダウンロードできなくなったりするもの。

ですから、アプリを削除してまたダウンロードしようと思ったときにはそのアプリはもう存在しない可能性があることは覚えておいた方がいいでしょう。

そして、一つのアプリに頼り過ぎず、それに代わる優秀なアプリに対する嗅覚をいつも鋭くしておくことが大切です。

さらに、普段あまりアプリなどを使わない人や新しいアプリに慣れるまで時間がかかる人は、本格的に運用を開始する前に、テスト期間を置いて練習した方がいいでしょう。

さらに、アプリを実際に使っている人の意見もユーザーレビューを見て参考にしてみてください。アプリのデメリットを知った上でインストールしてくださいね。

国産アプリロック プライバシーガード
メリット…アプリごとにロックを設定できる。
パスワードを連続で5回間違えると、操作者にわからないように内側カメラで撮影し、、記録を残してくれる。(※のぞき見撮影は Android4.0以上、フロントカメラ搭載機種のみ対応。)

デメリット…アンドロイドのみ対応アプリ。奥さんがスマホを操作する状況になったとき、なぜ色々なアプリにロックをかけているのか不審がられる。

android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.telemarks.security.appguard&hl=ja

秘密の電卓

続いて紹介するアプリは、一見すると電卓のようですが、パスワードを入力することで、秘密の写真、ビデオを保存したり、見たりできます。

android版とiphone版は製作者が違うこともあり、多少、使用や操作方法に違いがあります。ただ、どちらも基本的に写真や動画を秘密の場所に隠せることが共通しています。

android版には、「シェイククローズ」という面白い機能もあります。

スマホを振れば、すぐにアプリを閉じることができます。家で写真や動画をこっそり楽しんでいる時、突然奥さんが現れても、スマホをシェイクすれば、アプリが閉じるというものです。

人間って、油断しているときに、びっくりすると頭が真っ白になって、動きがフリーズしてしまうものですが、さっとシェイクするだけならできますよね。
便利な機能です。

ただ、このアプリ、探偵社などが、夫のスマホに入っていたら、浮気を疑うべきアプリとして掲載していることも多く、あまりに有名になりすぎているところもあります。

ですから、次に紹介するホームからアプリを非表示にするアプリを二重に使うことで、対応すると不倫バレ防止にはもってこいです。

秘密の電卓
メリット…一見電卓のように見える。パスワードの入力に失敗すると、電卓として起動するのでバレにくい。

デメリット…不倫バレ防止アプリとして有名になりすぎてきた。設定までの操作が複雑に感じる人もいる。ユーザーレビューを見ると、写真の順序がめちゃくちゃになったり、写真が消えたと言う人もいるので、注意が必要。

iphone版

https://apps.apple.com/jp/app/%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AE%E9%9B%BB%E5%8D%93-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AA%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%87%91%E5%BA%AB%E3%82%92%E9%9A%A0%E3%81%99-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-%E6%9A%97%E5%8F%B7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B/id1130906606

android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hld.anzenbokusufake&hl=ja

※iphone版とandroid版は、製作者が違うため、仕様や操作性に多少の違いがあります。

App Hider - アプリを隠す(androidのみ)

ホーム画面から、選択したアプリを非表示にすることができるアプリです。

不倫相手とやり取りしているメッセージツールを非表示にしてしまえば、奥さんがスマホを盗み見したとしても、ホーム画面にはあやしいものは見えません。

以前はSecret Homeという同じ機能を持つ人気アプリもありましたが、こちらもいつの間にか姿を消しました。

今もネット上では不倫バレ防止アプリのおススメアプリとしてSecret Homeがよく出ているのですが、もうアプリはダウンロードできません。

こんな風に、アプリの世界はまだまだ不安定だということは皆さんも感じていることと思います。

英語が堪能な人なら、英語しかサポートしていないアプリの中から似たような機能を持つアプリをインストールするのもいいでしょう。奥さんの方が英語が苦手なら、頑張って英語のアプリをインストールするのも一つの手です。

ただ、多くの人にとっては、英語のアプリって、ボタン一つとっても何だか意味がよく分からないということもありますし、表示は日本語の方がいいですよね。

その点、このアプリは日本語に対応していますし(中国製なので、日本語がおかしいところもあるかもしれませんが)、使い易いのではないでしょうか。

先ほど紹介した秘密の電卓アプリのようないかにも不倫バレ防止アプリとして使えるアプリは非表示にしておけば、奥さんにスマホを渡さざるをえないシチュエーションになったときはとても助かりますよね。

アプリロックなどは、セキュリティのため、といくらでも言い訳がききますが、秘密の電卓に関しては、何か隠すためのアプリですから…。

App Hider
メリット…ホーム画面からアプリを非表示にできる
デメリット…無料版は広告があり、音が出る。各アプリとの相性の問題もある。アプリのアンインストールによってデータが削除されたなどのレビューもあるので、使い方をよく確認しましょう。

android版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.app.hider.master.pro&hl=ja

こちらで紹介したアプリも、いつ消滅するか分かりませんし、ダウンロードしてみたけど使い勝手が悪いと感じる人もいるでしょう。

似た機能を持つアプリは探せば沢山でていますので、是非、自分にあったアプリを探してみてください。

ただ、いいなと思うアプリがあっても、GooglePlay や AppStoreを通さず、ブラウザからダウンロードしようとすると、余計な別のアプリのダウンロード画面に飛ばそうとするようなアプリは危険も多いです。気を付けましょう。

君子危うきに近寄らずの精神で、アプリを選ぶことをおススメします。

また、無料のものでもいいので、スマホ自体にセキュリティソフトを入れ、毎日スキャンするとスマホに入れている写真や動画などを根本的にしっかり守ることに繋がります。

奥バレ対策には欠かせない!不倫アプリに実は隠されている必ず使った方が良い神機能

盗み見した人の写真を撮る

先ほどの「国産アプリロック プライバシーガード」にあったように、自分のスマホを盗み見しようとしている人の写真を撮ってくれる機能ってとても便利ですよね。

アプリロック系のアプリをインストールするなら、この機能がついたものを使いましょう。パスワード入力に指定回数失敗した場合に写真を撮るというものが多いです。

スマホは現代ではいわば自分の分身のような存在。そういうものを勝手に見ようとするなんて、いくら家族でも許されないことです。

不倫している夫が悪いのもありますが、やはり本人に直接聞かず、スマホの中身を覗いて確かめようとするのは、もう夫婦間に信頼関係ってありませんよね…。奥さんの方は離婚に向けて有利な証拠を探しているのかもしれません。

そして、夫の方も自分のスマホを盗み見た人間として自分の妻が写真に写っていたら、いくら不倫している自分も悪いとは言え、ぞっとしてしまうのではないでしょうか…。

そう考えると、不倫を通してお互いの本性を知るというのも悲しいことですよね。

アイコンの偽装

「秘密の電卓」のように、普段は普通の電卓と見せかけておいて、ホーム画面にも存在するようなアプリも、不倫バレ防止アプリとしては使える機能です。

以前まであったSecret HomeもSimple Clockという普通の時計のようなアイコンをしていました。

先ほどのApp Hiderも、電卓アイコンに化けていますし、電卓としての機能ももちろんあります。

そんな風に、電卓や時計として化けるというのが一般的なので、逆に弊害もあります。ホーム画面に沢山電卓や時計のアイコンがあったらやっぱりおかしいと思いますよね。

ですから、偽装アイコンも、不自然にならない程度の数に押さえた方がいいでしょう。

スマホに誰かが触れたら通知される

自分の入浴時や、家にスマホを置きっぱなしで出かけてしまったとき。

不倫している既婚男性なら、入浴時はスマホを持って入る人も多いでしょう。ただ、なんでわざわざお風呂に持って入るの?と奥さんに疑われることにもつながりますよね。

ですから、あえてスマホを置いておくという人もいるのではないでしょうか。
そして、そうすることで奥さんが不倫に勘づいているかどうか知ることができるかもしれません。

不倫バレ防止アプリの中には、スマホに触れた人がいたとき、後から通知を送ってくれるものもあります。

そうすれば、自分が入浴していたときや、夜眠っている時間に誰か(ここでは大半が奥さんでしょう)が自分のスマホを触っていたことが分かります。

不倫を疑われているんじゃないかと思っている男性にはおススメの機能です。

これはダメ!不倫アプリでやりがちな奥バレに繋がるNGとなる使い方

油断する

では、不倫バレ防止アプリを入れて一安心したとしても、そのことが逆に奥さんに疑われ不倫がバレるようなNGな使い方ってあるんでしょうか。

まずは不倫バレ防止アプリを入れたからと言って油断しないことです。

不倫相手との写真や動画も隠せたし、不倫相手の女性に会えなくて寂しい時はいつでも写真や動画を見ることができるとウキウキしていて、脇が甘くなっていないでしょうか。

特にコロナで自粛モードの今は、不倫バレ防止アプリなどを多用して不倫相手とのやりとりを楽しんでいる男性も多いでしょう。会えない分、気持ちが燃え上がっている人もいそうです。

でも、ずっと家にいるのに、突然妙に高揚した様子でテンションが上がっていたり、ニコニコ機嫌よくなったり、感情の起伏が激しいなど、油断して気持ちのままに振舞うと、奥さんは絶対に疑います。

もちろん、証拠を押さえることができないようにスマホは守られているはずですから、そこから足がつくという可能性は低いでしょう。

でも男性って、奥さんから真剣にすごい剣幕で問い詰められたら、どこまでうまくウソをつき通せるでしょうか。特に、こんな風に家庭で過ごす時間が増えれば増えるほど、隠し事をするのって難しいですよね。

ですから、不倫バレ防止アプリを入れているからと言って安心しすぎないことです。油断すれば、秘密の関係は必ずボロがでます。気を付けましょう。

家で頻繁にスマホを見る

不倫をしている既婚男性って、用心深い人ならスマホをそう頻繁にチェックしないでしょう。もちろん、ゲームをしたりネットを検索したり、スマホ自体を触っていることは多い人もいると思います。

でも、メッセージアプリなどで不倫相手の女性とやりとりを堂々としたり、頻繁に連絡しあったりするのは控えているはずです。

でも、不倫バレ防止アプリを使っているんだからという慢心が、「まあこれくらいなら大丈夫かな」という使い方を招きます。

頻繁に家でスマホを見ては何か打ち込んでいる、というのは誰かとやりとりしている以外の何ものでもありませんよね。そうなれば奥さんは家にいるのに、一体誰とそんなにメッセージをやりとりしているのだろう、と不審がるでしょう。

やっぱり不倫をしている男性って、どことなく恋愛している雰囲気がにじみ出てしまうので、よほど鈍い奥さんでもなければ勘づきますよね。そういう時の女性のカンって、かなりきくものです。

奥さんを責める

アプリロックアプリなどで、奥さんがこっそり自分のスマホを盗み見しようとしていたことが分かっても、すぐに激怒して奥さんを責める行為はやめましょう!

そもそも、不倫している男性の方が奥さんを裏切っているのですから、「お前、勝手に俺のスマホを見ようとしただろ!」と言ったところで、ケンカになるだけ。

確かに、勝手にそんなことをされたら相手に憎しみが湧きますし、かっとなって相手を責めてしまいたい気持ちになると思います。

でも、そんなことをすれば言い争いになるのは目に見えてますし、「やましいことがあるからスマホにロックかけてるんでしょ!」と言い返されたら不倫バレに一直線です。

なので、奥さんが自分のスマホを盗み見しようとしていると知った時は、一呼吸おき、これは奥さんに不倫を疑われているのだ、と一層気を引き締めるきっかけにしてください。

そもそも離婚せず、外で恋愛関係を持っているのはどんな理由があっても男性が悪いのです。それがイヤなら奥さんと離婚して不倫相手と一緒になるのがベスト。

奥さんとも別れたくない、不倫相手とも恋愛を楽しみたいという、自分の欲を満たしている結果なのだと、責めるなら自分を責めましょう。

奥さんには夫である男性の不倫を責める権利がありますし、パートナーが不倫しているのかもと不安になれば、スマホを見たくなるのも当然の感情ですよ。

不倫アプリ愛用者が伝授!不倫関係をさらに深めるためのアプリ機能を使った極秘テクニック

Chatworkを使って在宅中にも不倫相手とやりとり

では、アプリを使って不倫相手との関係をもっと深めるためにできることってあるんでしょうか。

Chatworkは主に仕事で使うためのツールですね。

在宅勤務が増えた今の時期、仕事でChatworkを使いやりとりをしている人も多いでしょう。もし、男性側が自分ひとりになれる部屋で仕事をする環境を持っているなら、Chatworkで不倫相手の女性といちゃいちゃすることもできます。

もし、奥さんに部屋に入ってこられても、スマホのアプリを見ているのではなく、パソコンでChatworkを開いていれば、仕事関連だろうと思うでしょうし、近づいてきてわざわざメッセージを見ようとはしません。

かなり近づかないとパソコンでやりとりしているメッセージって見えませんよね。見えるくらい近づいてくるなら、奥さんはかなり不倫を疑っているということでしょう。

不倫相手と過ごせない分、在宅ワークは上手く使えば、ちょっとした休憩時間に不倫相手とやりとりすることもできます。今の環境を逆手にとって、自分たちの甘い時間を作ることも可能です。

Between(ビトウィーン) アプリを使ってラブラブな毎日

アプリを非表示にするアプリを使えば、カップルが使うために作られたこんなアプリを使って不倫相手とラブラブな毎日を過ごすこともできるでしょう。

記念日の登録、共有アルバム・カレンダー、トーク、無料通話まで、これ一つで全部できてしまうアプリです。これなら、LINEを間違って送ってしまうなどのミスは防げますし、二人だけの思い出を振り返るのにも最適ですよね。

アプリは非表示にしておけば、さらにパスワードでロックをかける機能もあるので、二重に守ることができます。

ただ、既婚男性側は絶対にこのアプリを開いているところを奥さんに見られてはいけません。ロックをかけているし、普段は非表示だからと思って油断していると、こんなアプリを入れていること自体、もうアウトです。

iphone版
https://apps.apple.com/us/app/between-relationship-app-for-couples/id458035189

android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.co.vcnc.android.couple

やはり万全ではないと感じたらスマホ二台持ちも検討

ただ、どんなに不倫バレ防止アプリをインストールしても心が休まらない既婚男性もいますよね…。彼がそんな心配性なタイプなら、思い切って不倫相手の女性がスマホをもう一台契約し、彼に持ってもらうのもいいでしょう。

もちろん、金銭的に厳しければ男性側に相談してそうしてもらえるといいですよね。
やっぱり奥さんが認識しているスマホで不倫のやりとりをするのは気持ち的にも何となく落ち着かないという男性はいるでしょう。

もし、彼が家で使う際、別のスマホを持っていることを絶対にバレないように使いこなせるなら、思い切って最初からスマホ二台持ちを検討しましょう。

もちろん、そちらのスマホにもロックをかけ、不倫バレ防止アプリを入れましょう。
もし奥さんにそのスマホを見られたら、苦しい言い訳になると思いますが、会社専用で持たされたというのもいいでしょう。

その際、中身を見られてもいいように、この記事で紹介したアプリのロック機能、アプリ非表示機能を使い、一見すると会社での仕事の内容だけが見えるようにしておくのもいいでしょう。

不倫バレ防止アプリがある一方、探偵社などのサイトでは、浮気を見破るためのアプリや不倫バレ防止アプリの一覧を出すなど、ある意味いたちごっこです。

今後も神アプリが登場しては有名になりすぎて効果を発揮できなくなるとか、アプリがある日突然インストールできなくなるという事態が繰り返し起こるでしょう。

常に自分の生活で便利に使えそうなアプリを探すなど、情報のアップデートも必要でしょう。

記事を読むときは常に更新日時を意識し、古い情報になってしまっているなら、あまり参考にしないようにした方がいいですね。

不倫バレ防止アプリは使いようです

不倫バレ防止に役立つアプリを調べてみました。

不倫相手の写真を残すのは、別れた後のことを考えると、やはりあまり得策とは言えないと思います。もちろん、二人の関係が盛り上がっている時なら、写真をいつも見ていたいですし、性的な動画をノリで撮ってしまうこともあるかもしれません。

でも、もしこちらが別れたくなったとき、それはとても危険なことだという認識は持っていましょう。その写真や動画をネタに脅され、別れることができなくなることもあるのです。

相手をどんなにいい人だと思っていても、別れる際に豹変する男性も多いです。不倫相手への執着が強すぎると、それは悲劇を招きます。

一番ラブラブのときはそんなことまで想像できないかもしれません。でも、性的な写真や動画をばらまかれて困るのはいつも女性の方ですし、不倫をしていたことを忘れたいほどの相手と出会うこともありえます。

いつもそんな想像力を忘れず、二人の写真や動画の取り扱いには十分に注意しましょう。写真をばらまかれても、ただの飲み会のノリで撮ったんだ、と言い訳できる程度の写真だけ保存を許す、というルール作りをしておいてもいいでしょう。

-不倫

Copyright© 不倫デレラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.